1. まとめトップ

静岡県の公務員の難易度や倍率と志望動機の考え方!筆記のボーダーラインは何割くらいか?

静岡県庁の公務員試験の難易度や倍率はどれくらいか?面接対策での志望動機の考え方や筆記試験のボーダーラインは何割か?について書いてみました。

更新日: 2018年04月01日

0 お気に入り 1088 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

静岡県庁の公務員試験の難易度は?

静岡県の採用試験の難易度もそれなりに高いです。

静岡県の大卒程度採用試験の難易度は5段階評価のうちで、事務3上、技術3上という程度でしょうか。難しいと言えるレベルまでではないですね。

試験は1次、2次試験制を採っています。

1次試験は教養や専門などの択一、記述の筆記試験、論文試験など、2次試験が個別面接、集団討論、適性検査などの試験が実施されるはずです。

教養試験は択一式で50問中で40問を選択解答、専門は40問を全問解答してもらいます。

筆記試験は7割前後、7割5分の点数があれば確実に合格できる試験ですので、ここで落ちるのはもったいないといえます。

だいたい行政事務の1次試験合格率は4割程度、技術系は最終合格者数の2-3倍程度の人数が生き残ることができるというレベルです。

最終試験合格=即採用ではなく、総合成績の上位者から順に採用されていきます。
公務員採用試験の一番の考えとしては、筆記試験である1次試験でまず落ちないようにしましょう。

面接試験は好みとかも入るので、筆記試験に比べれば対策は難しいですが、それなりの対策もあります。

働いている先輩とコンタクトをとるなり、静岡はもちろん、都心や名古屋などの公務員専門学校などもあるので、なるべく東京とかの方が情報は多いと思うので、行くことのできる方などはそちらからも情報を仕入れてみてもいいでしょう。

静岡県庁の公務員試験の難易度はどうなっているのでしょうか?静岡県庁の公務員試験の難易度に関してはそこまで高くはないようですけど、県庁のレベルなのでそれなりには難しいです。静岡県庁の公務員試験の難易度に関しては、それなりにあると思うので、やはり筆記対策からちゃんと取り組んでいきましょう。静岡県庁の公務員試験の難易度についてはやはり筆記試験のレベルが高いということで、それによって難しいと言えると思います。静岡県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインがどれくらいになるのか?というのも気になると思いますけど、静岡県庁の公務員試験の難易度は筆記試験が重要です。筆記対策でどれだけ真剣に取り組むことができるのか?というのが大きいですから、しっかりと計画的に筆記対策に取り組んでいきましょう。静岡県庁の公務員試験の倍率が分からないと、静岡県庁の公務員試験の難易度は判断がしづらいと思うので、静岡県庁の公務員試験の倍率に関しても紹介をしていきたいと思います。静岡県庁の公務員試験の難易度はそういったデータからもチェックしておいてほしいと思うのです。県庁のレベルになると、地方上級なので採用試験はかなり難しいですけど、静岡県庁の公務員試験になって働きたいと思っている人は、ちゃんと真剣に筆記対策と面接対策をして、本番に臨んでいきましょう。

静岡県庁の公務員試験の倍率はどれくらい?

静岡県庁の公務員試験の倍率はどうなっているのでしょうか?静岡県庁の公務員試験の倍率に関しては、大卒程度の行政職に関しては従来型と総合型という2つの採用方式があります。従来型の方が募集人数も多いですし、倍率も低いので、こちらがメインになりそうです。静岡県庁の公務員試験の倍率では従来型は3~4倍くらいで、総合型は5~10倍くらいと、年度によってかなり差があります。静岡県庁の公務員試験の難易度では総合型の方が難しいと言える可能性があるのです。静岡県庁の公務員試験の倍率に関しては従来型と総合型で違っているので、そこはまず認識しておきましょう。静岡県庁の公務員試験の筆記の倍率は従来型が約2倍で、総合型は2倍強となっており、面接試験の倍率は従来型も総合型も2倍強くらいです。つまり、違いがあるのは静岡県庁の公務員試験の筆記試験の倍率ということになります。ただ、これは年度によっても変わりますから、静岡県庁の公務員試験の倍率についてはリンク先から、過去の傾向をチェックしておきましょう。あとは静岡県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインも重要です。静岡県庁の公務員試験の倍率については筆記と面接でどうなっているのか?についても傾向は知っておいてほしいですが、静岡県庁の公務員試験は地方上級なので、問題のレベルが高そうですし、静岡県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインが何割なのか?によってかなり状況が変わりますから、そういった情報もチェックしておきましょう。

静岡県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインは何割か?

静岡県庁では、筆記試験は勉強自体は結構大変だと思いますけど、勉強した割にはあまり絞られないので、ボーダーも思ったほど高くないのではないでしょうか?正確な数字は分からないものの、倍率から察するに全国的に見ても低い方じゃないか?と思います。55%くらいあればかなり受かる確率が高そうな気がします。筆記試験を頑張らなくて良いということではないですけど、面接試験の方が比重が高そうだということは言えると思うので、勝負は面接試験のスタートに立ってからという意識、面接試験こそが本番で、ここが最大の難所になるという感じでしょうか?

