1. まとめトップ

学校事務になるには難易度や年齢制限は何歳まで?学歴や資格が有利になる?

学校事務になるにはどうしたらいいのか?難易度は高いのか?学歴や資格は必要?年齢制限は何歳までか?といったことについて書いてみました。

更新日: 2018年04月02日

1 お気に入り 7387 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

学校事務になるにはどうしたらいい?

公立学校の学校事務を目指すのであれば、都道府県が実施する公務員採用試験(職員採用試験)を受けて合格する必要があります。

求人情報に関しては各都道府県の職員募集のページに掲載され、ほとんどの都道府県で定期的に新規職員の募集がなされています。

試験に合格し、採用された人の中から、各地域の公立学校へと配属されます。

そのほか、臨時職員や非常勤職員の募集に関しては、都道府県や市区町村の教育委員会が随時情報を出すこともあります。

私立高校の場合は、各学校がホームページ上などに出す求人情報をチェックして、応募することが第一歩となります。

正規職員としての採用にこだわらないのであれば、派遣会社を通じて紹介してもらうことも可能です。

学校事務になるにはどうしたらいいのか?というのは気になると思います。いくつかの方法がありますが、一般的には公務員試験を受けるという形になります。公務員というと、地方公務員の場合には事務職(行政職)というのが一般的ですが、それ以外にも土木や心理、福祉などの職種に分かれていることがあり、その中に学校事務というのも存在している場合があります。したがって、学校事務になりたい人は公務員試験を各自治体ごとに受けてもらうというのが一般的なのです。学校事務になるには公務員として採用されるという方法が1番間口が広いと思うので、それを中心に対策をしていくと良いでしょう。ただ、公務員試験を受けるので、筆記対策もしないといけませんし、面接対策も必要です。したがって、学校事務は公務員試験の中では簡単な方かもしれませんけど、学校事務になりたい人はきちんと勉強もしないといけませんし、面接対策もしていかないといけないので、結構大変だと思います。学校事務になるには筆記試験と面接試験を通過しないといけないので、そこは従来の公務員試験と同じですが、筆記試験の負担は恐らく事務職よりは少ないケースが多いと思いますから、そこにおいては学校事務の難易度はちょっと下がるかもしれないのです。それでも簡単には受かりませんけど。私立の学校事務であれば、学校ごとに求人を出しているので、それに応募するというところから始まり、いわゆる就活に近い形になると思います。学校事務になりたい人はそういったやり方があるので、そこは知っておいてほしいです。ちなみに私立の学校事務は筆記試験があるのか?どうかも分かりません。それぞれで採用の仕方が異なっている可能性が高いので、個別に調べていかないといけないのです。公立の学校事務はだいたい同じようなやり方で統一されていると思います。

学校事務の難易度はどうなっている?

Fランク【偏差値30~34】

警察事務【高卒・短大】、学校事務【高卒・短大】、市役所【高卒】、短大卒の警察官・消防士

Fランクと言えば低い難易度といって油断する受験生も多いのですが、倍率・競争率事態は10倍以上になるケースも多いのが特徴的です。受験生層のレベルは非常に低いの学力に自信があれば1次試験は突破しやすいのですが、面接試験等の人物試験は圧倒的に差をつけるのが難しいのである程度は面接官の相性など運の部分も大きくなります。

学校事務の難易度はどうなのか?というと、公立の場合には一般的にはあまり高くないです。例えば、大卒程度の事務職の公務員試験と比べると、少なくとも筆記試験はかなり簡単だと思います。勉強はそれなりに必要ですけど、筆記試験に通過することはそこまで難しいとは言えないので、学校事務の筆記試験の難易度は少なくとも高くはないと思います。しかし、筆記試験を通過しても面接試験があるので、そこは学校事務でも難しい可能性があるのです。面接試験の倍率にもよりますが、やはり面接というのは得意、不得意がかなり影響するので、筆記試験と比べても努力によって補える割合は低いと思うので、面接試験に関しては、学校事務といえども難易度が高いケースが存在するのです。面接試験が得意な人からすれば、倍率がよほど高くなければ普通に受かってしまうこともありますけど、面接が苦手な人からすると、倍率が低くても受かるのは難しいケースもあるので、学校事務の難易度に関しては筆記試験は低い方かもしれませんが、面接試験は人によって難易度が違うということが言えると思うのです。学校事務になるにはこういったことを知っておかないといけないと思いますし、学校事務の難易度は筆記試験と面接試験では違っており、人によっても変わるということは頭の中に入れて、対策を始めてほしいと思います。ちなみに公立の学校事務は教養のみというところもあれば、専門試験まであるところもあります。初級、中級、上級によっても違うので、学校事務の筆記が教養のみなのか?専門試験まであるのか?という違いはしっかり事前に調べておきましょう。私立の場合には倍率がそれぞれで全然違う可能性もありますし、試験内世やそもそも統一性がない可能性もあるので、難易度は一概には言えないと思います。公立の学校事務も規模が小さい自治体では倍率が非常に高くなることもあるかもしれませんが。

学校の採用試験で必要な学歴は?

