1. まとめトップ

ビタミンなどの栄養素が豊富! ナッツの種類一覧と効能・効果など 【食べすぎは太る?】

健康にいいといわれる代表的なナッツ類の種類や成分をまとめました。 関連ワード: ダイエット カロリー カシューナッツ ピーナッツ くるみ クルミ ピーカンナッツ(ペカン) アーモンド ピスタチオ ヘーゼルナッツ マカダミアナッツ 適量 効果

更新日: 2018年04月01日

4 お気に入り 2920 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ナッツ

硬い皮や殻に包まれた食用の果実・種子の総称。
「種実類(しゅじつるい)」と呼ばれます。

アーモンド、クルミ、カシューナッツなどが有名で、栄養価が高いことでも有名です。

ナッツ類は不飽和脂肪酸、植物性タンパク質、食物繊維、ミネラル、トコフェロール(ビタミンE)、葉酸、植物ステロール、フェノール成分などの生理活性成分が豊富

ナッツの種類一覧と効能・効果

今回は健康にいいと言われるナッツを種類ごとに紹介していきます。

アーモンド

アーモンドの最大の特徴は、ビタミンEの含有量が全食品の中でもトップクラスということです。

100g中に31.4mgと、丸ごと食べられる食品の中で一番の含有量

カシューナッツ

カシューナッツの40%以上は脂質でできています

脂質と聞くとあまりよくないイメージですが、体の細胞膜の成分やホルモンの材料などになる3大栄養素の一つで身体には重要な栄養素です。

1日10粒程度が目安

脂質は多いので食べすぎには注意です。

クルミ

栄養学では健康のために意識して摂るべき必須脂肪酸として位置づけられており、一般的に脂肪になりにくいとされダイエットに効果的な栄養素と言われています。

クルミ一掴み(25~30g程度)で、一日の摂取量に十分なオメガ3脂肪酸を摂ることができます。

ピーカンナッツ(ペカン)

ナッツ類の中でも特に多く抗酸化物質を含んでいるので、アンチエイジング食品として注目されています

不飽和脂肪酸が豊富で、ビタミンやミネラルもバランスよく含まれている

一日あたりの摂取量の目安は約18粒ほど

栄養価は高いですが、脂質の多さも目につきますので食べすぎには注意。

ピスタチオ

ナッツ類の中でも栄養価が高いことからナッツの女王と呼ばれているピスタチオ。

ピスタチオには、オレイン酸、リノール酸といった不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

またルテインなど目の健康に効果のある栄養も含まれている栄養価の高い食品です。

ヘーゼルナッツ

マカダミアナッツ

「ナッツの王様」と呼ばれるマカダミアナッツは、私たちの身体にたくさんのメリットをもたらしてくれます

結論

栄養価は高いですが、その分カロリーなども高め。

一日の摂取量の目安を守って
ナッツをいただきましょう!

1 2