1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

純愛映画から青木玄徳主演“闇金”シリーズまで!「注目映画」の予告解禁

注目の映画4作品の予告編(特報)が解禁された。岩田剛典&杉咲花ダブル主演の純愛ストーリー「パーフェクトワールド 君といる奇跡」、玉城ティナ&小関裕太W主演のドSラブストーリー「わたしに××しなさい!」、青木玄徳&山田裕貴主演の人気シリーズ「闇金ドッグス9」、カフカ原作「審判」。

更新日: 2018年10月04日

7 お気に入り 35858 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『闇金ドッグス9』(5月19日公開)

闇金融をテーマにした山田裕貴、青木玄徳主演映画「闇金ドッグス」のシリーズ第9作目「闇金ドッグス9」。

同シリーズは、闇金の世界を舞台に、金と暴力と欲望にまみれた人間たちの姿を描いたもの。

第9作では、青木演じる闇金業者ラストファイナンスの社員・須藤司を主人公とした物語が展開。元イケメンホストで女の扱いに絶対の自信を持つ司が、“クスリ”とサービスを提供するデリヘル嬢・間宮マミーらに貸し付けた金を回収しようと奮闘するさまを描く。

予告編には、デリヘル嬢たちが債務者として登場。「女では失敗しない」と絶対的な自信で次々と気前よく金を貸す司に、「お前、ちゃんと相手見てんのか?」と忠臣が釘を刺すシーンも。

だが、マミーらのバックには、裏デリヘルで上納金を稼ぐ若手ヤクザ・矢作まもる(長村)が存在していた。余裕しゃくしゃくだった司は、何かと難癖をつけられて回収に失敗してしまう。

終盤には、忠臣が司に「ヤクザほどいい客はいねえぞ」と教えるシーンや、司が口に銃口を突き付けられるさまなどが切り取られていく。

◆『わたしに××しなさい!』(6月23日公開)

遠山えま氏の人気少女漫画を玉城ティナと小関裕太のダブル主演で実写化する「わたしに××しなさい!」。

学園一のモテ男・時雨(小関)が、同じクラスの雪菜(玉城)にとある秘密を握られたことで、彼女の恋のミッションを受けることになる模様を描いたラブストーリー。

玉城が雪菜、小関が時雨を演じるほか、佐藤寛太(劇団EXILE)、山田杏奈、金子大地らが出演する。

予告編には、雪菜が時雨に課すミッションの内容が次第にエスカレートしていく様子が収められた。

だが、雪菜に思いを寄せる晶(佐藤)の出現によって、時雨に嫉妬心が芽生え、「こっち見ろよ。むかついたから俺のこと好きにならせる」と宣言する。

◆『審判』(6月30日公開)

カフカ原作「審判」坂東彌十郎が11年ぶりに映画出演決めた理由とは?予告編も公開(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/2759… pic.twitter.com/j4exMlohsN

同作は、イギリス出身で来日30年目の映画監督ジョン・ウィリアムズがフランツ・カフカの『審判』の舞台を現代の東京に移して映画化した作品。

銀行員・木村陽介が自宅のベッドで目覚めると部屋には見知らぬ男たちが佇んでいた。木村が30歳の誕生日を迎えた朝、“逮捕”を告げに来たという彼ら。木村は無実を主張すればするほどクモの巣のようなシステムに絡め取られ、身動きができなくなっていく。

逮捕状を突きつけられた木村が「君の事件は知っている、とてもよく。皆が注目している」「犯罪者」「最初は何かの間違いじゃないかと思ったが…」と周囲の人々から語りかけられる場面を活写。

さらにKが公園で遭遇する人形遣いの映像や、怪しげな学校の体育館を使った“裁判所”での場面も収められている。

1 2