1. まとめトップ

川崎市の公務員の難易度や倍率は?志望動機の考え方と筆記のボーダーラインは?面接で聞かれることは何か?

川崎市の公務員試験の難易度や倍率はどうか?面接対策での志望動機の考え方や筆記試験のボーダーラインはどうなっている?面接で聞かれることや二次試験での論文、面接、集団討論のポイントなどを書いてみました。

更新日: 2018年03月23日

0 お気に入り 17098 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

川崎市の公務員試験の難易度はどれくらい?

川崎市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系4、技術系3上という程度でしょうか。3は3でも相対評価の3であって、普通レベルとは思わない方がいいですね。

川崎市の採用試験も、1次試験と2次試験があり、1次試験は教養と専門の筆記試験があります。教養試験は知識試験と知能試験があり、知識試験は28問中18問解答、知能試験は28問全問解答です。専門試験は65問中40問の解答になります。

2次で面接と身体測定、論文試験、適性検査などがあるようです。
面接は個別で15分程度の試験、論文試験は800字程度の解答です。

2次試験合格イコール採用ではなく、総合成績の上位者から順に採用されていきます。
条件をするのであれば、1次の筆記試験でまず落ちないようにしましょう。

川崎市は神奈川県の政令指定都市で、東京にも近いという立地ということもあり、都会的なイメージもありますが、川崎市の公務員試験の難易度はどれくらいでしょうか?大卒程度の行政事務ということで言うならば、川崎市の公務員試験の難易度は地方上級に該当するため、それなりに高いということが言えるのではないでしょうか?川崎市の公務員試験の難易度は基本的には高いです。倍率もそこそこあるので、川崎市の公務員試験の難易度は行政事務に関して言えば、地方上級の中でも高い方かな?と思います。地方上級のため、筆記試験の問題のレベルも高いと思われますし、筆記対策をしっかりとやらないと一次試験も受からないというレベルです。川崎市の公務員試験の難易度は高いですが、どれだけ対策をしっかりできるか?によって合格可能性は変わってきますから、川崎市の公務員試験に受かるにはとにかく筆記対策です。筆記試験のボーダーラインを超えられるようにしないと一次試験に受からないので、川崎市の公務員試験の筆記のボーダーラインを超えられるように、教養試験と専門試験の対策をしっかりとやるようにしましょう。筆記試験の難易度が高いと思いますから、川崎市の公務員試験の行政事務の難易度は高いということが言えて難しいので、募集人数はそれなりに多いみたいですが、気を抜かないように頑張っていきましょう。

川崎市の公務員試験の倍率はどれくらい?

川崎市の公務員試験の倍率については例年6~7倍くらいとなっています。これは試験全体の倍率ですが、年度によってはさらに低い年もありますけど、10倍を超えている年もたまにあるので、川崎市の公務員試験の募集人数や実際の受験者数によって、川崎市の公務員試験の倍率はかなり上下するということなのです。川崎市の公務員試験の筆記試験の倍率に関しては約3倍くらいとなっているので、そこまで高くはないです。筆記試験の内容は総合筆記試験という形で教養試験の知能分野(数的処理や文章理解など)と専門試験(法律、政治、経済など)が合体した試験となっているようで、ちょっと特殊です。ただ、他の試験種の対策で対応はできるのではないか?と思われます。一般的な地方上級の筆記試験の内容とは違うものの、川崎市の筆記試験は教養と専門という扱いになると思うのです。川崎市の筆記試験の倍率は3倍くらいですが、採用予定者数が結構多い年は倍率が低くなります。100人以上募集される年もあるみたいですが。そして、川崎市の公務員試験の面接の倍率は2倍強という感じです。川崎市の公務員試験の面接試験の倍率はそんなに高くないので、難易度は普通じゃないでしょうか?川崎市の公務員試験の二次試験の倍率はそんなに高くはありませんが、川崎市の公務員試験二次試験の内容は小論文、個別面接、集団討論となっているようなので、それなりに選考は多いです。川崎市の公務員試験の面接試験の倍率は高くはないとしても、簡単に受かる試験ではないので、川崎市の公務員試験の面接対策はしっかりとやっておかないといけないのです。川崎市の公務員試験の筆記対策として教養と専門の勉強も必要で、川崎市の公務員試験の筆記のボーダーラインを超えていかないといけませんけど、二次試験の対策もしっかりとやっていきましょう。

