1. まとめトップ
4 お気に入り 3869 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

私もメモメモ。さあさあ女性の諸君よってらっしゃいみてらっしゃい

shiratama000さん

日本の有名な製薬会社「ロート製薬」の調査でわかった。

女性特有の甘い香りはピーチのような香りの「ラクトンC10」と、ココナツのような香りの「ラクトンC11」という化合物が香りの元と突き止めた。

ココナッツにピーチ!めっちゃベタ!

男性研究員は「女性のにおいは男性とは違う独特なものがあると以前から思っていた」と話し、それがラクトンだと推察している。

女性が1日着用した1枚の布を目隠ししてかいでみると…。当然、汗の臭い、酸っぱい臭いなどが鼻をつくはず。

ところが「その中で甘くて良い香りが漂うのに驚きました」と話す

男性は試してみたい実験でしょう。そうでしょう

研究結果でもう一つ、分かったことがある。においと見た目の印象の関係だ。

実験では「加齢臭」とも称されるにおい成分の「ノネナール」と「せっけん香料」「ラクトンC10/ラクトンC11」をそれぞれ含む香料を3つ用意。

研究員がそれぞれの香りをかぎながら女性の写真を見て、無香料で写真を見たときの印象と比べた。

想像するとシュール。研究員さんごめんね

ラクトンを嗅ぎながら写真を見た方が「女性らしさ」「若々しさ」「魅力度」がそれぞれ、15%、47%、74%も上がった。

わお!

「ラクトンC10/ラクトンC11」の香りを付与することで、女性の加齢臭の悩みに対してより効果的なアプローチが可能であると考えます。

細胞レベルで狙った高感度アップも可能

一方、ノネナールを嗅ぎながら写真を見ると、「女性らしさ」は無香料の時にくらべて40%減、「若々しさ」に至っては60%以上減となった。

におい成分ノネナール涙目ww

待って、笑ってられないよ

香り成分「ラクトンC10/ラクトンC11」は30代以降で激減

オーマイガッ∑(゚Д゚ )

10~50代の各世代と体臭中の「ラクトンC10/ラクトンC11」濃度の関係性を調べた結果、30代以降で大きくその濃度が減少していることが明らかとなりました

ロート製薬公式HPより

これより、「ラクトンC10/ラクトンC11」は10~20代女性特有の体臭成分であることが分かりました。

ロート製薬さん、siriみたいにさらっと言わないで。

実際に体感している人も多い

300人の20~60代の女性に体臭に関する質問を行ったところ、「年齢とともに体臭が変わってきた気がする」「におっていないか不安」と回答した女性が全体の約8割もいた

じゃあ年をとったらあきらめろってか?

いいえ!希望はあります!

これらの研究結果を踏まえて同社広報の矢野絢子さんは「今後、女性の加齢臭に対する手法として、洗うことで落とすだけでなく、ラクトンの香りを加えてあげるというアプローチができる」と話す。

すでにラクトンを含むボディウォッシュの販売を開始しており、「順次、ラインアップを増やしていけたら」としている。

1 2