1. まとめトップ

【大谷翔平、1か月ぶり6番DHで復帰戦】メジャーリーグでの二刀流、報道まとめ

メジャーリーグで二刀流に挑戦している大谷翔平選手の報道まとめです。

更新日: 2018年07月04日

0 お気に入り 11792 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ロト8さん

エンジェルス 大谷 指名打者でメジャー復帰

エンゼルスは3日(日本時間4日午前11時10分試合開始)、大谷翔平投手を故障者リスト(DL)から復帰させたことを発表した。同日の敵地マリナーズ戦からアクティブ・ロースターに入りし、「6番・DH」でスタメンに名を連ねた。

大谷の打者での出場は6月4日(同5日)のロイヤルズ戦以来、約1か月ぶり。投手としては6日(同7日)のロイヤルズ戦に最後に登板している。マリナーズ戦のエンゼルスのスタメンは以下の通りとなっている。

1(三)フレッチャー
2(中)トラウト
3(左)アップトン
4(一)プホルス
5(遊)シモンズ
6(DH)大谷翔平
7(二)キンズラー
8(捕)マルドナード
9(右)ヤング
投手 ヒーニー

エンゼルスGMが大谷の右肘手術報道を真っ向否定

右肘靱帯(じんたい)を損傷したエンゼルス大谷翔平投手(23)が、手術を受ける可能性が高いとの報道をビリー・エプラーGM(42)が否定した。

大谷(左)とビリー・エプラーGM

ESPNのペドロ・ゴメス記者が11日朝に、同局の番組内で「私が聞いている限り、現実的には大谷は手術することになるだろう」とコメント。この発言をもとに、複数の米主要メディアが「大谷が手術する見込みになった」と報じた。

それを受け、同GMは「大谷の診断結果に変更はない。我々のチームドクターやメディカルスタッフが手術を進言したり、する可能性があるとも言っていない」と、真っ向から否定。現時点では手術するかどうかは決まっていないと強調した。

エンゼルス大谷、右肘手術で2020年まで離脱との報道

米大リーグエンゼルスの大谷翔平選手(23)は、トミー・ジョン手術(肘の靱帯再建手術)を受け、2020年シーズンまで離脱する見通しであると、米スポーツ専門チャンネル「ESPN」が報じた。

ESPNのペドロ・ゴメス記者は11日の放送で「エンゼルスはトミー・ジョン手術が必要ないことを願っているが、私が聞いた限りでは、必要になりそうだ」とコメント。「まだ結論を出していないのは、シーズン中であり、チームはまずまずの成績を残しているからだ。彼はチームのエースだが、現時点で見通しは良くない」と述べた。

エンジェルス大谷 右ひじ痛め故障者リストに,米大手メディアも伝える

大リーグで投打の二刀流でプレーするエンジェルスの大谷翔平選手が右ひじを痛めて、故障者リストに入りました。右ひじにじん帯の組織の回復を促す注射の治療を受けたということで、現時点で球団は復帰のめどを示していません。

エンジェルスの発表によりますと大谷選手は6日のロイヤルズ戦で右手の中指にできたまめの影響で4回1失点で交代したあと、右ひじの張りを訴えました。

検査の結果、じん帯を痛めていることがわかり、大谷選手は7日、ロサンゼルスでじん帯の組織の回復を促す注射の治療などを受けたということです。そして8日、故障者リストに入りました。

エンジェルスは今後、3週間はリハビリをするなどして様子を見るとしていて、現時点で復帰のめどを示していません。また、この期間はバッターとしても試合には出場せず、リハビリに専念する予定です。

大谷選手はプロ野球の日本ハムに所属していた去年10月に右ひじに同じ治療を受けています。エンジェルスの球団幹部はこの時の右ひじの状態について、けがの程度としては最も軽いもので、将来のけがを予防する措置だったと説明していましたが、今回は、前回よりけがの程度が一段階、重くなっていると診断されているということです。

大谷翔平選手は「野球の神様」とも言われるベーブ・ルースと同じように投打の二刀流で活躍し、全米で注目を集め始めていたことから、今回の戦線離脱はアメリカの大手メディアも伝えています。

<大谷翔平 成績>
投手 9試合 4勝1敗 防御率3.10
打者 34試合 打率.289(114-33) 本塁打6 打点20
※日本時間6月7日時点

現地時間6日(日本時間7日)ロイヤルズ戦【大谷先発登板】

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平投手が5勝目をかけて6日のロイヤルズ戦に先発登板しましたが、右手中指のまめの影響で4回1失点で降板し、勝ち負けはつきませんでした。

試合はエンジェルスが4対3で勝って大谷投手に勝ち負けはつきませんでした。

大谷投手は5回、マウンドに上がって投球練習をしたあと右手中指のまめの影響で降板し、4回を投げて4安打1失点、打たれたヒットは4本、与えたフォアボールは3つ、奪った三振が4つの内容でした。

現地時間4日(日本時間5日)ロイヤルズ戦【大谷代打出場】

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が4日のロイヤルズ戦に代打で出場し、内野安打を打って、その後、同点のホームを踏みました。

試合はエンジェルスが9対6で勝ちました。

大谷選手は7回の守備にはつかず、この試合、1打数1安打で打率は2割8分9厘となりました。

現地時間3日(日本時間4日)レンジャーズ戦【大谷5番DH】

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が3日のレンジャーズ戦に指名打者で先発出場し、8打席ぶりのヒットを打ってチームの勝利に貢献しました。

試合はエンジェルスが3対1で勝ちました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11