エリアによっては川崎市は都会的な側面もあります。例えば川崎駅周辺は本当に栄えていますし、商業施設も多くあり、開発が進んでいますから、商業都市としての側面もあるでしょう。また、京浜工業地帯という名前も川崎市内にあることから、工業も盛んです。そして、住宅街の場所も多くあることから、住みやすい街という印象もあるのではないでしょうか?また、川崎市が「川崎市を音楽の街にする」という意識を掲げており、岡本太郎美術館、川崎ミュージアムなども代表的ですけど、文化的な側面も見出せるのです。こういった本当に多様な姿を見せるのが川崎市ということが言えるのではないか?と思います。こういった本当な姿を見せる街って、全国でもそうはないと思うんですよね。そういったところに惹かれる人もいるかもしれませんし、そこを川崎市の志望動機にするのも良いのではないか?と思います。どの自治体も自分の市町村を日本一にしたいと思っていると思うんですよ。川崎市においてもこれだけ多くの魅力や特徴があるのだから、そこを押し出して川崎市を日本一の人気のある都市にしたいという部分は川崎市の志望動機になると思います。

出典川崎市の公務員試験の面接での志望動機や自己PR、やってみたい仕事の考え方 - リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

川崎市の公務員の難易度や倍率は?志望動機の考え方と筆記のボーダーラインは?面接で聞かれることは何か?

川崎市の公務員試験の難易度や倍率はどうか?面接対策での志望動機の考え方や筆記試験のボーダーラインはどうなっている?面接で聞かれることや二次試験での論文、面接、集団討論のポイントなどを書いてみました。

このまとめを見る