1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

寒さが終わって一安心かと思いましたが要注意ですね。

TER8さん

急に暖かくなったから寒暖差アレルギーだと思うんだけど、くしゃみが止まらん( >д<)、;'.・ ィクシッ

鼻がぐずぐずするけどこれは花粉症?寒暖差アレルギー???いいえ鼻炎です(解決)

寒暖差アレルギーは、医学的には「血管運動性鼻炎」と診断されることがあります。

主な症状は「鼻水・鼻づまりなどで鼻がムズムズする」「くしゃみが出る」「じんましんが出る」「イライラなどストレスを感じる」「食欲減退や胃腸の不振」などが挙げられます。気温差が激しい秋は、服装の調節も難しく、上記のような症状が出たら風邪をひいたと思いがち。でも、もしかしたら寒暖差アレルギーの症状かもしれないと、疑うことも必要です。

「寒暖差アレルギー」という言葉がメジャーになったのってけっこう最近だよね おれたぶん幼少期からこれなんだけど、そういう名前のアレルギーの概念がないからずっとただの鼻炎で片付けられていてもやもやが晴れてよかったな~と思っている未来

花粉症はなく、上記のような植物でもアレルギーが出ないのに、花粉症のような症状が出る場合、寒暖差アレルギーの可能性があります。

寒暖差アレルギーとは急激な気温差に出るアレルギーで、体が気温の変化についていけなくなり自律神経が乱れて起こる症状です。

症状は、目の痒みやくしゃみ、鼻水や鼻づまりと花粉症に似た症状が出ます。

寒暖差アレルギーの場合、体が気温差に慣れると症状も治まりますが、酷い場合は病院で受診をするようにしましょう。

花粉症なんだか、寒暖差アレルギーなのか、風邪なのか

湧き水のように鼻水が垂れ続けててしんどい。たぶん寒暖差アレルギー

雨の日が続くと体がだるくなったり、頭痛がすることがあります。頭痛いからと季節の変わり目は鎮痛剤を手放すことができなという女性が多いようです。

雨による体のだるさや頭痛は、天気や気圧の変化で起こるものとされています。

原因としては、次のようなことが考えられます。

体内の水分の巡りが悪くなる
気圧の変化
自律神経の乱れ
血管の収縮
セロトニンの不足

自律神経には体が起きて動いている時に働く「交感神経」と、体や脳がリラックスいている時に働く「副交感神経」があります。

自律神経は敏感に反応するため、気圧や気温の変化で乱れてしまうことがあります。そのため、季節の変わり目には影響をうけやすくなります。

また、脳内神経伝達物資である「セロトニン」不足も影響しています。

セロトニンは、目に日光が入ると分泌量が増えて脳が活性化します。しかし、雨の日は日光が射さないため、セロトニンの分泌量が減ってしまいます。セロトニンの分泌量が減少すると、心のバランスが悪くなりうつ状態になります。

この季節の変わり目に心のバランスが悪くなることを「季節性感情障害」といいます。

雨が降ると毎回頭痛が出るという人は、水分の巡りの良くなる漢方薬「五苓散」を飲むと症状は軽くなります。

「五苓散」はドラッグストアなどでも販売されているので、手軽に購入することもできます。

めまいや耳鳴りは季節の変わり目の気温や湿度の急激な変化で自律神経のバランスが乱れてしまうことが原因です。

季節の変わり目にだけ目が痒くなるなどの症状が出るのは、季節の変わり目になると免疫力が低下しやすくなり、それで目の痒みの症状が出ることがあります。


目の乾燥から痒みに繋がることがあります。特に湿度が下がる時期には目が乾燥して痒みに繋がることがあります。


ブタクサ
ヒノキ

ハウスダスト
ペットの毛

胃や腸は思っている以上に敏感で、ちょっとした変化ですぐに痛みが出たり炎症を起こしたりします。
胃腸炎を起こさないようにするには、腸内環境を整えて上げるのが1番の治療法です。その他、胃腸を冷やさないように冷たいものを避けるのも大事です。
ヨーグルトや発酵食品を積極的に摂って、腸内に善玉菌を増やしてあげれば腸内免疫力もアップし、胃腸炎を起こしにくい体になります。

★対策★こまめに目薬を差している人は目の痒みや乾燥といった症状をほとんど感じたことがないそうです。「なる前にならないようにする」が目の保護に繋がります。

なるべく冷たい物を控え、体を温めて水分の巡りや血流を良くすることで症状を緩和することができます。

★対策★
規則正しい生活を送る
質の良い睡眠を取る
積極的に体を休める

1