1. まとめトップ

日本ウィキペディア発のデマ・ニュース 事件。釜本邦茂の日本代表得点数が80点と誤報される理由。

釜本邦茂の代表得点数はFIFA基準だと53得点。JFA基準だと75得点。しかし、80点と報じられる時がある。これは2人の日本人極悪執筆者のデマから端を発したデマ・ニュースだった。

更新日: 2018年12月13日

0 お気に入り 839 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rulliさん

釜本の日本代表の得点数は80点と報じられたり、75点と報じられる。そして本当は55点という説があったりと奇妙である。その理由を説明する。

「釜本、80点」という情報がありますが、あれはウソです。「オリンピックで釜本が決めた得点を全て国際Aマッチ扱いする」と80点になります。あれはJFA基準でも認めていない釜本の得点(フランス五輪代表と日本代表の試合での釜本の2得点など)全部含めています。それで合計5点増やしているんです。当時、フランスは全員アマチュアで全然ベストメンバーではないです。だから国際Aマッチにならない事が日本の皆さんは分かりますよね? ゆえに「釜本 80点」はデマです。彼らは「釜本がオリンピックで決めた得点は全て国際Aマッチに認めろ」という更に無茶な主張をして、日本国民をだます活動をしている馬鹿達です。

ウィキペディアの外国版で、釜本の得点が55点となっている外国版がありますが、それも間違いです。
外国人が得点の計算を間違っています。
釜本のFIFA基準の得点数は53得点です。
外国人は日本人に書き変えられて怒って55点に戻していますが、戻しているのは良い事ですが本当は53得点です。だから外国人は53得点に戻すべきです。

80点と誤報される理由は、日本人のウィキペディア執筆者でJapan Footballという名前の荒らしが居て、この男がウィキペディアの全ての外国言語版で釜本の得点を80得点と書き変えていたからである。

この悪徳執筆者により釜本邦茂のウィキペディア・サイトの英語版などは80点に変えられたままである。他のドイツ語版やイタリア語版などはこの行為に激怒した外国人が55点に戻している(注:本当は53得点)。

ドイツ人は激怒してこの執筆者Japan Footballという男を、永久編集禁止という一番重い罰を与えて追放した。この数字はそれぐらい目茶苦茶な数字だ。当たり前だ本来より27点も増加しているのだから。

そしてFIFAのある一つのニュース記事で、たまたま釜本邦茂の得点が80点と紹介されている記事があった。恐らく、これはウィキペディア(英語版)を見てニュース記事を書くというレベルの低い記者によるものだ。

そして次にそれを見たAthletaという名前(Ath02という名でも活動中)の極悪執筆者が「釜本邦茂の得点は80点と公式にFIFAが認めた」という大嘘を釜本ウィキペディアの日本語版の冒頭に書いたのだ。

このAthletaという執筆者は釜本ファンで、釜本のFIFA基準の得点が53点だと知っている。しかし、80点が公式だと勝手に書いているのだ。釜本の点数増加が嬉しいからだ。それぐらいこいつは馬鹿で汚い。

つまり、2人の悪徳執筆者Japan Football、Athletaという人間達により、釜本邦茂80点というデマが流れているのだ。そして荒らしによりFIFAの記者までだまされてしまったという事だ。

