従来は歯の表面に装着していた歯の固定装置を、表からはほとんど目につかない裏側に装着する方法です。舌側矯正の場合、前歯の裏側に小さな金属を取り付けます。ブラケットは、噛む力にも十分に耐えられる強力な接着剤で歯に固定します。

ブラケット矯正の真逆の治療法でブラケット矯正が歯の表側に設置する治療法ならこちらは裏側(舌側)に矯正器具を設置する治療法になります。表からは目立たないため、人目を気にしないで治療することができます。

出典矯正したいけど、あの金具が気になる・・・、外から目立たずにできる矯正とは?

矯正時に歯に設置した金具が目立たずに人目の気にせずに治療できるのが良いですね。人には気づかれないうちに歯並びがよくなるのはありがたいですね。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る