1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

3人死亡、ISが犯行声明‥フランスで起きたテロ事件が怖すぎる

フランス南部トレブのスーパーマーケットで23日、立てこもり事件が発生し、 IS(イスラム国)が犯行声明を出した模様です。

更新日: 2018年03月24日

7 お気に入り 55212 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●フランス南部で立てこもり事件が発生

フランス南部トレブのスーパーマーケットで23日、銃で武装した男が人質を取り立てこもった。

●事件の概要

【仏立てこもり】警官が重体、自ら人質の身代わりに news.livedoor.com/article/detail… 警察官の男性が自ら人質女性との交換を志願。交渉が行われる間、犯人の人質となり、撃たれて重体となっていることが分かった。 pic.twitter.com/7NCz53q1Hx

現場で記者会見したジェラール・コロン(Gerard Collomb)内相によると、立てこもりは午前11時ごろに始まり、直後に警官隊が現場に到着。

そこで、警察官のアルノー・ベルトラム(Arnaud Beltrame)氏(45)が女性との交換を志願し、交渉が行われる間、男の人質となった。

・カルカッソンヌなどで3人が死亡

内相によると、男は県都カルカッソンヌで乗用車を襲撃し、乗車していた1人を射殺した後、車を奪って逃走。

続いて警備中の警官を銃撃し、1人を負傷させた。その後、約10キロ離れたトレブのスーパーマーケットに人質をとって立て籠もり、2人を射殺。

・その後、犯人は、突入した治安部隊により射殺された模様

客や従業員を人質にとっていましたが、突入した治安部隊により射殺

・男は『イスラム国』の兵士だ」と叫んでいたという

会見したコロン内相によると、男はモロッコ出身のレドゥアン・ラクディム容疑者

目撃者によりますと、『イスラム国』の兵士だ」と叫んでいたという

男は立て籠もりのさなか、2015年11月のパリ同時多発テロで唯一生存する実行犯とされる

・麻薬密売などで監視対象だったという

麻薬密売などで監視対象だったが、過激主義者としては把握されていなかった。

SNSで過激派組織IS=イスラミックステートへの支持を呼びかけるなどして、警察のテロ警戒の対象になっていた人物だと伝えています。

●ネットでは、この事件に恐怖の声が広がっている

1 2