【釜本80得点のデマが流れている経緯、まとめ】

1.Japan Footballという悪徳ウィキペディア執筆者が、ウィキペディアの全ての言語版で釜本80得点と書き変えて荒らしを行った。
                    ↓
2. イタリア語版、ドイツ語版はイタリア人、ドイツ人が怒ってFIFA基準の55点に戻した。
イタリア人は3回、この男の荒らしにあってその都度、55点に戻した。そしてドイツ人に至っては激怒して、このJapan Footballという日本人の男を執筆禁止という措置にした。一番重い罰を与えた。それぐらい怒った(本当はFIFA基準では53得点である。外国人は計算間違いして2点間違えている)。
                    ↓
3.しかし、英語版は80得点と変えられたまま残っていた。それでFIFAの程度の低い記者が、
「釜本の得点は80点だ」として釜本のプロフィールをFIFAの公式サイトのニュース記事で書いてしまった。
                    ↓
4.そうしたら今度はもう一人の日本人悪徳執筆者Athleta(Ath02という名でも活動中)という男がこれを見て「FIFAは釜本の日本代表の得点を80点と認めた」と勝手に決めて、このデマを釜本の日本語版ウィキペディアの冒頭に堂々と書いた。このAthletaという男は釜本の得点がFIFA基準で53点だと知っているにも関わらずだ。本当に酷い話だ。
ちなみにrsssfという統計機関があるのだが、rsssfは釜本の得点を一応75点として紹介しているが『日本サッカー協会はFIFAルールがあるにも関わらず無視している』と読者に説明している。
ゆえにこの執筆者Athletaがウィキペディアで「rsssfまで追認している」という説明を書いているのだがこれも大嘘である。rsssfは日本を追認などしておらず「日本がルール無視している」という事を世界に対して説明している。
                    ↓
5. その結果、日本のマスコミでもウィキペディアを元に記事を書くという低レベルな会社(フットボールチャンネル、フットボール・ゾーン・ウェブなど)があり、この記述をそのまま信じて「釜本の日本代表得点数が80点だ」と報じる事態が発生した。
そして、なんと2018年の3月24日にはポルトガルのメディアまで「釜本の得点は80点で、クリスティアーノ・ロナウドがそれを抜いた」という記事を配信した。ポルトガル語版の釜本邦茂のウィキペディアでは釜本の点数は80得点になっている。ポルトガル語版では日本人のJapan Footballという人間に荒らされたままになっているのだ。つまり、ポルトガル人までFIFAと同じくデマを信じて記事にしてしまったという事が発生したのだ。つまり、執筆者Japan Footballという日本人によりデマが世界で拡散しているのだ。そして、それに加担する日本人執筆者Athleta(Ath02)という極悪人によってウソが堂々と日本国民にも広められて、このウソ記録(釜本80点)を正当だと信じている人間が日々増加しているというわけだ。
FIFAは1999年に国際Aマッチの声明を出して以来、何も声明を出していないんです。だから釜本の得点が世界中で一人だけ27点増えるなんて事はないわけです。これは常識を持っていれば分かる事です。FIFA基準を否定しているJFA(日本サッカー協会)ですら75点(FIFA基準より22点増加)なのに、それより多い80点(27点増加)なんて事は起きません。一人の選手だけこんな優遇されて27得点も増加するなんて措置は実行されません。

お分かりのように日本人というのは善良でも何でもないです。自己イメージで善良な民族と思っているかもしれませんが、このように世界でも例を見ないほど不誠実な汚い事を平気でやる民族です。2018年の3月には国会でも官僚が平気で公文書書き換えをするという世界でも前代未聞の事を平気でやるクソ民族だと判明しました。だから日本人選手の得点書き変えとデマ拡散をするのは日本人にとっては当然なのかもしれません。こんな得点書き変えを世界で大々的にやって荒らして外国人に迷惑をかけて活動をするのは世界でも日本人だけです。
日本の皆さん、それを知って下さい。

「釜本 80点」とデマを流した男はなぜ80点と書き変えたのか? その理由を推測して皆さんに教えます。

【なぜJapan Footballという執筆者は「釜本 80得点」という荒らしを行ったのか?】
私はこの男が「釜本、80点」と書き変えた理由で唯一推測できるモノがある。それは「釜本のオリンピックでの全得点を国際Aマッチとして認めると80点となる」という事だ。現在、JFAでは「オリンピックで釜本の決めた得点を国際Aマッチの得点だと認めている得点と認めていない得点がある」。それで釜本ファンのこの男は恐らく「オリンピックの釜本の得点は全て国際Aマッチと認めろ」という考えを持った人間なのだ。「釜本の得点が22点も増加されたJFA基準(75得点)ですら不満で認めず、全部認めて80点にしろ」という考えの人間だと思う。だから私は彼は一人でウィキペディアの全外国版を80点に書き変えたのだと推測している。
そしてこの「釜本80点」という主張は論理的に非常におかしいので、到底、世界では受け入れられないものである。
釜本の得点が80点とされるならばメキシコ五輪で、「日本代表とフランス五輪代表の試合」で釜本が2得点した事が得点記録に含まれる事になります。しかし、皆さん、このフランス代表は全員アマチュア選手で20才前後の若手のチームだったんです。
プロが一人も参加していないのでフランスは全くベスト・メンバーではありませんでした。こんな試合は国際Aマッチにできませんし、フランスが国際Aマッチだと認めるわけないですよね。だから日本サッカー協会もこの試合はさすがに国際Aマッチにはできないという事でJFA基準でも除外している試合なんです。しかし、釜本80点とするならばこの試合が国際Aマッチ扱いになります。そんな馬鹿な事はFIFAが公式に認めるわけがないです。だから私はFIFAの程度の低い記者(ウィキペディアを元に記事を作ってよく調べない)がウィキペディアの書き変えにだまされて記事作成して配信したのだと思っているわけです。
以上のように「なぜ80点なのか?」という内容を考えれば、これが本当におかしくてデマだとすぐ分かります。日本の皆さんはこれがデマだと早く気づき、ウィキペディア執筆者Athleta(Ath02)にだまされるのを止めて下さい。
Athletaという男は、たった一度だけ報じられたモノ(恐らく一記者の大間違い)を根拠として勝手に「FIFAが公式に80点と認めた」と日本人に説明しているのです。
そして、それにも関わらずこの男は「80点の内容について深く考えた事がない」というそれ程の頭の悪い男なんです。こんな超バカ男に現在、多くの日本人が毎日だまれているという悲劇が起きているという事です。

1 2