1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

坂口憲二さんが無期限活動休止‥原因とされる「特発性大腿骨頭壊死症」とは?

俳優・坂口憲二さんが31日、国指定の難病「特発性大腿骨頭壊死症」のため、無期限での芸能活動を休止することを発表しました。

更新日: 2018年04月01日

10 お気に入り 150516 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●俳優として活躍する坂口憲二さん

1999年より、ファッション誌『MEN’S CLUB』のレギュラーモデルを務める。

99年にテレビ朝日系「ベストフレンド」で俳優デビュー。2002年のフジテレビ系ドラマ「天体観測」でブレーク

06年から「医龍」シリーズで主演。父は元プロレスラーの坂口征二氏(76)。兄はプロレスラーの坂口征夫(44)。

●その坂口さんが"特発性大腿骨頭壊死症"で無期限の芸能活動休止へ

俳優の坂口憲二(42)が31日、国指定の難病「特発性大腿骨頭壊死(えし)症」のため、無期限で芸能活動を休止することを発表

・所属事務所によると、14年春から右股関節の慢性的な痛みを訴えていたという

所属事務所によると、坂口は14年春から右股関節の慢性的な痛みを訴え、

当時出演していたフジテレビ系ドラマ「続・最後から二番目の恋」の撮影の合間を縫って複数の病院で診察。

14年4月期のフジテレビ系ドラマ「続・最後から二番目の恋」の出演を終えるタイミングで、治療のために約1カ月の休養に入った。

・右股関節が「特発性大腿骨頭壊死症」と診断された

右股関節が「特発性大腿(だいたい)骨頭壊死(えし)症」と診断された。

手術を受け、約3週間入院。その後、通院治療、筋トレを中心としたリハビリを行いながら、ナレーションなど体に負担の少ない仕事を行っていた。

・坂口さんは、文書で「これ以上仕事を続けていくことはできない」と苦しい胸中を明かした

原因不明の難病に悩まされている坂口。文書で「このままでは仕事関係者の皆さまにもご迷惑をお掛けすることになり、

今後について「しばらくは治療に専念して、しっかり体調を戻してから、自分のできることをやっていきたいと思っています。

・兄・坂口征夫さんがTwitterでコメント

色々とあるみたいだけど、本人が一番シンドい思いをして、本人が一番辛い選択をしたんだと思う。 これからも温かく見守って行ってあげてください。

3月31日に難病「特発性大腿骨頭壊死症(とくはつせいだいたいこっとうえししょう)」のため、芸能活動を無期限休止を公表した、弟の憲二についてコメント

1 2