1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

有楽町の老舗ビルは隠れたグルメシティ『交通会館』の名店5選

隠れたグルメシティとして話題の交通会館の名店についてまとめてみました。

更新日: 2018年04月05日

7 お気に入り 5819 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hidemaru3さん

東京交通会館

所在地: 〒100-0006 東京都千代田区有楽町2丁目10−1
時間: 営業中 ⋅ 営業終了時間: 18:00
設立: 1965年6月18日
電話: 03-3212-2931

東京都交通局庁舎跡地の再開発により1965年6月18日に開業。「有楽町駅前に回転レストランのある名店ビル 東京ニューセンター デビュー!」と銘打っていた。ホテルニューオータニを初めとして日本各地のホテルなどで見られた回転レストラン(東京會舘銀座スカイラウンジ)を構え、その斬新さと地上55メートルからの眺望を売り物に銀座至近でもあることから当時は人気スポットとして賑わいをみせた。

交通会館の名店5選

1.ROYAL

東京都 千代田区 有楽町 2-10-1 東京交通会館ビルB1F
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13076352/

モーニングサービス 550円。

アプリコットパフェ 700円。

有楽町駅から徒歩1分。東京交通会館のB1にある「喫茶ローヤル」は有楽町を代表する純喫茶の一つです。いまどきのカフェには出せない昭和の趣が漂います。

今日のお昼。喫茶店のピザトーストってなんでこんなにおいしいんだろ。ここのはパン自体とってもおいしいからシンプルなトーストでも十分おいしい気がする #純喫茶ROYAL pic.twitter.com/Tz1xcDUUSs

2.照鮨

東京都 千代田区 有楽町 2-10-1 東京交通会館 B1F
℡03-3211-8089
ランチ予算: ~2000円 ディナー予算: ~4000円
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13071626/

五目ちらし 2500円。

昭和21年に開店して以来、有楽町と共に歩み今年で71年目を迎えました。砂糖を入れず、赤酢と塩だけで作るシャリが当店のこだわり。

今では日本の文化となりつつある昔ながらのお寿司と東京では当店のみで味わえる冷酒を、東京交通会館ビル竣工当初より50年間使い続けている檜一枚板のカウンターで大人の時間を満喫してください。

有楽町の交通会館の『照鮨』。昭和43年までこの地に寿司屋が軒を並べるスシ屋横丁なる路地があった。そこで昭和21年に創業している。今は再開発ビルの地下に残る、数少ない生き残り。大将曰… ift.tt/29isi7c pic.twitter.com/bGksena7Lq

3.博多うどん よかよか

所在地: 〒100-0006 東京都千代田区有楽町2丁目10−1
時間: 営業中 ⋅ 閉店時間: 15:30 ⋅ 再開時間: 16:30
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13157308/

冷やかけトマトうどん 600円。

ふんわり麺に、いりこをベースにした風味豊かなだしが特徴の「博多うどん」。一度食べたらやみつきになること間違いなしです!昼は日替わりトッピングのうどんに、鶏とごぼうの混ぜご飯「かしわめし」付きのお得なセットをご用意。

夜は博多おでん定番の練り物「餃子巻き」で一杯どうぞ。トッピングを肴に呑むのもOK!各種お酒を取り揃えております。

珍しく有楽町に用事があったのでTLで教えてもらった「カボスうどん」を食べてきました。親が大分出身の私にとっては馴染みの果物。とっても美味しかった〜カボスのポテンシャルってすごい。 #博多うどんよかよか #大分県日田市 pic.twitter.com/L6lh8ZBnq8

1 2