他の試験種も併願するでしょうから、筆記試験の勉強はもちろんちゃんとやっていくと思いますから、それで静岡県庁もある程度対応が可能でしょう。筆記試験の前には静岡県庁のホームページで受験案内を見て、出題科目をチェックしたり、出題のされ方、選択問題はあるのか?どれが必須回答なのか?など、あと、論文試験はあるのか?二次試験以降で人物試験の内容は?なども細かく見ておいて対策をしていくと良いでしょう。静岡県庁の難易度は面接試験がやや高いという印象ですけど、全国的にはそこまで高くはないのかもしれないです。でも、ちゃんと勉強から面接の対策まで気が抜けないと思います。

静岡県庁の筆記試験のボーダーラインは何割くらいか?というと、従来型に関して言えばそこまでボーダーラインは高くないと思います。総合型はそもそも選考内容や筆記試験の内容が従来型とは違う可能性があるので、受験案内で確認をしておいてほしいのですが、静岡県庁の筆記試験のボーダーラインに関しては地方上級の問題のレベルということを踏まえると、そこまで高くはないと思われます。6割を超えれば一次試験に通過する可能性はかなり高いと思いますけど、そこまでいかなくても静岡県庁の一次試験のボーダーラインは超えている可能性もあります。静岡県庁の筆記試験のボーダーラインに関しては、正確な予測はできませんが、静岡県庁の筆記試験で高得点をとるのが難しいということを考えると、静岡県庁の筆記試験のボーダーラインはそこまで高くはないという予測になるのです。55%くらいでも静岡県庁の一次試験のボーダーラインを超える可能性はあると思いますから、静岡県庁の筆記試験のボーダーラインはそれくらいを目安に考えておくと良いかもしれません。6割を目標にして、静岡県庁の公務員試験の筆記対策をしていくと良いのではないでしょうか?静岡県庁の公務員試験に受かるには筆記対策も重要ですが、さらに面接対策も重要になります。静岡県庁の面接で聞かれることに関して対策をしていきましょう。静岡県庁の公務員試験の面接で聞かれることと言えば、やはり志望動機は欠かせないので、そこについても考えておいてほしいと思います。

静岡県庁の面接対策と志望動機の考え方

静岡県は、県民が豊かさを感じ快適に暮らせる地域を創り、守るため、福祉、環境、産業、まちづくり、教育など、生活に密着した分野ごとに計画を立案し、実現しています。国、市町、企業等と連携を図り、事務・技術様々な職種の職員が、それぞれの強みを生かして事業を展開しています。仕事のフィールドは静岡県庁(本庁)のほか、県内各地にある県の出先機関と県全域に広がっています。「富国有徳の理想郷“ふじのくに”づくり」を県政運営の基本理念に掲げ、「住んでよし 訪れてよし」「生んでよし 育ててよし」「学んでよし 働いてよし」の理想郷の実現を職員全員で目指しています。

採用試験においては、人物を重視し、面接試験の配点を高くしてより人物を重視した試験を実施しています。「公務員試験は筆記試験が大変・・・」という声も聞かれますが、ご安心ください。静岡県では、従来の試験制度に加え、教養・専門試験を廃止し総合能力試験を実施する行政「総合型」を新たに導入しています。静岡県の一員として活躍できるこの機会をぜひ見逃さずに。広く地域に貢献できる仕事を目指す方は、静岡県職員に注目してください!

1回目は、集団討論と、個別面接。2回目は、個別面接です。
1回目の集団討論では、9人で、40分程度の面接時間でした。お題は当日発表です。グループごとによって、お題は違ったようなのですが、突拍子もないようなお題はないように思われます。
1回目の個別面接は、30分程度で、4人の面接官がいました。基本的には、面接カードに沿って、質問をしてくる掘り下げ形式ですが、特に、県で行なっている政策や、やりたい分野などについては詳しく聞かれた記憶があります。
2回目の個別面接は、10分程度で、2人の面接官です。私は、若干圧迫かな、と感じましたが、人によって感じ方は違うみたいです。志望動機や、県の政策などを詳しく突っ込まれました。
どの自治体を受けるにしても、自治体の行なっている政策などは、調べておきましょう。

静岡県庁の面接対策については、まずは静岡県庁が面接重視であるということを知っておきましょう。静岡県庁の面接の配点は高いのでしょう。筆記試験の配点よりも高いのでしょうから、静岡県庁では人物重視の採用となっているようです。面接試験などの、筆記試験と比べて曖昧な基準、採点する人の主観による部分が大きくなるような試験の配点が高いというのは、受験生からしたらちょっと疑問を感じる人もいるかもしれませんが、地方公務員はだいたい人物重視です。国家公務員も最近は面接重視になってきている面もありますが、まだ筆記試験の方が配点は高いです。静岡県庁の面接対策ではどういった流れなのか?というのは確認をしておいてほしいですけど、静岡県庁の面接で聞かれることとしてはやはり志望動機です。静岡県庁の面接対策では志望動機の考え方が特に重要となりますから、静岡県庁の面接で聞かれることとの中でも特に時間をかけて対策をしていきましょう。そして、静岡県庁の面接での志望動機の考え方になりますけど、静岡県庁での課題や取り組みを見て、その中から自分にとってこれをやりかたいというものを1つ挙げると良いです。実際に静岡県庁として取り組まないといけないものの中から選び、さらに自分がその業務をやるにあたって、必要な能力などを持っている、その業務で生かせる力があるというアピールをすると良いと思います。静岡県庁の面接対策では自己PRも必要ですが、自己PRと組み合わせて、静岡県庁の面接対策の志望動機を考えていきましょう。静岡県庁の面接で聞かれることはいろいろとありますが、やはり志望動機は特に大切なので、早めに考えておいてほしいと思います。

1