1. まとめトップ

福岡市の公務員の難易度や倍率と志望動機の考え方は?筆記のボーダーラインは何割か?

福岡市の公務員試験の難易度や倍率はどれくらいか?面接対策での志望動機の考え方は?筆記試験のボーダーラインは何割くらいか?について書いてみました。

更新日: 2018年03月28日

2 お気に入り 36871 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

福岡市の公務員試験の難易度は?

福岡市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系4上、技術系4という程度でしょうか。

福岡市の採用試験も、1次試験と2次試験があり、1次試験は筆記試験があり、教養試験は国語、社会、英語など知識試験と数的処理や判断推理などの知能試験があります。専門試験は法律と経済、財政、国際、政治などの分野から出題されます。

筆記試験は7割程度点数が行けば、だれでも合格できるので、ここで落ちるのはもったいないといえます。

2次試験で口述試験、身体検査、論文試験などがあります。

2次試験合格イコール採用ではなく、総合成績の上位者から順に採用されていきます。
条件をするのであれば、1次の筆記試験でまず落ちないようにしましょう。

個人面接は上の人の好みとかも入るので、筆記試験に比べれば対策は難しいですが、それなりの対策もあります。

福岡市の公務員試験の難易度はどれくらいでしょうか?福岡市の公務員試験の難易度に関しては、全体的にはそれなりに高いと思います。地方上級のレベルですし、問題も難しいと思うので。そして、福岡市の公務員試験の倍率もそこそこあるので、福岡市の公務員試験の難易度のは割と高いと言えると思います。福岡市の公務員試験に受かるにはまずは筆記試験に通らないといけませんが、福岡市の公務員試験の筆記対策は大変だと思います。福岡市の公務員試験は地方上級のレベルになると思いますが、地方上級は問題がかなり難しいですから。福岡市の公務員試験の筆記対策は時間をかけてやらないといけません。福岡市の公務員試験の難易度に関しては高いと思うので、まずはそこを理解しておきましょう。福岡市の公務員試験の難易度に関しては、実際に過去問を解くと分かりやすいと思います。また、二次試験以降の対策もあります。福岡市の公務員試験の面接対策も重要なので、そこも含めると、福岡市の公務員試験に受かるにはかなり大変な対策が必要だと思います。福岡市の公務員試験の筆記対策がまず重要なので、そこに関しては過去問を使って、勉強をしていってほしいと思います。

福岡市の公務員試験の倍率はどれくらい?

福岡市の公務員試験の倍率はどうなっているのでしょうか?福岡市の公務員試験の倍率に関しては、大卒程度の行政事務について見ていきますけど、福岡市の公務員試験では行政事務が行政、福祉、心理に分かれています。行政は30人前後くらいの募集となっていますけど、それ以外は若干名になることもあり、募集人数は少ないです。したがって、そういったところを踏まえて、福岡市の公務員試験の倍率をチェックしないといけないのですが、福岡市の公務員試験の倍率のうち、行政は15~20倍くらいで、これは心理も同じくらいです。福祉は25倍程度あるので、この中だと福岡市の公務員試験の倍率が高い方になります。多くの受験生が受ける行政について細かく見ていくと、一次試験の倍率がまずとんでもなく高いです。福岡市の公務員試験の筆記の倍率は10倍近くあります。そして、二次試験の倍率は1.5倍くらいとなっているので、福岡市の公務員試験は筆記重視のように見えます。福岡市の公務員試験の倍率はその年によって詳細は変わると思いますけど、福岡市の公務員試験の筆記の倍率がまずとんでもなく高いので、福岡市の公務員試験の難易度は非常に高そうです。全体の倍率が高いので、その時点で福岡市の公務員試験の難易度は高いです。福岡県庁も公務員試験の難易度は高いと思いますが、倍率を見ると、福岡市の公務員試験の難易度も高いです。福岡市の公務員試験の筆記の倍率はかなり高いので、福岡市の公務員試験の筆記のボーダーラインも相当高い可能性があります。福岡市の公務員試験の筆記のボーダーラインに関しては予想しかできませんが、高いと思います。福岡市の公務員試験の面接の倍率はそこまで高くないです。福岡市の公務員試験の面接の倍率を考えるとそんなに高くはないので、筆記対策をいかにするか?で福岡市の公務員試験に受かるか?どうかが決まります。福岡市の公務員試験の面接の倍率に関しては良いとしても、福岡市の公務員試験の筆記の倍率は非常に高いので、そこは福岡市の公務員試験の特徴として知っておきましょう。

