1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ググるな危険「検索してはいけない病院 2017」に掲載された病院です。経緯や今後が気になります。

病院内の薬局で起きた事件

▼3年前から麻薬帳簿を紛失していた

担当の薬剤師が2014年、15年度の2年分の使用・廃棄歴の帳簿を紛失していたことも判明。

帳簿の紛失原因については「誤廃棄したか、誰かが持ち去ったとしか考えられない」と述べた。

▼紛失したのは"帳簿"だけでなく、"麻薬"も紛失していた

厳重な管理が義務づけられている医療用麻薬の在庫が3年ほど前から帳簿の数量と合わなくなっていた。

在庫と合わない数量は納入記録やカルテから割り出した。

納入記録と合わないのは医療用麻薬フェンタニルなど約30種類の錠剤やアンプル計数百個。

紛失した経緯

▼始まりは内部調査

同年11月に病院側から「在庫の数が合わない」と保健所に連絡があった。

▼麻薬取締部と北海道が合同で2回 立入検査を行なっていた

北海道厚生局麻薬取締部と北海道は、この病院に、麻薬及び向精神薬取締法に基づく立ち入り検査をした。

鎮痛剤として使われるフェンタニルやオキシコドンなど約30品目の麻薬について、わかっているだけで14年10月から16年9月にかけて在庫量と帳簿の記載が異なっていた。

麻薬取締部と北海道は、昨年11月と今年1月に立ち入り検査を実施。

▼病院は行政の指導に対して改善する意思がなかった

北海道は管理態勢の改善を指導したが、2017年1月の立ち入り検査でも改善されていないことが分かった。

2017年2月、麻薬取締法違反の疑いで北海道厚生局麻薬取締部が捜査を開始。

▼ニュースはネットでも話題に

麻取→攻殻機動隊→強化外骨格→「サイトーそいつをよこせええええ!」な攻殻SAC悩な私であった。 → 札幌の病院で麻薬帳簿紛失 在庫数合わず 麻取が捜査 - 産経ニュース sankei.com/affairs/news/1… @Sankei_newsさんから

札幌ひばりが丘病院とは

札幌市厚別区にある医療機関。医療法人潤和会が運営する病院である。国道12号線沿いにあり、近年は緩和ケアと在宅医療に力を入れている。

国道12号線側から見た正面からの外観写真。

医療用麻薬とは

癌(がん)などの激痛を抑えるため、法律で医療用に使用が許可されている。法的には「麻薬及び向精神薬取締法」において麻薬に指定されており、医師や薬剤師には厳重な管理が求められている。
出典:医療用麻薬 - メディカルウェア

1 2 3 4 5 6