1. まとめトップ

【大谷翔平6番DH、4打数2安打】メジャーリーグでの二刀流、試合結果まとめ

メジャーリーグで二刀流に挑戦している大谷翔平選手の出場予定と出場結果のまとめです。

更新日: 2018年04月22日

0 お気に入り 8076 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ロト8さん

※日付は日本時間

※4月22日(日)
「ジャイアンツ」対「エンジェルス」大谷DH予定
午前10:00~ NHK BS1

※4月23日(月)
「ジャイアンツ」対「エンジェルス」大谷DH予定
午前5:00~ NHK BS1

※4月25日(水)
「エンジェルス」対「アストロズ」大谷登板予定

<アメリカンリーグ・西部地区 順位表>
①エンジェルズ   13勝 6敗 勝率.684 -
②アストロズ    13勝 7敗 勝率.650 0.5差
③マリナーズ     9勝 8敗 勝率.529 3.0差
④アスレティックス  9勝10敗 勝率.474 4.0差
➄レンジャーズ    7勝13敗 勝率.350 6.5差

<アメリカンリーグ・東部地区 順位表>
①レッドソックス  16勝 2敗 勝率.889 -
②ブルージェイズ  12勝 6敗 勝率.667 4.0差
③ヤンキース     9勝 8敗 勝率.529 6.5差
④オリオールズ    5勝13敗 勝率.278 11.0差
➄レイズ       5勝14敗 勝率.263 11.5差

<アメリカンリーグ・中部地区 順位表>
①ツインズ      8勝 5敗 勝率.615 -
②インディアンズ   9勝 7敗 勝率.563 0.5差
③タイガース     7勝 9敗 勝率.438 2.5差
④ホワイトソックス  4勝11敗 勝率.267 5.0差
➄ロイヤルズ     3勝13敗 勝率.188 6.5差
※日本時間20日現在

<大谷翔平選手の打撃・投手成績>
打撃 9試合 率.324(34-11)本塁打3 打点11
投手 3試合 2勝1敗 防御率3.60
※日本時間19日現在

現地時間21日(日本時間22日)ジャイアンツ戦【大谷DH出場予定】

現地時間20日(日本時間21日)ジャイアンツ戦【大谷DH出場】

エンジェルス大谷、6番DHで先発出場
第1打席 2回裏2アウトランナーなし、センター前ヒット
第2打席 4回裏2アウトランナーなし、レフトフライ
第3打席 6回裏2アウトランナーなし、レフトフライ
第4打席 9回裏ノーアウトランナーなし、ライト前ヒット

(チーム)   ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ 計
ジャイアンツ  0 1 0 0 6 0 0 1 0 8
エンジェルス  0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

勝 J.サマージャ 1勝
敗 A.ヒーニー 1敗

ジ本 N.ハンドリー① M.ウィリアムソン① A.マカッチェン③
エ本 M.トラウト⑦

<試合後の記者会見>
Q.第1打席のヒットについて
A.一塁線に打ったファイルもインコースのボール気味の球だったので紙一重でしたし、もうインコースはないんじゃないかと思ってたので、何とか低めのカーブを打つことができたんじゃないかなと思ってます。

...内でも外でもスイング自体は変わらないですし、ボール球は見逃して、ストライクゾーンに来た球をしっかり打つというシンプルなことだと思うので、そこさえしっかりできてればいいんじゃないかなと思ってます。

現地時間19日(日本時間20日)レッドソックス戦【大谷DH出場】

エンジェルス大谷、6番DHで先発出場
2回裏 1アウト1塁、ショートゴロ
4回裏 1アウト1塁、空振り三振
6回裏 2アウト1塁、空振り三振、低めのチェンジアップに完敗
9回裏 ノーアウト1塁、空振り三振、今度はフォーシームに完敗

(チーム)   ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ 計
レッドソックス 1 0 0 2 0 2 0 1 2 8
エンジェルス  0 1 0 0 1 0 0 0 0 2

勝 E.ロドリゲス 2勝
敗 N.トロピアーノ 1勝1敗

レ本 M.ベッツ⑥ A.ベニンテンディ①
エ本 C.ヤング①

<試合後の記者会見>
Q.左投手のチェンジアップは苦手か?
A.特に苦手意識はない、攻め方自体は今までとは違っていたので、チェンジアップ自体も素晴らしいボールだったので、打席の中で考えながらいかないと、難しいんじゃないかと感じました。...なんとかフォアボールでもいいですし、ヒットじゃなくてもいいですけど、そこでつないだら、ワンチャンスあったと思います。

現地時間17日(日本時間18日) レッドソックス戦【大谷先発登板】

大谷が先発登板、相手投手はサイ・ヤング投手のプライス
1回表 先頭打者にホームランを打たれる、スプリットの制球悪い
2回表、タイムリーヒットと犠牲フライを打たれる、制球難続く
【2回66球、被安打4本、与四死球2つ、3失点で降板】
・現地情報では右手の指に豆ができたための降板

デイヴィッド・テイラー・プライス(David Taylor Price, 1985年8月26日 - )は、アメリカ合衆国テネシー州マーフリーズボロ出身のプロ野球選手(投手)。MLB・ボストン・レッドソックス所属。

