1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

恋の炎が燃え上がる!最近の「老人ホーム」で行われていること

最近の老人ホームではあちこちで「恋の炎」が燃え上がっているようです。

更新日: 2018年03月30日

14 お気に入り 68829 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■老人ホーム

有料老人ホームとは高齢者が暮らしやすいように配慮された「住まい」で、食事サービス、介護サービス(入浴・排泄・食事など)、洗濯・掃除などの家事援助、健康管理のいずれかが受けられます

軽費老人ホームは、60歳以上で、自立して生活することに不安がある身寄りのない人、家族による援助を受けることが困難な人などが入居できる老人福祉法で定められた施設

有料老人ホームの入居条件は原則65歳以上の施設が多いですが、50歳以上であれば可能など、独自の基準を設けている施設もあります

■そんな老人ホームのイメージといえば

ばあちゃんが老人ホームに入った。ネガティブなイメージあったけど良いところだった

老人ホーム、イコール暗いイメージなのかな? 現実はそうではないと思うが。 #やすらぎの郷

老人ホームは老害というより老い先短いことを察して静かな人が多いイメージ

@0_u_n_0 そうなんですね!私の母も老人ホームですけど、1回行ってみたら凄く静かでした(´・ω・`)

ベラルーシの立ち入り制限区域近くの老人ホーム 元々は学校でしたが、子供達が生活するには線量が高いため、老人ホームになりました。とても静かな時間が流れています。 pic.twitter.com/Zh457nk7hr

■しかし「恋の炎」が燃え上がるという熱いホームもあるという

人間、いくつになっても異性を求めてしまうんですねえ。70~80代同士の恋愛なんて、ざら。

老人ホーム内でも困った問題が起きているのです。その典型的な例が老人ホーム内で多発する恋愛関係のトラブル

養護老人ホームに毎週通って入居者の方に話をうかがいましたが、そこでは多くの高齢者が自由に恋愛をしていました。

伴侶を亡くした人も、新たに出会った人に初恋のような純粋な想いを抱く。老人ホームの生活ではそのような恋に落ちる人は少なくない

別の施設では、恋愛関係になった入所者を介護職人がモーテルまで送り、後で迎えに行くことをしているところもあった

熟年世代は、「キャンパス内」ならぬ「ホーム内恋愛」を大いに楽しんでいる。妻に先立たれ6年前に入居したB氏(68)は、「いま人生で一番輝いている」と、体験談を語る。

■このような「ホーム内恋愛」。思わぬメリットがあるという

異性とのスキンシップや恋をする効用で、老人ホーム入所者の食事や着替え、移動、入浴など生活上不可欠な基本的な行動の「日常生活動作」(ADL)が向上する

同じ程度の認知症をもった人を話し相手にすると、まったく穏やかに2人で会話することができる

2人の会話はロジックは崩壊していますが、相手の雰囲気を感じ取って、会話(みたいなもの)を楽しむ、という認知症カップルもいます

■逆に問題点もある。どちらかというとこちらの比率の方が高そうだ

高齢者の恋愛で、ハッピーエンドで終わったケースは残念ながらほとんどありません。人生の最後で見つけた相手という思いがあるのか、執着が強いからです

どちらかが執着心に駆られるとふたりの間に温度差が生じトラブルに発展する。ストーカーのような異常行動に走る人もいます

1 2