川崎市の面接試験での志望動機や聞かれること

面談試験という名前には
なっていますが
面接試験だと思って
いただいたほうが良いと思います 

時間は20分程度で
面接官の方の方は
2人でした

①こういう場に強そうだけど
 そのような経験はありますか?
②面談会場まで
迷わずにこれましたか?
③サークルの内容
④サークルでの役割
⑤サークルで大変だったこと
⑥知財に興味あるみたいだけど
 川崎でどんなふうにいかせる?
⑦家庭教師を始めたきっかけ
⑧家庭教師の経験はどういかせる?
⑨中高で吹奏楽部やってきたのに
 大学で入らなかった理由は?
⑩区や国家一般職、地元の市ではなく
 なぜ川崎市なの?
⑪志望順位
⑫川崎市に入ってやってみたいこと
⑬知財は民間でも出来ると思うけど
 なぜ川崎市?


見ていただくと
最初は軽めの質問から始まって
だんだん本当に面接官が
聞きたいことを質問していることが
分かると思います

エリアによっては川崎市は都会的な側面もあります。例えば川崎駅周辺は本当に栄えていますし、商業施設も多くあり、開発が進んでいますから、商業都市としての側面もあるでしょう。また、京浜工業地帯という名前も川崎市内にあることから、工業も盛んです。そして、住宅街の場所も多くあることから、住みやすい街という印象もあるのではないでしょうか?また、川崎市が「川崎市を音楽の街にする」という意識を掲げており、岡本太郎美術館、川崎ミュージアムなども代表的ですけど、文化的な側面も見出せるのです。こういった本当に多様な姿を見せるのが川崎市ということが言えるのではないか?と思います。こういった本当な姿を見せる街って、全国でもそうはないと思うんですよね。そういったところに惹かれる人もいるかもしれませんし、そこを川崎市の志望動機にするのも良いのではないか?と思います。どの自治体も自分の市町村を日本一にしたいと思っていると思うんですよ。川崎市においてもこれだけ多くの魅力や特徴があるのだから、そこを押し出して川崎市を日本一の人気のある都市にしたいという部分は川崎市の志望動機になると思います。

川崎市の公務員試験の面接対策をするときにはいろいろな質問への想定をしておかないといけません。川崎市の公務員試験の面接では何を聞かれるのか?ということも重要ですが、まず最初に考えないといけないのは川崎市の公務員試験の志望動機です。川崎市の公務員試験の面接での志望動機の考え方は難しいと思いますけど、いろいろな題材をもとに、川崎市の特徴を捉えて、自分がなぜ川崎市で働きたいと思ったのか?なぜ川崎氏なのか?自分が川崎市で働くとどんな貢献ができるのか?ということを川崎市の公務員試験の志望動機を通じて面接官に訴えていきましょう。自己PRも重要ですが、やはり川崎市の公務員試験の面接での志望動機の考え方がまず重要になります。川崎市の公務員試験では自己PRや志望動機は基本的な質問ですけど、それ以外で川崎市の公務員試験の面接で聞かれることはなんでしょうか?その具体例を引用しておいたので、川崎市の公務員試験の面接で何を聞かれるのか?調べるときには参考にしていきましょう。川崎市の公務員試験の面接で聞かれる質問はある程度は予想できますが、予想できない質問もあるはずなので、川崎市の公務員試験の面接で聞かれることとして調べた質問以外からもいろいろなことを聞かれるという想定は必要です。したがって、川崎市の公務員試験の面接対策ではそういった心構えでいないといけません。川崎市の公務員試験の面接の倍率もそれなりにあるので、しっかりと対策をしていくことを考えていきましょう。

川崎市の公務員試験の二次試験のポイントは?

<面談試験>
昨年から新たに課されるようになりました。筆記試験で合格ボーダーラインの前後にいる人の合否を分ける試験です。
本来なら筆記で不合格になるはずだった人がここで逆転できる可能性があります
※一応、筆記試験合格者は全員呼ばれます。

面接官2人:受験生1人の個人面接で約20分間行われます。
広い会議室をパーテンションで区切り、約10組ずつ面接が行われました。
自己紹介する機会もなく、さっさと進行していきます

<質問事項>
志望動機について
自己PR
ボランティア活動について
どんな友達が多いか

など、20分の面接なので、深堀は全くされませんでした。
聞かれたことをしっかりと答えられるように準備していけば問題ないと思います。

<論文試験>
80分1000字以上1200字以内
今年は、中原区役所の会議室で行われ、9割近くの人がスーツで受験していました。(ちなみに私は私服で行きました汗)
川崎市をどこまで知っているのか、川崎市をどうしていきたいのかといった抽象的な課題が出題されます。
川崎市の政策をしっかり調べていくといいと思います。