公務員試験は、高卒程度の学歴が必須になるので、それぞれ確認しましょう。私立については、学校、またはポジションにより、必須になる学歴には違いがあります。

学校事務のための資格はありませんが、事務であるためMOS検定(Word、Excel、PowerPoint)や秘書検定、簿記3級以上などを持っていると、有利になることもあるでしょう。また、大学や専門学校で語学力を必要とする業務内容であれば、TOEICが600以上あると内定に有利です。

職、転職活動がうまく行かないという悩みがある方は、専門のエージェントの手を借りることでより早く自分に合った職場を見つける事が出来ます。この記事と合わせて、よりスムーズな転職を目指しましょう。

学校事務になるには必要な資格というのは基本的に必要ありません。学校事務の業務には施設の管理や経理などもありますが、来客対応の方が比率は多く、接客の基本マナーは必須のスキルになってきます。また学生や教員などの人数も多く、人と接する機会が非常に多いのでコミュニケーション能力が高い人が、特に学校事務の適正があるといえるでしょう。

大人数の中で働くことになるので、学校の教員や他の学校事務の方と横の連携をしっかりとらなければ、学校のような大きい組織は運営できません。ただの事務職ではなく、総合職のような認識の方がわかりやすいでしょう。特に人と接するのが好きで、社交的な方にはおすすめの職種です。

学校事務の業務の中で比較的多いのがお金に関わることです。学校運営でのお金というと授業料などの請求書の発行や口座への入金の確認、他の教員や職員などの領収書や伝票の処理などです。

一般の企業と同様に会計業務もあるために、簿記の資格がある方を優先に採用している学校もあります。学校事務の募集要項には書かれていないことが多い簿記資格ですが、業務全体のことを考えると、経理や会計処理ができることは採用試験で好印象を持たれやすいです。

商業系の学校を卒業した方が多く、学校事務で働いていることを見ても、簿記資格の重要性が高く評価されていることは頷けます。実際に即戦力として働けることがメリットと考えている学校が多いのでしょう。

学校事務は学歴は必要なのか?というと、最低でも高卒であることは求められると思いますが、基本的には自治体によって異なる部分があるので、学歴に関しては自分が受ける自治体の学校事務の受験案内などを確認してもらうのが良いと思います。学校事務では学歴はそこまで難しい問題ではないと思いますが、大卒が必須の場合には学部名や大学名は関係あるのか?というと、基本的には関係ないと思われます。学校事務では大学名や学部名によって有利にしないといけない事情はないと思うので、学校事務では学歴は関係ないこともないですけど、大学名や学部名が合否に影響することはあまりないと思うのです。そして、学校事務では資格は必要なのか?というと、受験するにあたって必要な資格はまずないです。これも自治体によって異なりますが、学校事務で必須の資格のようなものはない場合がほとんどだと思います。したがって、資格をとっておかないといけないということはないですけど、特定の資格を持っていると有利になる可能性はあるかもしれません。パソコンのスキルや簿記などの資格は学校事務で有利になるかもしれませんが、パソコンのスキルや簿記の資格を持っていないとしても問題にはならないでしょう。それに新卒での募集ならば学校事務で資格が有利になることは少ない気もします。即戦力を求めているわけではないので、学校で資格が有利になるとしてもかなり微妙なところだと思うのです。学校事務での学歴や資格に関しては、そういった感じになると思います。

学校事務の年齢制限は何歳までか?

公立の学校事務に関わる公務員試験の年齢制限は、都道府県・政令指定都市によって大きく異なります。例えば20代までしか受験できない自治体もあれば、30代でも受験資格を得られる場合もあります。一律の基準が存在しないため、全て自治体の裁量次第と言えるでしょう。公立の学校を希望する方は、お住まいの都道府県や政令指定都市の年齢制限・採用情報をチェックしてみましょう。

一方、私立の学校事務に関しては公務員資格は必要ありません。そのため、公立のような年齢の壁が無く、比較的門戸は広くなっています。もし公務員試験の年齢制限にひっかかってしまったとしても、私立であれば採用の可能性があるのです。私立は都道府県や政令指定都市のように、明確な年齢の基準が無く、それぞれが独自の基準で募集を行っています。逆に言えば、私立の場合も学校次第ですので、求人に記載された募集年齢の確認は必須となるでしょう。

学校事務になるには年齢制限という問題があります。学校事務の年齢制限は公立の場合にはだいたい30歳前後になっているケースが多いです。ただ、自治体ごとに何歳まで受けられるのか?というのは違うので、一概には言えません。平均すると30歳前後になると思います。学校事務は何歳まで受けられるのか?というのはかなり重要な情報ですが、公立の学校事務では年齢制限があるので、そこが1つ問題になります。私立の学校事務の場合には年齢制限は課されていないことがほとんどじゃないか?と思いますけど、それは表立っては言っていないだけという可能性もあり、年齢を理由にはじかれる可能性がないわけではないです。高齢の受験者は公務員試験も民間の就活も厳しいので、学校事務では何歳まで受けられるのか?というのはいろいろと評価が難しいです。私立の学校事務は年齢制限がないとしても、高齢の受験者は不利になるかもしれません。公立の学校事務でも高齢の受験者は受けられても、不利を受ける可能性がないわけではないので。学校事務は何歳まで受けられるのか?というのは、要するに発表されているものだけをそのまま信用しない方が良いということは言えます。ただ、受けてみないと始まらないので、学校事務になるにはこういった部分を理解して、早めに受験をしていくしかないでしょう。学校事務になりたい人はとにかく少しでも早く対策をしていく必要があるということになります。

1