川崎市は神奈川県の政令指定都市で、東京にも近いという立地ということもあり、都会的なイメージもありますが、川崎市の公務員試験の難易度はどれくらいでしょうか?大卒程度の行政事務ということで言うならば、川崎市の公務員試験の難易度は地方上級に該当するため、それなりに高いということが言えるのではないでしょうか?川崎市の公務員試験の難易度は基本的には高いです。倍率もそこそこあるので、川崎市の公務員試験の難易度は行政事務に関して言えば、地方上級の中でも高い方かな?と思います。地方上級のため、筆記試験の問題のレベルも高いと思われますし、筆記対策をしっかりとやらないと一次試験も受からないというレベルです。川崎市の公務員試験の難易度は高いですが、どれだけ対策をしっかりできるか?によって合格可能性は変わってきますから、川崎市の公務員試験に受かるにはとにかく筆記対策です。筆記試験のボーダーラインを超えられるようにしないと一次試験に受からないので、川崎市の公務員試験の筆記のボーダーラインを超えられるように、教養試験と専門試験の対策をしっかりとやるようにしましょう。筆記試験の難易度が高いと思いますから、川崎市の公務員試験の行政事務の難易度は高いということが言えて難しいので、募集人数はそれなりに多いみたいですが、気を抜かないように頑張っていきましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

川崎市の公務員の難易度や倍率は?志望動機の考え方と筆記のボーダーラインは?面接で聞かれることは何か?

川崎市の公務員試験の難易度や倍率はどうか?面接対策での志望動機の考え方や筆記試験のボーダーラインはどうなっている?面接で聞かれることや二次試験での論文、面接、集団討論のポイントなどを書いてみました。

このまとめを見る