<集団討論>
30分間12人で出された課題に対して討論を行います。
民間企業とは違い、協調性がもっとも重視されます。つまり、独自の意見を言うことよりも協力して話し合いを進められるかどうかが重要ということです。また、一人ひとりの意見を短い時間内にまとめていくことも必要な要素になります。

<面接>
2次試験で最も配点が高いです
3対1の個別面接で、30分間です。穏やかな面接ですが、自己PRや志望動機などについて深く聞かれます。

川崎市志望のみなさま、川崎市の説明会に参加されましたでしょうか?
川崎市は面接が2回あり、説明会での話は絶対にためになるので、必ず参加しましょう!
参加していない人もまだ間に合います!
3月の中旬に市長のお話も聞ける大きな説明会があり、3月1日から申込開始なので、必ずいきましょう!

勉強で手一杯という方もいると思いますが、このような説明会に積極的に参加しないと、面接を受けるときに後悔すると思うので、絶対に参加しましょう!

私は、3回参加したのですが、そのうち2回話していた人事部の人が面接担当者だったので、知った顔ということもあり落ち着いて面接に臨めました。

そして、面接カードを書いたりなどの面接対策は、川崎市の試験が終わったらすぐ開始しましょう

1次面接は面談形式で、和やかな雑談のような雰囲気でした。
大学時代に頑張ったこと、グループの中での役割、志望動機、川崎市に入ったらやりたい仕事、逆質問などを聞かれました。
笑顔もあり、温かい印象を受けました。

論文試験は別日に試験会場に行って論文試験を受けてすぐ帰る感じです
9割くらいの人がスーツで受験していたと思います。
個人的には私服でも全く問題ないと思いました。
この論文試験の対策としては、過去問を調べ傾向をつかむこと、川崎市の資料を読みまくることだと思います。
今川崎市が抱える問題はなにか、何に力を入れて取り組んでいるのか、どういう人材が欲しいのかを研究し、それに即した答案を書くことが必要だと思います。

グループディスカッションは2次面接に行った到着後すぐ行います。
3人監督者がいますが、ここでの監督者が面接での面接担当者になります。
最後に発表することはなく、話し合って終わります。
グループメンバーとの調和を取りつつ、言うべきところで自分の意見をしっかり話すことが大切だと思います。

川崎市の公務員試験の面談試験というのは非常に変わった形式になりますが、これも一次試験の合否に影響するので知っておきましょう。川崎市の公務員試験の筆記試験のボーダーラインは何割か?というと、55%くらいではないでしょうか?地方上級なので問題のレベルは高いでしょうし、川崎市の公務員試験の筆記の倍率は高くはないので、川崎市の筆記のボーダーラインは何割か?というと、60%あれば通過する気はしますし、55%くらいでも通る可能性はあります。その年の川崎市の公務員試験の筆記の倍率にもよりますが、川崎市の公務員試験の筆記のボーダーラインはそんなに高くはないと思います。川崎市の公務員試験の二次試験では面接、集団討論、論文試験が行われますが、特に配点が高いのは面接でしょう。地方公務員は全体的にどこも面接の配点が高いですが、川崎市の公務員試験でも面接の配点は高いと思います。したがって、川崎市の公務員試験の二次試験では論文やや集団討論の対策も重要ですけど、川崎市の公務員試験の面接の配点が高いということで、川崎市の公務員試験の面接対策は重要です。川崎市の公務員試験の面接聞かれることはあらかじめ頭に入れておいて、川崎市の公務員試験の面接聞かれる質問の回答も考えておくと良いでしょう。川崎市の公務員試験の志望動機や自己PRはもちろんですけど、それ以外でも川崎市の公務員試験の面接で聞かれる質問は多くあると思うので、いろいろな質問を想定していきましょう。大半は面接カードからだとは思いますけど、川崎市の公務員試験の面接で聞かれることは幅広く想定をしておくと、川崎市の公務員試験に受かる確率も上がります。川崎市の公務員試験の面接で聞かれる質問もそうですが、面接カードを書くときにも注意をしてほしいです。川崎市の公務員試験の難易度は高いので、面接カードの書き方からきちんと丁寧にやって、本番の面接に備えていきましょう。

1