1. まとめトップ

【無料】クラウドストレージサービスTOP5

無料のクラウドストレージサービスで仕事効率化を。個人向けや法人向け、両方に適しているものなど、数多くのサービスがあるのでおすすめのクラウドストレージをご紹介。Dropbox、Googleドライブ、OneDrive、iCloud、Evernoteなど。

更新日: 2018年06月25日

3 お気に入り 2227 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

複数人と共有して仕事効率アップ。無料でも容量が十分事足りるクラウドストレージもあります。個人・法人で利用するクラウドストレージ。データ消失が不安であれば外付けハードディスクでバックアップを取るのがおすすめです。セキュリティ対策が気になる場合は、有料版を選びましょう。

takafukuroさん

クラウド上にあるサーバにデータを保存。
複数人でもスマホやPC、タブレットなど各デバイスを使用して同時に共有フォルダにアクセスすることができる。

※クラウドストレージとオンラインストレージは同じ意味です。

クラウドストレージは様々な種類があり、それぞれ容量や機能、セキュリティの程度、条件付きで無料、有料プラン料金が異なります。

■無料のクラウドストレージサービス----------

1位▼

出典boxil.jp

ファイルをインターネット上に保存することで、
インターネットに接続できる環境からならどこからでもファイルを確認できるサービス

■無料容量:2GB

ローカルのDropbox専用フォルダにファイルを置けば、自動的にインターネット上へ情報を更新してくれます。
利用したいデータをオフラインで作成して、この専用フォルダに置いておけば、
Dropboxが自動でインターネット上に保存してくれるので、余計な作業が発生しません。
ファイルのアップロードも閲覧も簡単に行えるシンプルな操作

2位▼

Googleのクラウドサービス。

■無料容量:合わせて15GB
(Google Drive、Gmail、Google+)
※Googleフォトでは写真(1600万画素まで)は無制限にアップロード

Google ドキュメントやGoogle スプレッドシート、Google スライドなどのファイル編集機能が無料で使用できる。
ブラウザ上で簡単に共有、共同編集。

3位▼

AppleのiCloud。
基本的にはiPhone、iPadのiOSやMacユーザー向けのクラウドサービス。

■無料容量:5GB

iPhone、iPadと、Apple端末間でデータの自動同期だけでなく、iOSのバックアップや、Macのバックアップに使える。
Apple製品を複数持っているユーザーに便利。

4位▼

データを保存するだけでなく、データを使う事も考えられているクラウドサービス。
書類、ドキュメント関係を管理。

■プラン:ベーシック(無料)、プレミアム、ビジネス
■無料容量(ベーシック):60 MB の月間アップロード容量

5位▼

Amazonのクラウドサービス。

■無料容量:5GBまで

Amazonプライム会員ならフォトストレージに限って無制限に利用できます。
※Googleフォトにも似たサービスですが、JPEG/PNG/BMPファイルだけでなく、TIFF/PSD/RAWにも対応している。

気になるサービス▼

出典boxil.jp

ビジネス向けクラウド型ファイル共有サービス

■プラン:個人、ビジネス
■無料容量(個人):10GB

企業が安心して利用できるようにセキュリティ対策は充実している

Microsoft社のサービス。

■無料容量:5GB

ヤフーアカウントで管理。

■無料容量:5GB
※Yahoo!プレミアム会員なら50GB無料

出典boxil.jp

米シリコンバレーに籍を置くChatwork社が開発した情報共有ツール

■プラン:フリー、パーソナル、ビジネス、エンタープライズ
■無料容量(フリー):5GB

クラウド会議室チャット、タスク管理機能、ビデオ・音声会議、ファイル共有など、仕事の円滑化・効率化を支援するコミュニケーションツール

出典boxil.jp

人々と組織、そしてツールを一元化することで、多様でシームレスな「働き方」を実現するコラボレーションハブ

■プラン:フリー、スタンダード、 プラス
■無料容量(フリー):合計5 GB

オンラインで共同作業ができ、業務に必要なメンバーや情報を1か所に集めることができる。

出典boxil.jp

オーストラリアのアトラシアン社により開発された情報共有ツール(ビジネス向けチャットツール)
日本語をカバーしている

■10ユーザー:年額$10
■30 日間無料トライアル

1 2