1. まとめトップ

太陽の塔公開で最注目!amazonで買える『岡本太郎グッズ』が欲しくなります

太陽の塔内部公開が始まり最注目の岡本太郎&太陽の塔。グッズが欲しくなっちゃいます♪

更新日: 2018年03月23日

4 お気に入り 14992 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

太陽の塔内部公開が始まり最注目の岡本太郎&太陽の塔。グッズが欲しくなっちゃいます♪

jetwskyさん

◆『1/350 太陽の塔ソフビ 製塗装済み完成モデル』◆

現代最大最強のモニュメント“太陽の塔”。1/350スケールリアルモデルで蘇る!

黄金の顔には金メッキ加工を施しています。特に顔パーツの裏側の本体との接合部を正確に再現した立体模型は少なく、貴重な資料となります

◆『太陽の塔のロボ&ロボ jr.』◆

太陽の塔がロボ形態へ、さらに「超兵器発動形態」へ。
日本を代表する芸術家・岡本太郎氏の作品に、「超合金」というトイ・プロダクトが正面から挑む。

1970年の大阪万博の際作られた有名な太陽の塔が何故か超合金化。
しかもロボットに変形するというギミックまで搭載されています。

手のひらサイズのコンパクトなボディに、驚異の変形ギミックが搭載されている本アイテム。チラリと見える内部には、生命の樹がプリントされています。

◆『コップのフチの太陽の塔 全7種セット』◆

芸術家・岡本太郎の代表作「太陽の塔」とまさかのコラボレーション。
今まで誰も見た事ない太陽の塔が、コップのフチで縦横無尽に引っかかる!

-Lineup-
ひっかかり太陽の塔 乗り越え太陽の塔 腰かけ太陽の塔 ふりむき太陽の塔 逆さひっかかり太陽の塔 コップのフチの太郎 シークレット

既に6体揃えた方は、シークレットの「敏子さんと太陽の塔」をぜひ!

◆『太陽の塔 クッション』◆

岡本太郎氏の代表作、1970年万国博覧会のシンボルテーマ会館の「太陽の塔」。何年たっても、芸術が爆発しちゃってるデザイン。そんな太陽の塔の公式アイテムが登場。

1970年に開催された日本万国博覧会の為に制作された岡本太郎の「太陽の塔」は、てっぺんの「黄金の顔」は未来を象徴し、正面の「太陽の顔」は現在を、そして背面の「黒い太陽」は過去を象徴していると言われています。

1 2