川崎市の公務員試験の倍率については例年6~7倍くらいとなっています。これは試験全体の倍率ですが、年度によってはさらに低い年もありますけど、10倍を超えている年もたまにあるので、川崎市の公務員試験の募集人数や実際の受験者数によって、川崎市の公務員試験の倍率はかなり上下するということなのです。川崎市の公務員試験の筆記試験の倍率に関しては約3倍くらいとなっているので、そこまで高くはないです。筆記試験の内容は総合筆記試験という形で教養試験の知能分野(数的処理や文章理解など)と専門試験(法律、政治、経済など)が合体した試験となっているようで、ちょっと特殊です。ただ、他の試験種の対策で対応はできるのではないか?と思われます。一般的な地方上級の筆記試験の内容とは違うものの、川崎市の筆記試験は教養と専門という扱いになると思うのです。川崎市の筆記試験の倍率は3倍くらいですが、採用予定者数が結構多い年は倍率が低くなります。100人以上募集される年もあるみたいですが。そして、川崎市の公務員試験の面接の倍率は2倍強という感じです。川崎市の公務員試験の面接試験の倍率はそんなに高くないので、難易度は普通じゃないでしょうか?川崎市の公務員試験の二次試験の倍率はそんなに高くはありませんが、川崎市の公務員試験二次試験の内容は小論文、個別面接、集団討論となっているようなので、それなりに選考は多いです。川崎市の公務員試験の面接試験の倍率は高くはないとしても、簡単に受かる試験ではないので、川崎市の公務員試験の面接対策はしっかりとやっておかないといけないのです。川崎市の公務員試験の筆記対策として教養と専門の勉強も必要で、川崎市の公務員試験の筆記のボーダーラインを超えていかないといけませんけど、二次試験の対策もしっかりとやっていきましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

川崎市の公務員の難易度や倍率は?志望動機の考え方と筆記のボーダーラインは?面接で聞かれることは何か?

川崎市の公務員試験の難易度や倍率はどうか?面接対策での志望動機の考え方や筆記試験のボーダーラインはどうなっている?面接で聞かれることや二次試験での論文、面接、集団討論のポイントなどを書いてみました。

このまとめを見る