川崎市の採用試験も、1次試験と2次試験があり、1次試験は教養と専門の筆記試験があります。教養試験は知識試験と知能試験があり、知識試験は28問中18問解答、知能試験は28問全問解答です。専門試験は65問中40問の解答になります。

2次で面接と身体測定、論文試験、適性検査などがあるようです。
面接は個別で15分程度の試験、論文試験は800字程度の解答です。

2次試験合格イコール採用ではなく、総合成績の上位者から順に採用されていきます。
条件をするのであれば、1次の筆記試験でまず落ちないようにしましょう。

出典川崎市 採用試験 難易度 :東京・神奈川

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

川崎市の公務員の難易度や倍率は?志望動機の考え方と筆記のボーダーラインは?面接で聞かれることは何か?

川崎市の公務員試験の難易度や倍率はどうか?面接対策での志望動機の考え方や筆記試験のボーダーラインはどうなっている?面接で聞かれることや二次試験での論文、面接、集団討論のポイントなどを書いてみました。

このまとめを見る