駒込が染井よしのサクラ発祥の地を表す説明板のある公園 by アマナイメージズ

江戸時代末期、園芸の盛んだった染井村の植木屋によって、江戸にいながら奈良吉野の桜がみられると称して「吉野桜」と名付けて売り出したのが始まりといわれています。その後、奈良の吉野桜と区別するため、「ソメイヨシノ(染井吉野)」と正式に命名されました。

この情報が含まれているまとめはこちら

え!「ソメイヨシノ」がクローン!?【桜】に関する「雑学」あれこれ!

春になると人々を楽しませてくれる桜!そんな桜の雑学をまとめました。

このまとめを見る