1. まとめトップ

意識高すぎ?「フェアトレード」って何ですか・・・

auのテレビコマーシャル、意識高すぎ!高杉くん「購買部編」で話題の「フェアトレードのバナナ」・・・でも「フェアトレード」って何?そんな疑問にお答えします。意外と知らない「フェアトレード」の実態!

更新日: 2018年03月25日

1 お気に入り 1987 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

国際フェアトレード認証のしくみやフェアトレード市場の推移について「フェアトレードジャパン」の記事をもとに報道記事、ツイッター投稿などから現状をまとめてみました

jinstさん

フェアトレードとは?

フェアトレード(Fair Trade : 公平貿易)とは、発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支える仕組みです。

一般社団法人わかちあいプロジェクトのサイトより引用

フェアトレード ジャパン(法人正式名称:特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン)は、Fairtrade International の構成メンバーとして日本国内における、国際フェアトレード認証ラベルのライセンス事業、製品認証事業、フェアトレードの教育啓発活動を主に行っています。

なぜ必要か?

日本では途上国で生産された日用品や食料品が、驚くほど安い価格で販売されていることがあります。一方生産国ではその安さを生み出すため、正当な対価が生産者に支払われなかったり、生産性を上げるために必要以上の農薬が使用され環境が破壊されたり、生産する人の健康に害を及ぼしたりといった事態が起こっています。

フェアトレードジャパンのサイトより引用

生産者が美味しくて品質の良いものを作り続けていくためには、生産者の労働環境や生活水準が保証され、また自然環境にもやさしい配慮がなされる持続可能な取引のサイクルを作っていくことが重要です。そのための仕組みが「フェアトレード」なのです

フェアトレード認証ラベル

フェアトレードの明確な基準を設定し、それを守った製品にラベルを貼付して分かりやすく伝え、フェアトレードを広めていこう、として誕生したのが、フェアトレードのラベルのしくみです。

国際フェアトレード認証ラベルは、その原料が生産されてから、輸出入、加工、製造工程を経て「フェアトレード認証製品」として完成品となるまでの各工程で、国際フェアトレードラベル機構(Fairtrade International)が定めた国際フェアトレード基準が守られている事を証明しています

ドイツ製のチョコレートです。左端にフェアトレード認証ラベルがついています。

こんな物も!

フェアトレードは名古屋が熱い!

市役所の本庁舎一般公開にあわせて、本庁舎駐車場及び屋上で、フェアトレードの理念普及を目的として「フェアトレード・コーヒーガーデン」を初めて実施します。

フェアトレードの理念の普及と名古屋市におけるフェアトレードタウン活動の盛り上げを図るため、セミナーを実施しますのでお知らせします。

欧米以外では珍しい!台湾でもフェアトレードタウンが・・・

柯文哲台北市長は12日午前、台北市フェアトレードタウン認定の記者会見に出席した。国際フェアトレードタウン運営委員会(International Fair Trade Towns Steering Committee、IFTTSC)の渡辺龍也代表理事の立ち合いのもと、IFTTSC台湾支部の余宛如会長による認定書の授与が行われた。台北市は、中華圏において初めてフェアトレードタウンに認証された。

台北市、中華圏で初のフェアトレードタウンに認定

日本のフェアトレードタウン

日本では、2011年に日本初のフェアトレードタウン(呼び方としてはフェアトレードシティ)となった熊本以外にも、名古屋、札幌、逗子、宇都宮、一宮などでフェアトレードタウンを目指す市民活動が展開されています。

フェアトレードのバナナ

最後に高杉くん登場です!

残念ながらそのバナナには認証ラベルが貼られていないようですね・・・

1