福岡市の筆記試験のボーダーラインは何割くらい?

公務員試験の勉強については、試験種にもよりますけど、だいたい6割前後くらいで受かると思います。ただ、市役所とかはどの市役所を受けるか?によって合格ラインが変わってきます。それらは主に倍率が違うのです。都道府県庁や市役所は、倍率が低いと筆記試験は2倍くらいで、高いと5倍以上とかあります。2倍くらいだと、中には半分くらいで一次試験突破してしまうケースもありますし、高い場合の派6割~6割5分くらいいる場合もあるかもしれません。だから、1番低いと思うのが7月、9月にある市役所B日程、C日程で、これらは5割くらいあれば、十分一次試験を合格できるケースが多いです。

ただ、高いところは国立大学法人のように、7割くらいいるところもあります。公務員試験では、どんなに高くてもボーダーは7割くらいでしょう。それ以上あるところはなかなかないと思います。それらを平均すると、だいたい6割くらいあれば一次試験は通るということですから、そこを目指していけば良いのではないでしょうか?6割前後あれば、たいていの試験種は合格できると思います。ただ、これは択一試験だけの話であって、試験種によっては論文や専門記述といった試験が一次試験で課される場合があります。その場合には、そっちもある程度できないと択一の方で6割を越えていて、十分合格レベルに達していると思われても、一次試験で落とされてしまうこともあるので注意しましょう。一次試験の対策は、試験種によっては択一試験だけではなく、論部にゃ専門記述の方もしっかりとやっていかないといけないのです。

福岡市の公務員試験の筆記のボーダーラインはどうなっているのか?についても知っておきたいところですが、確実な予想はできません。一般的には6割あれば受かるというのが公務員試験の筆記試験ですが、福岡市の公務員試験の筆記の倍率はとんでもなく高いので、この傾向が続くとなると、福岡市の公務員試験の筆記のボーダーラインは高そうです。65%くらいがボーダーラインになるかもしれないのです。福岡市の公務員試験の行政事務の行政は一次試験が教養試験、専門試験、面接試験で、二次試験が論文試験と面接試験で、面接が一次試験からあるみたいなのですが、面接の点数も加味されるとなると、福岡市の公務員試験の筆記のボーダーラインはより分からなくなります。というのも、面接試験の点数は読めないからです。だから、福岡市の公務員試験の筆記で高得点をとっても、面接がダメだと落ちる可能性もありますから、福岡市の公務員試験の筆記のボーダーラインは予想してもしょうがない可能性があります。ちなみに福岡市の公務員試験の配点に関しては公開されています。福岡市の公務員試験の筆記の配点は教養と専門が100点、論文が40点で、面接が180点と200点ということで、福岡市の公務員試験の配点を見ると、実は人物重視なんじゃないか?と思えてきます。福岡市の公務員試験の一次試験の倍率は高いですが、福岡市の公務員試験の筆記と面接の配点を見ると、人物重視の自治体ではないか?と思えてくるのです。福岡市の公務員試験の試験科目なども調べてほしいですけど、福岡市の公務員試験の配点も受験案内に載っているので、最新のものを自分で調べておきましょう。福岡市の公務員試験の配点や試験科目というのは、変更になる可能性がありますから。福岡市の公務員試験を受ける人は受験案内は確実にチェックしておいてほしいです。

福岡市の公務員試験の志望動機の考え方は?

