1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

自分の手で未来を切り開ける!「アフリカの若者」が躍動してた

アフリカといえばちょっと前まで発展途上国で、貧困率もかなり高いという状況だったのですが、今は若者が起業して成功するなど全く違う状況になっているようです。

更新日: 2018年03月26日

21 お気に入り 28124 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■アフリカ

アフリカ(ラテン語:Āfrica、英語:Africa[3])は、広義にはアフリカ大陸およびその周辺のマダガスカル島などの島嶼・海域を含む地域の総称

気候は,温帯気候の地中海沿岸地方と南端部のほかは,熱帯および乾燥気候帯が広く分布し,砂漠,サバナ,熱帯雨林地帯が大部分を占める。

古くはヨーロッパの植民地化されていたが、1950年代後半から独立国家が誕生し、1960年には多くの国家が独立したことから同年を「アフリカの年」と呼ばれている

社会情勢が不安定な国が多く、また貧困や飢餓、エイズなどの多くの問題を抱えている。

中東・北アフリカ地域11カ国(*)の分析調査により、この地域の子どもの4人に1人に相当する少なくとも2,900万人が貧困の影響を受けている

ユニセフの報告です。

高まる貧困レベル、そして貧困を克服する試みは、アフリカ全体が抱える最も大きな課題

パソコンのないガーナの学校で、黒板に「Microsoft Word」の画面を描いて子どもたちに教える先生のSNS投稿が注目を集めています。

ガーナ第2の都市クマシの学校で教えるこの先生は、黒板に米マイクロソフトの人気ソフト、「ワード」を説明する図表を細かく描いた。

生徒の自宅にもパソコンはなく、黒板でコンピュータを教えるのは農村地方では普通のことなのだとか。

■そんなアフリカが変わり始めている

ICT (情報通信技術)分野で世界の投資家から大きな注目を集めている

アフリカが注目を浴びています。

日本が先進国であるというイメージを持っている人も多いのですが、その常識も徐々に崩れつつあるのかもしれません。

■アフリカの中で注目されているのが「ルワンダ」

モバイルでの決済や送金サービスは日常のものとなっている。マーケットで野菜や雑貨をショッピングするときや、食事をともにした友人と割り勘をするときにも利用される。

ルワンダで、もうひとつ注目されているのがドローンによる輸送事業だ。首都キガリから車で1時間ほどの郊外に、米国のスタートアップ企業Zipline(ジップライン)が運用するドローン専用空港がある

「ICT立国」を国家戦略に位置付けた。アフリカでの知識集約型産業におけるハブとなる、さながらアジア地域におけるシンガポールを目指した戦略

ルワンダ政府は仕掛けています。

■ケニアではモバイル決済が全体の8割に

ケニアでは携帯電話加入者の約8割がモバイル決済を利用しているとの調査結果もあり、一般的なレベルまでモバイル決済が普及している

ケニアのIHUBは創立からわずか3年で1万人以上のメンバーを抱え、150ものスタートアップを生み出してきました

まさにHUBと呼ぶにふさわしい、ビジネスパーソンやテクノロジー系人材のコミュニティになっています。

なんとケニアのインターネット利用者数は人口比の約90%(2016年時点)。日本のインターネット利用率は83%(2015年末時点)なので、なんと日本よりもケニアのほうが利用率が高い

1 2