1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

まるで映画を観ているみたい!ぐっと引き込まれる漫画7選

漫画なのに、読むと映画を観ているような感覚にさせてくれる作品です。(BANANA FISH、ゴールデンライラック、血の轍、雪の下のクオリア、パンティストッキングのような空の下、エマ、ジョジョリオン)

更新日: 2018年04月12日

85 お気に入り 25695 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『BANANA FISH』 吉田秋生

1985年、ストリートキッズのボス、アッシュはニューヨークで、胸を射たれて瀕死の男から薬物サンプルを受け取った。男は「バナナフィッシュに会え…」と言い遺して息を引き取る。

BANANAFISHは名作だからぜひ漫画読んでください。あれは少女漫画とかそういうジャンルにとらわれない。胸が本当に痛くなるけどその中で感じる幸せに色んなことを考えさせられます。ヒューマン系の長編映画を観ているかのような名作です。キャラクターもみんないい味だしてます。読んで!

BANANA FISH懐かしいな! 姉が大ファンで家に全巻揃えてて私も読ませてもらったな…漫画というより映画を観ているようなスケール感は本当に凄かった記憶が。アニメ化されるんですね…原作の世界観にどこまで迫ることができるのか未知数ですが楽しみでもある。

BANANAFISH…めちゃめちゃ面白い… これほんとに少女漫画?てぐらい廃れた80年代のニューヨークだ……ベトナム戦争や当時の色んな社会問題を背景にしててリアルだし、考えさせられる…… 男の人もハマったってのがわかるな。 pic.twitter.com/FPPTx8glvi

◎『ゴールデンライラック』 萩尾望都

ライラックの茂みの中で始まった、ヴィーとビリーの幼い恋。しかし幸福は不意に終りを告げ、1次大戦の暗い渦が時代を覆う。

ゴールデンライラック、BL要素は皆無の幼なじみの男の子と女の子が大人になって一緒にいられなくなる戦時中のヨーロッパの話なんだけどノスタルジックな映画みたいで好き、男の子と女の子がはじめて会ったときに女の子が歌っていた歌が効果的に使われていて泣けるの

ふと手にとった萩尾望都さんの『ゴールデンライラック』を読む。150頁で二人の半生が描かれていて、まるで一本の映画を観たような充足感。時代と背景を変えたらそのまま朝ドラでいけるよこれ。ラストが胸熱。

萩尾望都「ゴールデンライラック」読んだ 映画みたい………話がポンポン進んでくのに全然ジェットコースターみたいな振り回される感ないし綺麗で読みやすいし面白い ほんといい リデル森の中とかグレンスミスの日記とか半神とかあの辺のあれの感じ……ほんといい

◎『血の轍』 押見修造

母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変する。母・静子によって。

血の轍、続きが気になる。映画観てるみたいな気分にさせられる。

血の轍の絵の表現うますぎて驚いた。ナレーションないしドキュメンタリー映画見てるみたい。陰影も豊かでホラー映画とかの影の使い方みたい。日常風景の違和感出すのほんとうまい・・

押見修造の『血の轍』買ってしまった。 もう滅茶苦茶面白い。帯の煽り文に毒親って書かれてたから、胸糞な展開なのかな…って思ってたけど、予想の斜め上。 母親の愛が息子をじわじわと蝕んでいく感じが凄く倒錯的で、話にぐいぐい引き込まれる。最近読んだ中で一番推したい漫画。

◎『雪の下のクオリア』 紀伊カンナ

草木が好きで人嫌いな小林明夫。同性と一度きりの関係を繰り返す大橋海。二人は同じ大学で同じ学生寮だった。海が明夫に懐き、明夫も少しずつ海に気を許すようになっていく。

雪の下のクオリア 最高すぎるんだけど……映画観てるみたい でも影像化しないでほしいもう完成してる

雪の下のクオリア、表紙買いしたらどストライクすぎた 映画のような空気感。。。

周りの人間が絶賛してた紀伊カンナさんの「雪の下のクオリア」読んだ、すごく綺麗な話というか、これは殆どBLじゃないな、いやBLなんだけど、人間の普遍的な部分を描いてるから別にBL好きじゃなくても読んで面白いと思う。

◎『パンティストッキングのような空の下』 うめざわしゅん

時は21世紀初め、高校生の三上とひろしは待ち望んでいた。平凡で幸福な人生と、テポドンの襲来を…!

うめざわしゅん『パンティストッキングのような空の下』。不世出の天才が綴る絶望と希望の作品集。社会から少しばかりはみ出した人達の生き辛さや息苦しさ、飲み込むしかない苦しみを、大げさにではなく淡々と描く作風は、まるで橋口亮輔監督の映画を観ているようだ。(1/2)

GWにたまたま手にして読んだけど久々に読後に放心した。どれも映画一本見たくらい充実でした。『うめざわしゅん作品集成 パンティストッキングのような空の下』特設サイト - 太田出版 ohtabooks.com/sp/umezawa-shu… #うめざわしゅん @OHTABOOKS_PRさんから

「うめざわしゅん作品集成 パンティストッキングのような空の下」読了。劇薬。超劇薬。読む人によっては致死量。確実に人を選ぶ作品集。面白いとは容易に言えぬ。凄いとしか言えぬ。凄かった。 この作家さんも初見だけれど、もっとも近い作家は新井英樹だと思う。劇薬。ザ・ワールド・イズ・マイン。

1 2