福岡市は,人口が毎年1万5千人ずつ増加し,観光客も過去最高の2千万人に近づくなど,たくさんの人に選ばれるまちになっています。日本全体では首都圏への人口集中が続き,多くの地方が持続可能なまちづくりに課題を抱える中,人や物が交流し,活気にあふれる福岡市には,新たな地方のモデルとして果たすべき役割があると考えています。また,市政に関する意識調査で,市民100人のうち97人が「福岡市が好き」で,96人が「住みやすい」と感じ,93人が「住み続けたい」と答えています。これは先人たちの努力の賜であり,市民がまちに誇りや愛着を持っていることは大きな強みです。

これからは行政が税金だけでまちづくりをする時代ではありません。福岡市は,市民や企業の皆様とともに「都市の成長」と「生活の質の向上」の好循環を加速させる様々な事業に取り組んでいきます。そして福岡市は,福祉などの市民サービスを直接担う基礎自治体でありながら,都道府県と同じ権限を持つこともある「政令指定都市」です。福岡市職員の仕事は,現場の声をスピーディーに施策に活かすことができるとてもやりがいのある仕事です。
 ぜひ,私たちと一緒に,市民のチャレンジを後押ししていきましょう!

福岡市が求める人材は,市民全体の奉仕者として,市民の声に耳を傾け,市民に説明責任を果たすことができるコミュニケーション力を持ち,市民や職場の仲間たちと信頼関係を築き,困難な状況にあっても,責任感と積極性をもって自分に課せられた仕事に取り組むことができる人です。

職員は様々なプレッシャーや厳しい状況下におかれることもあります。福岡市職員には仕事の安定を求めるような「守り」の姿勢ではなく,困難に立ち向かう姿勢を持った人材が求められています。

市民の声に耳を傾け,市民とともに考え,市民のカを引き出して,豊かな市民生活と活カあるまちづくりに情熱と誇りを持って取り組む。
行政のプロフェッショナルとして,自己研鑽に努め,豊かな感性と高い専門的能力を持って,具体的な成果の達成に向けて,創造的に行動する。

自らの使命(ミッション)を自覚し,たくましい心を持って,新たな課題の解決に向けて,失敗を恐れずに果敢に挑戦する。
全体的・長期的視点を持ち,組織を越えて連携し,日々,事務改善に努めて,自律的に自ら担当する事務事業の効率的,効果的な実施を図る。

福岡市の公務員試験の志望動機の考え方はどういったものが良いのでしょうか?福岡市の面接対策での志望動機の考え方に関しては、福岡市がどのような人物を求めているのか?ということについて知るところから始めていくと良いと思います。要するにこんな人物が欲しいと言っているところに、自分にはその適性があるからこそ、福岡市で働きたいという流れになれば、福岡市が求めている人が働いてくれることになり、それは福岡市で働くべき人の条件を満たした人が働くことになるので、福岡市にとってもメリットは大きいです。したがって、福岡市の公務員試験の志望動機の考え方に関しては、福岡市の求める人物像に関して理解をすることがまず重要になるのです。福岡市の面接対策では志望動機や自己PRは確実に聞かれますが、それ以外でも面接では聞かれることが多くあると思います。福岡市の面接で聞かれることに関する対策をしておくと、それだけ本番の面接で的確な回答ができるケースが増えることがありますから、福岡市の面接では聞かれる質問への対応はしておいた方が良いです。福岡市の面接での志望動機や自己PRの考え方だけではなくて、公務員試験では全般的に聞かれることがあるので、福岡市の面接で聞かれる質問を予測するときにはそういったものもちゃんと調べていきましょう。予備校にはそういうデータが膨大にあると思うので、予備校に通っている人は福岡市の面接対策での聞かれる質問への対応はしやすいかもしれません。福岡市の公務員試験に受かるにはとにかく人物重視の中で面接対策でどれだけ頑張れるか?というのは大切なのです。

1