1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

歯の矯正といえば、歯に取り付けた金属のワイヤーが気になるイメージがありますよね。しかし、最近流行りの裏側矯正は歯の裏側に矯正器具を取り付けるので目立たず矯正することができます。それでは一般的なワイヤー矯正と何が違うのでしょうか。まとめてみました。

senntnolceさん

一般的な矯正(金属ブラケット)

歯列矯正の治療法にはいくつかありますが、一般的に「矯正」と言えば、歯の表側に装置を取り付けて行う唇側(しんそく)矯正を指します。これは、歯の表側(唇側)に取り付けた"ブラケット"と言う矯正装置にワイヤーを通し、ワイヤーの弾力を利用して歯を少しずつ動かして行く方法です。

世間一般で言われている歯の矯正です。金属の金具を設置する方法ですが、今では、目立ちにくいプラスチック製なども開発されているようです。

これが一番一般的なものですね。いわゆるthe矯正みたいなものです。

ワイヤー矯正で使用するブラケットには何種類かあります。最も一般的な「ブラケット」は、銀色の金属ブラケットです。このタイプのブラケットは、目立つことに加えて金属でできているので、金属アレルギーを引き起こす可能性があるようです。しかし、金属アレルギーをお持ちの方や銀色の見た目が嫌だという方には、金属以外の素材を用いたブラケットがあります。

裏側矯正(舌側矯正)

従来は歯の表面に装着していた歯の固定装置を、表からはほとんど目につかない裏側に装着する方法です。舌側矯正の場合、前歯の裏側に小さな金属を取り付けます。ブラケットは、噛む力にも十分に耐えられる強力な接着剤で歯に固定します。

ブラケット矯正の真逆の治療法でブラケット矯正が歯の表側に設置する治療法ならこちらは裏側(舌側)に矯正器具を設置する治療法になります。表からは目立たないため、人目を気にしないで治療することができます。

矯正時に歯に設置した金具が目立たずに人目の気にせずに治療できるのが良いですね。人には気づかれないうちに歯並びがよくなるのはありがたいですね。

メリット

大人になってから歯列矯正する場合、見た目の問題が大きいでしょう。仕事で人前に出るのなら当然、歯列矯正をためらう人が多いと思います。

しかし、裏側矯正なら見た目の問題は一切気にしなくてもかまいません。大人になれば仕事が大切ですので、仕事に支障を来さない点で、人前に立つ仕事の人にはよりメリットに感じられるでしょう。

矯正治療では、歯を抜いてスペースを作り、そのスペース分だけ前歯を後ろに移動させるという方法を取ることがあります。この場合、奥歯を固定源にして前歯をひっぱって移動させます。ところが、表側矯正では前歯が後ろに移動しないで、奥歯が逆に引っ張られて前に移動してしまうことがあります。
裏側矯正では、装置が固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯をきちんと後ろに移動させることができ、前歯が引っ込みやすくなります。歯が前に出ているいわゆる出っ歯の方で、なるべく前歯を引っ込めたいという場合には裏側矯正の方が効果的といえるでしょう。

デメリット

歯の裏側にブラケットがつくので、それに舌が引っかかるなどしてスムーズに発音できなくなります。
ブラケット自体の厚みは数mmですが、それでも異物感は大きいものがあります。ブラケットとワイヤーが凸凹としているため、とくに舌が引っかかりやすくなります。
ブラケットとワイヤーが前歯裏にあると、舌が収まるスペースも狭くなります。どうしても舌の動きは圧迫されるため、滑舌が悪化してしまうのです。舌に何かが当たることにも最初のうちは慣れませんので、より意識してしまい、発音がスムーズでなくなります。

裏側矯正は歯の裏、舌側にブラケットをつけるので、口の中に違和感が生じることは避けられません。つけた直後は特に感じるかもしれません。しかし、多くの場合、1ヶ月もすれば違和感はなくなる人がほとんどで、それほど心配する必要はありません。

裏側矯正に慣れる期間は早い人なら1週間かかりません。中には、数日で慣れたというケースもあるほどです。平均的には、多くの場合3〜4週間で慣れるはずです。

裏側矯正(舌側矯正)の費用

一律の定価はありませんが、目安としては80万〜120万円です。

不正咬合の矯正歯科治療については、一部の疾患に起因する不正咬合を除き、いわゆる「自費診療」で健康保険が適用されません。また、治療費は地域や患者さん一人ひとりの症例による治療方針によって異なるため、全国一律の定価のようなものがありません。

国立大学の歯科病院では、使用する装置ごとに細かく料金を設定しています。また、私立大学の歯科病院でも不正咬合の状態や治療方法によって治療費が異なります。

いわゆる自費診療のため、健康保険が適用されません。歯の矯正は、個人個人の症状により、異なるため、一律の定価はありません。実際には掛かりつけの歯医者に希望の治療を伝えて、相談してみましょう。

金額は患者それぞれの要望や症状により異なり、各患者に合わせてカスタマイズが必要なので、いくつかの歯医者に相談してみるのが一番良さそうです。歯科医選びがポイントになりそうです!

矯正歯科医の選び方

日本国内において矯正治療で最も権威のある日本矯正歯科学会から認定を受けている歯医者さんを選ぶようにしましょう。この認定を受けるためには歯科医師免許はもちろん、大学病院などで5年間の矯正についての専門的な研修をみっちり行い厳しい試験に合格する必要があります。

この認定医の資格がある歯医者さんは日本にいる歯科医師約10万人の3%である3000人ほどしかいないと言われており、まさに矯正治療のエキスパートと言えます。

自分の住んでいる地域に認定医がいるかは日本矯正歯科学会のHPから確認することができます。

やはり権威のある学会から認定されていれば安心です。全歯科医師の約3%の狭き門を通っている医師の中でもエキスパートです。

やはり矯正する前は不安だと思いますが、権威ある歯科学会の認定医だったら安心できますね。認定医は全国に全歯科医の3%の狭き門をクリアした歯科界のエキスパートです。

裏側矯正が気になったら、近くの歯医者さんを調べてみましょう。

1