1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

コンビニのおにぎりが「小さくなってる」って知ってた?

コンビニのおにぎりが密かに小さくなっているようです。皆さん知ってましたか?

更新日: 2018年03月23日

19 お気に入り 89530 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■コンビニでよく売れている「おにぎり」

「安い、うまい、便利」ということで、コンビニおにぎりを愛好している人は少なくありません

セブンイレブンのツナマヨは他とはどこか一味違って絶妙でおいしいです

コンビニのおにぎりではセブンのツナマヨが人気のようです。

■そんな「おにぎり」が小さくなってる!

コンビニは値上げをしない代わりにおにぎりを小さくするなど消費者にしわ寄せがきている。

コンビニおにぎり、私らが10代の頃からちらほら登場しはじめたアイテムで。海苔がご飯にくっついていないタイプはチェーンにより海苔の付け方が違ったんですよ。いろんな方式あったよね。それにしても、コンビニおにぎりのなんと小さくなったことか!

夕食はとりあえず出先でコンビニおにぎり。久しぶり。おいしいがなんか小さくなってはいないか?帰宅後夕食。軽く済ませた。今はのんびり。もう寝ますね。21時16分投稿

ひっさしぶりにコンビニおにぎりを手に取ったら、記憶してたよりもずっと小さい。自分が大きくなったのかな?と錯覚して「ねぇコンビニのおにぎりって小さくなってる?」と知人に確認してしまった…

■いったいなぜ小さくなってしまったのか?

外食や弁当などの中食に使われる業務用米の卸値が上がっている。例えば、牛丼に使われる北海道産きらら397の1俵(60kg)あたりの取引価格は2017年10月で1万5774円と3年前より23%も上がった

一般家庭向けに売られる「家庭用米」、外食などに使われる「業務用米」、そして家畜などの餌になる「飼料用米」の3つがあります。このうち、最近不足しがちなのが業務用米

業務用米が不足すると、レストランやコンビニ弁当などで使われる米の値段が上がります。その結果、たとえばおにぎりが小さくなったり、ライスの量が減ったりと、消費者であるわたしたちにも影響が出てくる

■業務用米を作る農家が減っていることが要因

なぜ業務用米が不足しているのか。背景には、家畜のえさとなる「飼料用米」を作る農家が増えていることがあります。

業務用米が品薄になるのは農家の「ブランド米」志向があるため。ブランド米は高級品としてアピールしやすく「少しでも価格の高いコメを生産したい」(福島県の農家)との考えが根強い。

以上のように家庭用米と飼料米を作る農家は多いが、業務用米を作る農家が減少しています。

■小さくなっているのは「おにぎり」だけじゃない

お菓子も手に取ったら、がっかりするくらい小さくて……。パッケージが変わったときには、大概小さくなっている

ペットボトルが持ちやすくスリムになったと思えば容量が減っていたり、いつのまにかチーズの中身が小さくなったり、ソーセージの数が減っていたり……

一見、これまでと同じ大きさでも、気持ち小さくなった気がし、調べてみると確かに容量が減っている。でも値段は前と同じ

1 2