1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

akitokineさん

自分では気付いていない習慣や行動が、ダイエット効率を悪くしているかもしれません。

商品のパッケージに騙されるな!

甘いセールスのワナにはまらないようにしましょう。例えば「脂質0」と、パッケージに書かれている商品。脂質は0でも、大量の「砂糖」を含んでいる事も。チーズやヨーグルトなど、特に気を付けてみましょう。

パッケージの文句に騙されず「しっかりと成分を確認する」「エネルギー量を確認する」習慣が大切です。

食事制限しても睡眠不足なら意味はなし!

睡眠不足が続いているとお肌などの美容にはその影響がテキメンに表れますが、ダイエットにも悪い影響を与えてしまいます。

睡眠が足りないと脳の働きが鈍くなり、正確なカロリーコントロールや食材選びも出来ず、エクササイズする気力さえ失ってしまうのです。

更に、睡眠不足が続くとストレスホルモン、コルチゾールとインスリンレベルを上げ「食べたい!」という欲求を強くしてしまいます。

しかも、睡眠不足はインスリン抵抗性も強めてしまい、抵抗性が強まると血糖値があまり下がらなくなるので、体に脂肪を溜めやすくしてしまうのです。

ダイエットをイベントにしてはダメ!

サラダやフルーツしか食べない単品ダイエット、好きな食べ物を完全に断つダイエットなど、無理をしないと続けられない計画を立ててしまっていませんか?
無理な計画で目標体重を達成できたとしても何かのきっかけでストレスが爆発し、暴食、リバウンドにつながってしまうこともあります。
ダイエットの目的は、目標体重になることではなく目標体重をキープすること。
筆者が意識していたのは、5年後も続けられるダイエット方法だけを習慣として取り入れるということです。

朝食を抜くのはダメ!

夕食を遅い時間に食べることにより、朝に空腹感を感じないことから、朝食を抜く女性が多数いることがわかっています。
昼食時に空腹がマックスとなり、必要以上にドカ食いしたり、間食が増える原因となります

食べるのが早い!

食べるのが早いと満腹中枢が刺激されずに、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。

「よく噛んで食べる」ということは昔からよく言われますが、よく噛んで食べると満腹中枢が刺激されて食べる量を減らすことが可能です。

その他にもよく噛めば代謝が促進されてダイエットに繋がると言われています。

1口30回を目安によく噛んで食べるようにしましょう。

流行ダイエットばかりしない!

単品ダイエットや○○だけダイエット・○○制限など。世間でたくさんのダイエット法があり、次々と溢れんばかりに出てきます。流行だからといって、すぐに飛びつくのはNGです。

確かに芸能人が痩せていく姿をみていくと飛びつきたくはなりますが(笑)、月日が経てばその芸能人は元通りになっていませんか?もともとの生活習慣が変わっていないのでリバウンドするんです。

流行のダイエットでも実践すれば痩せる可能性はありますが、ずっと続けることができるでしょうか?もし無理であれば、そのダイエットには飛びつかない方がいいでしょう。痩せたとしても100%リバウンドします。

毎日シャワーだけ!

入浴をシャワーで済ませていませんか?湯船に浸かって入浴することで、消費カロリーがアップします。

オシャレに無頓着!

食べることよりもおしゃれに興味を持てば自然と食欲も抑えられる。

「外見に興味がなくなると、鏡を見なくなりますが、これはNG。私は毎日裸で鏡に向かい、どこに肉が付いているかをチェックします。また、“今日は食べそうだな”と思う会食のときにはあえて高価なドレスや着物など、汚すのが嫌な服装をしていくと食べすぎ防止になりますよ」

1人でダイエットをしている

ひそかにダイエットを実行して、ある日とつぜん周りの人を驚かせる、というのは楽しい想像かもしれませんが、現実的には同じ目的を持った仲間と一緒に、減量に励むほうが痩せやすいもの。あるいはダイエット宣言をして、友だちや家族に経過を見守ってもらうのもより効果的です。

出来なかったのを言い訳にする

1 2