サイ・ヤング賞投手。

2015年12月4日、ボストン・レッドソックスと7年総額2億1700万ドルの契約を結んだ。この金額は投手としてはクレイトン・カーショウを超え、史上最高額である。

(チーム)   ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ 計
レッドソックス 1 2 5 1 0 0 0 1 0 10
エンジェルス  0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

勝 D.プライス 2勝1敗
敗 大谷翔平  2勝1敗

本 M.ベッツ③④➄ J.ブラッドリーJr.① B.ホルト① R.デバース②

・レッドソックスがチーム6本のホームラン
・レッドソックスの1番M.ベッツがホームラン3本の大活躍
・エンジェルスの4番A.プーホールズが主審への暴言で退場

<試合後のインタビュー:レッドソックス M.ベッツ>
大谷はいい球を投げていた、我々の攻め方が良かったのだと評価して欲しい。

<試合後のインタビュー:ソーシア監督>
これ以上状況を悪化させたくなかった、大谷は次の先発では復調してくれると思う。

<試合後の記者会見:大谷投手>
どの投手もマメができたり、爪が割れたりはシーズン投げていれば普通にあることなので、その中でも抑えなければいけない。

Q.ベッツのHRについて
A.振れている打者に対して、ボールが先行したり、”決めに行く球”ではなく、(腕が)”振り切れない球”になった時点で勝負に負けていたと思うので、自分の状態も含めて、良い1球ではなかった。

現地時間15日(日本時間16日) ロイヤルズ戦【悪天候のため中止】

<試合中止後のインタビュー>
次の試合に切り替えて、今日はやることもやったので、しっかりと次の試合に向けて頑張りたい。

Q.寒さ対策は
A.ベンチはストーブもあるし、昨日の感じではそこそこ暖かかったので、(寒さ対策は)特にやることはないというか、大丈夫かなとは思ってましたが、実際にマウンドに立った時に、フィーリングがどう変わってくるか、そこは経験しかない、そうなった時にどうしようかなということだと思います。

Q.背番号42をつけて登板予定だったが
A.なかなかその番号をつけて投げることはないと思うので、そういう意味では凄く楽しみにしていましたが、決まったことに関しては、どうしようもないので、切り替えて頑張りたいと思います。

現地時間13日(日本時間14日) ロイヤルズ戦【大谷DH出場】

エンジェルス大谷、7番DHで先発出場。
第1打席 2回表1アウトランナーなし、二塁打
第2打席 4回表ノーアウト1塁、空振り三振
第3打席 6回表1アウト1塁、セカンドゴロ
第4打席 8回表ノーアウト1塁、センター前ヒット

(チーム)  ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ 計
エンジェルス 0 0 2 0 0 0 1 2 0 5  
ロイヤルズ  0 0 1 3 0 0 0 0 0 4

勝 B.ウッド 1勝
S K.ミドルトン 3S
負 J.グリム 2敗

本 A.プーホールズ③

<試合後のインタビュー:大谷選手>
Q.今日はメジャー初のツーベースを含む2安打となりました、バッティングを振り返っていかがでしたか?
A.ツーベースはいい所に落ちてくれたので、良かったかなと思いますし、2本目は関してはチャンスを作ることができたので、凄い良かったんじゃないかなと思います。

Q.2本目のヒットは追い込まれたカウントから技ありの当たりだったと思いますが、そのバッティングを振り返っていかがですか?
A.やっぱりキレのいいカーブがある投手だというのは分かっていたので、(カーブが)あるかなとは思いましたけど、難しい所をしっかりヒットにできて、なんとか繋げて良かったなと思います。

Q.明後日、日曜日には3度目の登板ですが、意気込みをお願いできますか?
A.いい流れで来てますし、今日も素晴らしいゲームだと思うので、波に乗って、いいピッチングができるように頑張りたいなと思います。

Q.ありがとうございます、勝利おめでとうございました。
A.ありがとうございました。

<試合後の記者会見:大谷選手>
Q.ライト寄りのシフトについて
A.僕は引っ張り専門という意識はないですし、どちらかといえば、しっかり広角に打てるようには心がけているので、特に意識はせずにいきました。

A.変化球もしっかり対応できる範囲の中で、まっすぐが来たとき(の対応は)、あれが精いっぱいかな、あれをスタンドまで運べるイメージはないので、あれがあの場面でできる最大のアプローチのしかたと思います。

Q.あさって3回目の先発登板
A.また新しいチームが相手なので、この2戦、相手バッターも見ましたし、明日もベンチからしっかり見ないといけないと思うので、特徴をしっかり捉えて、でも一番やることは自分がしっかり良い状態で臨むことだと思うので、そこを優先してやりたい。

<試合後のインタビュー:ソーシア監督>
Q.きょうは7番でしたが?
A.彼が打席に立てるのであれば、何番でもかまいませんよ。彼が下位を打つことで、うちの打線はすごく厚くなっています。上位打線の調子が良いので、チャンスで大谷に回ってきますからね。

現地時間12日(日本時間13日) ロイヤルズ戦【大谷DH出場】

エンジェルス大谷、8番DHで先発出場。
第1打席 2回表2アウトランナーなし、見逃し三振
第2打席 4回表2アウト1塁、レフトフライ
第3打席 6回表2アウト2塁、申告敬遠
第4打席 7回表2アウト満塁、3点タイムリー三塁打
第5打席 9回表1アウト1塁、サードゴロ
【4打数1安打、1フォアボール、3打点】

1 2 3 4 5