1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

音楽動画の広告が増加・・・YouTubeで定額サービスが始まる?

YouTubeは音楽動画の広告を増やすと発表。これはYouTubeが開始する定額サービスに向けてだそうで、近々日本でYouTube Redが開始されるとの予想が。2017年の音楽動画トップトレンドには米津玄師さんがランクイン。

更新日: 2018年03月26日

9 お気に入り 15099 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tonkatudjさん

サービス開始から13年

米YouTube社が運営する動画共有サービス。2005年2月にサービス開始

YouTube は全インターネット人口の約3分の1を占める10億人以上のユーザーに利用されており、1日あたりの動画視聴時間は10億時間、視聴回数は数十億回にものぼります

『YouTube』の公式iPhoneアプリが、リリースから数年を経て初めてアメリカのApp Storeのアプリ売上ランキングで1位を獲得

フェイスブックの利用率は68%と高かった。しかし、これを上回る利用率を記録したのがユーチューブで、その比率は73%だった

今後もYouTube広告を軸に市場規模の拡大が見込まれていて、2019年には約2倍の400億円、2022年には約2.6倍、579億円規模に達すると予測されている

そんな中、音楽動画の広告が増加へ

動画共有サービス最大手YouTubeは、音楽動画再生時に表示される広告を増やすことを発表した

広告は、同サービスが新たにスタートさせる予定の定額サービスに加入することによって消すことができる

YouTubeは「定額制音楽配信サービス」の参入に向けて、すでに世界3大レーベルの1つワーナーミュージックグループと契約を締結

オンデマンドのストリーミングと、YouTubeの持ち味である音楽動画配信を組み合わせた形態になるといわれており、YouTubeはすでにアーティストたちにサービスのプロモーションを呼びかけている

YouTube、音楽ストリーミングサービスとして利用するユーザーに広告の挿入を増やす一方で、有料購読型モデルを推進。広告でイライラさせて、広告のない購読モデルに誘導する戦略であることを同社幹部が認める。記事は広告モデル(フリー)文… twitter.com/i/web/status/9…

広告モデル(フリー)文化だった同社の変化と指摘

Twitterでの反応は・・・

やっぱりこうなるのね。モバイルの広告ヒドいもんな< YouTube、音楽動画に表示される広告を増加へ 有料サービスで非表示に #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

俺はSpotifyも課金してプレミアム会員だったし、音楽コンテンツへの課金は賛成する。コンテンツが無料で消費されるだけでは音楽業界の衰退どころか優秀なクリエイターが出てこなくなるのもわかる。 YouTube、音楽動画に表示される広… twitter.com/i/web/status/9…

広告表示増やしたからといって、ストリーミング並にコンテンツ提供者にフィー入るとは思わんけどね。月額課金いくらになるんやろ。 YouTube音楽動画の広告増加へ 非表示にできる有料サービスへ誘導 newsphere.jp/business/20180… @newsphere_jpさんから

YouTubeの日本で人気の音楽動画は?

YouTube FanFestにて、”YouTube Rewind 国内トップトレンド音楽動画 2017”が発表された

YouTubeに掲載された動画の中から、再生、共有、コメント、評価、派生動画の数など、様々な数値を元に選出されたもの

アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌に起用されたDAOKO x 米津玄師の“打上花火”が堂々の1位に

米津玄師は、“ピースサイン”と“orion”がそれぞれ3位と7位にランクインしている

・1位 DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO

1 2