1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

まさかの連ドラ化まで…SNS発の恋愛漫画が面白すぎ!

最近SNSで人気の恋愛漫画の勢いがすごいのをご存知ですか?「先輩がうざい後輩の話」,「パティシエさんとお嬢さん」,「私たちは付き合っていない」…そして「やれたかも委員会」!書籍化からまさかのドラマ化まで…今後の展開が気になる作品についてまとめてみました。

更新日: 2018年03月30日

58 お気に入り 51000 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

中毒性高い…ダイヤの原石はネットにあった!

critical_phyさん

待望の書籍化!「先輩がうざい後輩の話」に注目!!

「先輩がうざい後輩の話」1巻が、3月28日に発売された。「先輩がうざい後輩の話」は、ガサツだが面倒見のいい先輩・武田と、彼の後輩・五十嵐の関係を描くラブコメディ。著者のしろまんたが自身のTwitterなどで発表し、話題を集めた作品。

第1話を投稿後、多くの共感と絶賛のコメントが寄せられました。お話は「先輩がうざい」と思っている後輩と、大柄で活気のある先輩との絡み合いから物語は始まっていきます。

書籍化決定の朗報に、ファンからは「絶対買う」「待ち望んでたから嬉しい」と、喜びのコメントが相次ぎました。最新話が公開されるたびに、読者の心をキュンキュンさせていた同シリーズ。

癒ししかない…「パティシエさんとお嬢さん」は何度も読み直したくなる!

超奥手なパティシエと女性客のじれったい恋愛模様を描いたマンガ「パティシエさんとお嬢さん」が、Twitterで「ほっこりしすぎる」「ニヤニヤが止まらん」と多くのユーザーに癒やしを与えています。

2017年9月4日に銀泥が自身のTwitterにて“勢いだけで描いた”作品は瞬く間に共有・拡散され、その日のうちに書籍化のオファーが来たという。

尊すぎる純白ラブコメが待望の書籍化!! イケメンパティシエと天然ふわふわお嬢さん、 心の中で叫びがちな二人の両片想いの行方は……?

ラストまで2人の名前が出てこない、カチューシャさん、パティシエさんと呼ぶ、このもどかしさ!じんわりと距離が縮まっていく過程が何とも言えずキュンキュンします(*^^*)久し振りに当たりを引きました〜!

主人公の女性のファッションも季節を感じられるように工夫されていて可愛らしく、作者のセンスの良さを感じた。漫画にかわいさを求めておられる方にも是非オススメしたい一冊。twitter版にはないお話も収録されており、twitter経由のファンも満足できるのでは。

「いいねボタンの連打機能がほしい」「パティシエさんがんばれぇ!」「続きどうなるんだ」と大勢をやきもきさせているもようです。

パティシエさんとお嬢さん再入荷されたからやっと買えた…読んだ…心がギュンギュンした…最高かよ…むっちゃ…最高………

こんな関係アリかも!?「私たちは付き合っていない」にハマる人多し!

話題の新鋭sugiyaが描いた4ページ漫画がこの一冊に!「私たちは付き合ってない」「彼氏絶対殺す彼女VS彼女絶対落とす彼氏」など話題を呼んだ作品を収録した珠玉の作品集。描き下ろしも漫画も多数掲載!

「彼氏が欲しい。」「彼女が欲しい。」そう願う人もきっと多いと思うが、付き合わないで”お互い楽な関係”でいることもいいなと思ってしまうような漫画。

表題作の4P漫画「私たちは付き合っていない」は、もともとTwitterで公開され10万RT超え。

短編集なので、一つの話がすぐ読めます。軽い気持ちで読む分には、お値段以上の価値があると思います。ただ、色んな話が収録されているので、好き嫌いが分かれる話もあると思います。

本になったのが本当に嬉しいです!SNSで見てて、大好きな作品がたくさん入ってて最高でした! 絵は可愛いし、お話は素敵です。たまに、ちょっと刺さる話もあって、それも好き。

『何も考えず、一人でぽつぽつはじめた週刊漫画企画でしたが、多くの菩薩様にかまっていただけで、今回このように想像したことのない人生のルートを歩ませていただくに至りました。これもひとえに見つけてくださった皆様のおかげです』

漫画「私たちは付き合っていない」の関係が一番幸せで平和だと思う。こういう関係に憧れる。

まさかの連ドラ決定…異例の恋愛漫画「やれたかも委員会」をご存知ですか?

吉田貴司の漫画『やれたかも委員会』が連続テレビドラマ化され、4月からMBS、TBSで放送される。

「あのとき、もしかしたら、あの子とやれてたかもしれない」という思い出を持つ人々が体験談を語り、聞き手となる委員会メンバーが「やれた」か「やれたとは言えない」かを判定していくマンガ。Webメディアのcakesにて掲載されている。

Twitterなどで話題となり、1月にはお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんの単独主演によってAbemaTVで実写ドラマ化されました。

1 2