<論文試験>
80分1000字以上1200字以内
今年は、中原区役所の会議室で行われ、9割近くの人がスーツで受験していました。(ちなみに私は私服で行きました汗)
川崎市をどこまで知っているのか、川崎市をどうしていきたいのかといった抽象的な課題が出題されます。
川崎市の政策をしっかり調べていくといいと思います。

<集団討論>
30分間12人で出された課題に対して討論を行います。
民間企業とは違い、協調性がもっとも重視されます。つまり、独自の意見を言うことよりも協力して話し合いを進められるかどうかが重要ということです。また、一人ひとりの意見を短い時間内にまとめていくことも必要な要素になります。

<面接>
2次試験で最も配点が高いです
3対1の個別面接で、30分間です。穏やかな面接ですが、自己PRや志望動機などについて深く聞かれます。

出典【LEC公務員合格者ブログ】即効!合格者が教える勉強法 川崎市試験概要

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

川崎市の公務員の難易度や倍率は?志望動機の考え方と筆記のボーダーラインは?面接で聞かれることは何か?

川崎市の公務員試験の難易度や倍率はどうか?面接対策での志望動機の考え方や筆記試験のボーダーラインはどうなっている?面接で聞かれることや二次試験での論文、面接、集団討論のポイントなどを書いてみました。

このまとめを見る