1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『君の名は。』スタッフ最新作『詩季織々』も!「注目映画」予告解禁

注目映画4作品の予告編(特報)が解禁された。「君の名は。」「秒速5センチメートル」など新海誠監督作品で知られるCWFの新作「詩季織々」、「64」「8年越しの花嫁」の瀬々敬久監督「菊とギロチン」、忽那汐里も出演する世界的大ヒット作の続編「デッドプール2」、高杉真宙主演「世界でいちばん長い写真」。

更新日: 2018年07月07日

9 お気に入り 24019 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『デッドプール2』(6月1日公開)

マーベル・コミックスの“異端”ヒーローを主人公に、R指定作品ながら日本をはじめ世界的にも大ヒットした『デッドプール』(2016)の続編。

人体実験で驚異的な治癒能力と不死の肉体を得るが、醜い身体に変えられてしまったウェイド・ウイルソン/デッドプールの活躍を描いた前作。

デッドプールの前に、未来からやってきたパワフルなマシーン人間のケーブルが現れ、デッドプールは特殊能力を持ったメンバーを集めたスペシャルチーム“エックス・フォース”を結成し、ケーブルが命を狙う謎の力を秘めた少年を守ろうとする。

予告編は、毎日楽しそうにヒーロー稼業(?)に勤しんでいるデッドプールが紹介され、美人な彼女ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)とも変わらずラブラブな様子。

謎の力を秘めた少年を狙い未来からやってきたケーブルがデッドプールと戦いを繰り広げる場面や、1人では勝てないと悟ったデッドプールがザジ・ビーツ扮するドミノらと“Xフォース”を結成する様子が切り取られている。

忽那はXフォースの一員のようで、紫の長い髪をポニーテールにして黒の衣装に身を包み、電気の流れる武器を振り回すアクションも披露。

◆『世界でいちばん長い写真』(6月23日公開)

映画『世界でいちばん長い写真』公式サイトフルオープン!メインビジュアルも遂に解禁!是非チェックください! #せか長 #高杉真宙 #武田梨奈  sekachou.com pic.twitter.com/E1RSWMUxNp

「ストロベリーナイト」などで知られる誉田哲也の青春群像小説を、高杉真宙主演で実写化する『世界でいちばん長い写真』(草野翔吾監督)。

何事にも消極的な宏伸(高杉)が、ギネス記録を持つパノラマ写真を撮影できるカメラと出会い、情熱を注ぐ姿を描く。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の“メガネっ娘”の松本穂香さん、人気グループ「BOYS AND MEN」の水野勝さん、黒崎レイナさん、吉沢悠さん、小松政夫さんの出演。

映像では、宏伸が同じカメラ部の部長・奈々恵(松本穂香)に写真について「最初から諦めてるもんね」と言い放たれたり、「人撮るの苦手だし、一番とか……」といった後ろ向きな発言をしたりする様子が映し出される。

しかし、パノラマ写真が撮れるカメラと出会い、人と関わっていくことで宏伸の表情が段々と変わっていく。

ひまわり畑の美しい風景や、パノラマカメラを手に真剣な表情を見せる高杉さん。さらに、今回発表されたキャスト陣の姿も確認することができる。

◆『菊とギロチン』(7月7日公開)

『64-ロクヨン-』前篇・後篇、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の瀬々敬久監督が、実在した「女相撲」とアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちを描く『菊とギロチン』。

舞台は、大正末期、関東大震災直後の日本。女性が困難な人生を生きざるを得なかった時代に、様々な過去を背負った女相撲一座の面々と、「社会を変えたい、弱い者も生きられる世の中にしたい」という夢を抱くギロチン社の若者たちとの交流が描かれる。

主人公である女相撲の力士・花菊役に木竜麻生、「ギロチン社」の中心メンバーである中濱鐵役に東出昌大、古田大次郎役に寛 一 郎がキャスティングされている。

特報には主人公の女力士・花菊が「弱いやつはなんにも変えらんね」と涙ながらに語る様子。

アナキストの結社“ギロチン社”のリーダーで、実在した詩人・中濱鐵が「女1人救えねえで、何が革命だ」と鬼気迫る表情で声を絞り出す場面が切り取られている。

1 2