1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「あさイチ」に「めざまし」も!あの番組の女子アナ卒業を惜しむ声

卒業シーズンとなる3月。テレビ界でもそれは同じで、初の番組改編を機に、色々なアナウンサーが番組を卒業しています。NHK「あさイチ」の有働由美子アナや「ブラタモリ」の有働由美子アナ、フジ「めざましテレビ」の山崎夕貴アナなど、この春で番組卒業したアナと惜しむ声をまとめました。

更新日: 2018年04月01日

9 お気に入り 39134 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・卒業シーズンとなる3月

3月といえば巣立ちの季節。誰もが一生の思い出となる卒業式を経験するときでもあります

春爛漫の3月下旬。桜の花は満開の時を迎え、暖かな日差しが体全体を包み込む。自然と気分が華やぐシーズン到来。同時に卒業シーズンでもあり、多くの若者たちが新たなステージへと旅立つ

・テレビ界でもそれは同じで、初の番組改編を機に、色々なアナウンサーが番組を卒業している

▼NHK「あさイチ」の有働由美子アナとV6の井ノ原快彦さん

イノッチ&有働アナ、最後の「あさイチ」のエンディングは有働アナの言葉が切れて終了 dlvr.it/QMr0lp pic.twitter.com/U2DTFGkCxk

V6の井ノ原快彦(41)とNHKの有働由美子アナウンサー(49)が2018年3月30日、同局の朝の情報番組「あさイチ」(月~金曜前8:15)の司会を卒業した

番組は2010年にスタート。井ノ原と有働アナは番組の顔として、くらしに役立つ情報、さわやかな映像や感動、生活の不安解消など、朝の番組らしいさまざまなテーマを8年間にわたって伝え続けてきた

30日の放送では、番組エンディングで有働アナから「あと10秒ぐらい」と振られた井ノ原は「何て言っていいか分かんないですけど、みんな大好き。ありがとう。4月からもシクヨロ」と笑顔であいさつ。有働アナが「シクヨロで終わっ…」と途中で言葉が切れるハプニングで、日本中から愛された名コンビはラストを締めくくった

30日の放送ではかすれ声で登場した有働アナに井ノ原が前日の飲み過ぎを指摘するなど、ふだん通りのアットホームなやりとり。井ノ原は「みんな大好き! 4月からもシクヨロ!」とあいさつし、有働アナとともに最後まで笑顔

リアルタイムで観ていたけど、変わらないやりとりが良かった。イノッチ、有働さん、柳澤さんお疲れサマでした。来週も観るよ。 #あさイチ

出演最終日なのに声が出なかった有働さん、お疲れがたまってるのかな。仕事バリバリですごい人だろうに、お茶目なとこや弱いところも変にカッコつけずにいる有働さんはとってもすてき。 これからの活躍も楽しみ。 体を大切にがんばってください。 #あさイチ

#あさイチ #わろてんか 「いや~最終回ですよ、ねえ有働さん?」「…」「今日はどうしたの?」「…」「ハハハ…」今日は有働さんイノッチコンビの最終回。その大事な日に酒焼けで声が出ない有働さん「なにこの引きの強さ」(笑) pic.twitter.com/VYBK7Rywdl

▼NHK「ブラタモリ」の近江友里恵アナ

NHKアナウンサーの近江友里恵アナ(29)が3月24日放送のNHK総合「ブラタモリ」(土曜・後7:30)に出演し、番組の卒業を涙を浮かべながら報告した

近江アナは番組のエンディングに、この日のロケ地となった宮崎の海岸で、「ご報告がありまして、実はきょうが私ブラタモリ最後で…」と切り出すと「もう泣けてきちゃった」とハンカチを取り出し涙を拭った。これにタモリも「2年間か。早いねー。あっという間だよね」と卒業を惜しん

「まぁ、ご出世なさって。『あさイチ』の方に。われわれは平々凡々とその辺をブラブラ、ブラブラしております」とタモリ節でエールを送ると、さらに近江アナは号泣。そんな中、タモリが「もう花粉が出てきたな」と鼻をすする場面も。「別に泣いているわけではないんだけど」とこちらもハンカチを取り出した

近江アナは2016年4月から3代目アシスタントを担当。4月からは同局朝の看板番組「あさイチ」(月〜金曜前8:15)のMCに就任する。後任の4代目は林田理沙アナ(28)が務める

近江さんブラタモリ卒業するの今知った…好きだったからショック

▼フジテレビ「めざましテレビ」 と「ノンストップ!」の山崎夕貴アナ

山崎夕貴アナ、涙で「ノンストップ!」卒業 設楽へ「本当のお兄さんのように感じていました」 dlvr.it/QMrTpJ pic.twitter.com/lbb7PQLoqL

フジテレビの山崎夕貴アナ(30)が3月30日、レギュラー出演していた「めざましテレビ」(月〜金曜前5:25)を卒業した

お笑いタレント・おばたのお兄さん(29)と29日に結婚したことを生報告した山崎アナ。この日をもって「めざましテレビ」も卒業。改めて花束を贈られると、今度は涙をみせて「アナウンサーらしからぬ言動もありましたが、すべてを受け止めてくれました」と感謝した

1 2 3