1. まとめトップ
  2. 雑学

え!「ソメイヨシノ」がクローン!?【桜】に関する「雑学」あれこれ!

春になると人々を楽しませてくれる桜!そんな桜の雑学をまとめました。

更新日: 2018年04月07日

31 お気に入り 15208 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日本の桜はほとんどがクローン

ソメイヨシノは日本の桜の80%を占めています。
このソメイヨシノは接木(つぎき)で増えているクローン。おなじ時期にいっせいに花を咲かせるのはクローンだからと言われています。

日本で植えられているソメイヨシノは全て1本の原木から接ぎ木によって全国に広まったものであることが分かっています。

そーいえば ソメイヨシノがクローンだって事 この間のテレビ番組で初めてしった。

ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの交雑種でソメイヨシノ同士では種を作れない(発芽能力がない)から、この世の全てのソメイヨシノは接ぎ木で増えたクローンである。 なので、同様の気候条件になったときに一斉に開花するから桜前線があるわけだ。

千円札の桜模様には秘密があった

千円札に描かれている桜のめしべ部分にごく小さくニホンと書かれています。

実は千円札の裏の桜が描かれているところに小さくカタカナで「ニホン」と書かれています。 すごく小さいのでわかりずらいと思いますがぜひ見てみてください! まるされてるところです。 pic.twitter.com/UrD8wwg42Q

テレビで見たら「ニホン」って書いてあった 千円札の裏の桜 ピントが合わない pic.twitter.com/tahmDGjPVD

お世話になっている先輩から 教えて頂いた知らなかった事実… 千円札の桜にはニホンの文字が pic.twitter.com/OhMXZEBuSF

お札3種の裏表にそれぞれカタカナでニホンと小さく印刷されてるそうだけど千円札のうらを見てたら桜の花の雄しべの先にニとンを探せた あとホが見つけられない あ~目がチカチカする pic.twitter.com/jF1c2O1OYx

桜の木の下に雑草が少ないのはなぜ?

桜の葉には、「クマリン」という毒があり、雨水で地面に落ちて広がります。
その結果、他の植物の生育を阻害するといわれています。

桜には毒があるって知っていました?「クマリン」っていう毒。名前はとってもかわいい感じ。自分の成長を守るために、木の周囲の雑草が生えるのを抑えているとか… 桜の香りもこのクマリンから。毒性は強くはないらしいですが、ちょっとびっくりです。キレイなだけじゃなく、ちゃんと自分を守ってる。

桜だった imimatome.com/zatugaku/shoku… 葉に毒性があって、雨水と一緒に毒が広がり雑草類が生えないようにしてるそうな… pic.twitter.com/Wl0D9OAir0

とは言え、人体にはそう強い影響はないので、
桜餅程度の少量なら問題はない、とのことです。

桜はバラの仲間

【豆知識】今年の桜もきれいだね♪ みんなが目にする桜、実はバラの仲間って知ってる?(゜o゜)サクラ科という分類はなく、『バラ科サクラ属』という分類に入るんだって~!ちなみにイチゴは『バラ科イチゴ属』、リンゴは『バラ科リンゴ属』なん… twitter.com/i/web/status/8…

梅と桃と桜、見分け方難しいけど、あれ全部バラ科だから。 「バラの仲間だよ」って言っとけば間違いないかと

新宿御苑で鬱金桜を観てきました。私はこの桜を見ると「桜ってバラの仲間だよなぁ」としみじみ思います。 pic.twitter.com/Ses0wyuZfm

ソメイヨシノは地名から名づけられた

江戸時代末期、園芸の盛んだった染井村の植木屋によって、江戸にいながら奈良吉野の桜がみられると称して「吉野桜」と名付けて売り出したのが始まりといわれています。その後、奈良の吉野桜と区別するため、「ソメイヨシノ(染井吉野)」と正式に命名されました。

染井吉野桜記念公園! 駒込のこの辺りは江戸時代には染井と呼ばれていて、植木の一大生産地だったそうです。ソメイヨシノはここで生まれた園芸品種です。 pic.twitter.com/tupAzI586w

そうそう、駒込駅前には桜の模様の郵便ポストがあります。江戸時代、この周辺が染井村といい、ソメイヨシノ発祥の地であることにちなんでます。 pic.twitter.com/JUMFH3Hyqu

1 2