1. まとめトップ
  2. 雑学

自分で小遣い稼ぎするケースも。大人が知らない中高生の財布事情

大人が知らない中高生のお財布事情をご紹介します。中には自分で稼いじゃうというケースもあるようです。

更新日: 2018年04月01日

34 お気に入り 122394 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■中高生の小遣いの平均額とは?

金融広報中央委員会が実施した「子どものくらしとお金に関する調査」(2015年度)によると、おこづかいを定期的にもらっていると回答した中高生は全体の約8割

1か月あたりのおこづかいの平均額は、中学生で2514円、高校生では5781円という結果が発表されています

中学生は「1,000〜3,000円未満」が56.6%、「7,000円以上」は0人という結果となりました。高校生はばらつきが見られましたが「3,000〜5,000円未満」が35.7%、「7,000円以上」が11.8%

大人が知らない、中高生の財布の中身(読売新聞(ヨミウリオンライン)) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-… スマホ本体と毎月の利用料だけで、簡単に昔の小遣い金額なんか上回っていて、さらに現金で小遣いなんだから、遥かに高くなってんだよ。そういう視点を持とうな。

大人が知らない、中高生の財布の中身(読売新聞(ヨミウリオンライン)) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-… @YahooNewsTopics  高2の年明けまでもらってなかった。それまでは、今までもらったお年玉でなんとかやっていった。

これもアベノミクスの結果? 大人が知らない、中高生の財布の中身(読売新聞(ヨミウリオンライン)) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-…

今の高校生って何気にお金あるんだよなあ。 大人が知らない、中高生の財布の中身(読売新聞(ヨミウリオンライン)) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-…

■その気になる「使い道」は?

「お小遣いの使い道」について聞くと、中高生ともに交際費や飲食代、漫画などの娯楽品代が結果の上位を占めた。

15年度の上位になっているのが、中高生ともに「友達へのプレゼント」と「家の人へのプレゼント」です

そのような中、中高生ともに4番目に「貯金」がランクイン。中学生の32.9%、高校生の33.3%がお小遣いを「貯金する」と回答した。

■最近の傾向として「電子マネー」を使っているということも

中高生の56.8%が電子マネーを店での買い物の支払いに使っていることが、リサーチ・アンド・ディベロプメントの調査により明らかになった。

電子マネーの保有の有無について、「電子マネーを持っている」という中高生は86.2%、「持っていない」は13.8%だった

中高生は、おこづかいとは別に「電子マネー」という別枠のお金を持っており、「支払いがラクだし、現金でもなく親のお金だから気軽に使う」派と、「すぐになくなってしまうし、自分のおこづかいではないのでなるべく使わない」派がある

■更に、今の中高生はメルカリなど、ネットで「自分で稼いじゃう」というケースもあるみたい

ネットでの小遣い稼ぎの経験は、子ども全体の30.7%、男子高生の79.6%、女子高生の68.5%が「ある」と回答

「ポイントサイトに登録してポイント交換」(40.3%)と「不用品などを販売」(35.3%)が突出

直近1年間でもっとも稼いだ月の合計金額では、「1,000円未満」22.2%、「1,000円~3,000円未満」18.4%と少額であるほど稼いだ経験のある人が多いが、17.8%は1万円以上稼いだと回答

「動画や写真を投稿して再生回数・閲覧回数に応じて稼ぐ」が8.9%、「原稿作成・経験や知識の販売」が2.6%、「ブログでアフィリエイト収入」が2.1%

時間と手間はかかるが、スマホ1つでバイトもせずに小銭を稼げるという特徴がある。

小遣い稼ぎを始めたのは「追加で遊ぶお金が欲しいから」(47.4%)、「自分の好きな時間・ペースで稼げるから」(33.2%)といった理由のほか、「自分で稼がないといけないから」(30.5%)というケースも多い

■また、危険な小遣い稼ぎに手を出してしまう…というケースも

1 2