1. まとめトップ

歯の矯正を考えている女性必見!東京にあるおすすめの矯正歯科を徹底検証!

歯並びが気になっていると見た目も悪く、虫歯にもなりやすいため、歯の矯正を考えている方もいるのでは?でも、歯の矯正をやってくれる矯正歯科は、どんな基準で選べば失敗が少ないのかはわかりにくくなっています。これから歯の矯正を受ける方が、絶対に失敗しない基準を紹介します。

更新日: 2018年04月03日

1 お気に入り 5474 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuki02yuko15さん

矯正歯科の治療内容

矯正歯科にはいくつかのやり方があります。

ワイヤ―やブラケットを使う矯正や、ワイヤーを使わないワイヤレス矯正、歯の裏側につける舌側矯正など、いろいろな矯正装置があります。患者様のご希望によって治療は様々です。

矯正歯科で昔から使われてきた方法です。

歯の表側に接着する金属性のブラケットです。矯正治療と聞いて多くの人が想像するのが、この金属製のブラケットではないでしょうか。

ほかの矯正装置に比べて、費用が安いため矯正治療を安価に抑えることができます。また、多様な症状に対応することができます。

金属が目立たないようにしたブラケットです。

目立たない表側装置は裏側の装置やインビザライン(透明なマウスピース装置)に比べ、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。費用、期間、仕上がり重視の方にお勧めの治療です。

こちらも様々な歯並びに対応でき、ブラケット自体は白色もしくは透明で目立たないものの、ワイヤーは見えてしまいます。

ワイヤーを使わない矯正歯科の方法です。

日本で行われる「マウスピース矯正」は、症状の軽い歯並びを整える際に使用したり、ワイヤー矯正である程度整えてから仕上げに使用するケースが多いです。

心配な方は事前にパッチテストを受けることも可能ですが、付けている間に発症する例も珍しくはありません。すでに金属アレルギーである・不安だという方でも、金属不使用のマウスピース矯正なら安心安全に歯並びを綺麗にできます。

良いクリニックの選び方

歯を矯正することでたくさんのメリットが得られると感じた方は、矯正歯科選びをチェックしてみましょう。

矯正治療は終了したものの、正中(口の中心)がずれてしまっていて食べ物がよく噛めなくなってしまうケースがあります。矯正したことで顎が左右にズレてしまい、見た目にも顔が歪みます。

最初の説明と違って、いつまで経っても治療が終わらない
歯並びは良くなったが、口元が突出してしまい口元が閉じなくなった(最初に説明が無かった)

約2年間かけてあごを広げそろそろ矯正治療も終わりかけた頃、突然担当医から、最初に説明を受けたような"美しい口元"にはできないことを告げられました。「やっぱりインプラントは入らない」と言われたそうです。「あごを広げることでインプラントを入れるためのスペースを得られる」という予測を立てて始めた治療ですが、予測が甘くて実際には計画通りにあごを広げることができなかったのです。

歯の矯正は「矯正歯科におまかせすれば、ちゃんと直る」と思われがちですが、実際には失敗例は少なくないようです。
だからこそ、失敗しない矯正歯科を選ぶ必要があります。

歯の矯正、歯科医院選びは大事。お友達さんが失敗したから、悩むなあ。

@karintouted そうなの〜筋肉剥がしたり切ったりもするからなかなか長いの食事制限もあるし 歯の矯正も時間かかるから困るよねできれば子供時代に済ませられてたら良かったといつも思う… 老後も怖いけど医者選びちゃんとしな… twitter.com/i/web/status/9…

当たり前ですが、歯の矯正をするには、矯正歯科医がいる歯医者さんを選ぶ必要があります。

歯科治療は担当医の知識・経験に大きく左右されます。どこで治療するかよりも誰に治療してもらうかという点が非常に重要になるのです。歯周病や矯正など複数の診療科目を掲げている場合それぞれ担当する先生が異なることもあります。

矯正治療を受けるにあたってはまず矯正治療の技術・経験を持つ医師を見つけることが成功のカギです!

歯を矯正するためには矯正歯科医だけがいればよいと思ってしまいますが、実は総合的な判断も必要となってきます。

「歯並びを治したいから、矯正歯科」「前歯を白くしたいから、審美専門歯科」…普通はそう考えてしまうと思います。しかし1つに特化した治療では、審美性・機能性、2つを併せ持った"機能美"に優れた、お口の中の健康を作り上げることは不可能です。

専門性に強い歯科クリニックは、得意な専門治療をどうしても勧める傾向があるといいます。虫歯に悩んでいた親戚が「上手だよ」と言ってたのを聞いて、自分もその歯医者へ入れ歯の相談をしに行ったら、強くインプラントを薦められた。専門性をよく理解せずに歯科医を訪れ、そういうものかと先生の言うままにインプラントを受けた。

1種類だけの歯科矯正しか扱っていないと、それしか選ぶことができません。

最近では、透明で目立たない矯正器具や取り外し可能なマウスピース矯正など様々な矯正治療が登場しています。一人ひとりに最適な治療法を選ぶために、様々な治療法があるクリニックを選ぶとよいでしょう。

従来はメタル色のワイヤーが主流でありましたが、ワイヤー自体も白いものが様々な矯正材料メーカーから登場しています。

最近は目立たない歯科矯正の方法も登場しているため、ニーズに合わせて選べる矯正歯科を選ぶことが大切です。

1 2