1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

坂口憲二、無期限活動休止…国指定難病「特発性大腿骨頭壊死症」で治療専念

俳優の坂口憲二(42)が31日、国指定の難病「特発性大腿骨頭壊死(えし)症」のため、無期限で芸能活動を休止することを発表した。所属する芸能事務所「ケイダッシュ」も契約満了となる5月末で退社する。6年前から右股関節の痛みに悩まされ、3年前に手術も受けていた。今後は治療に専念する。

事務所関係者によると、坂口が右股関節の痛みを初めて訴えたのは、2012年8月の初舞台「十三人の刺客」の期間中。痛み止めの薬を飲んでしのいだが、これ以降、慢性的に痛むようになった。

 初めて病院で診察を受けたのは14年春。同3月に飲食店経営の女性と結婚していたが、このころには松葉づえを使うほど重症化していた。同7月に精密検査を受けるため一時休業して入院。それでも病名は分からず、15年春になって「特発性大腿骨頭壊死症」と判明し手術を受けた。

ドラマ出演のオファーも断らざるを得なかった

昨秋、ドラマ出演のオファーがあり、事務所と話し合った結果「自分の力をセーブしながら続けるのは困難」と活動休止を決断。事務所関係者は「真面目な性格なので、ウリでもある体を張った演技ができない自分を許せないのだと思う」と本人の意思を尊重した。

股関節を構成する大腿骨頭が、血流の低下によって壊死する難病。手術後は日常生活に支障がない程度にまで痛みも減少。ナレーションやDHC「プロテインダイエット」のCMで仕事復帰もした。

プロレスラーの兄・坂口征夫さんもコメント

色々とあるみたいだけど、本人が一番シンドい思いをして、本人が一番辛い選択をしたんだと思う。 これからも温かく見守って行ってあげてください。

ネットでも心配する声が続出

今回、坂口からの突然の発表に「坂口憲二さんのニュースを見てびっくり………言葉が出ない……」「坂口憲二さんかなり驚きました…1日でも早い回復、願っています」「とても元気そうな方だと思っていたので病気だと思わなかった……。治療がうまくいきますように」「坂口憲二さんの話こそエイプリルフールであればいいのに」と驚きと悲痛の声があがった。

坂口憲二さんが、無期限で芸能活動を休止...難病の治療に専念 huffingtonpost.jp/2018/03/31/sak… 原因は不明だが、太もも部分の血流が低下して壊死が生じると考えられている。ステロイドの大量投与、大量の飲酒が主な誘因としてあげられるが、何の誘因もなく発症する人もいる

坂口憲二と同じ難病で、数年間車椅子生活をした後、両股関節を2年がかりで人工関節にして今は歩けるようになった。自転車やバイクはダメで走る事もできないが、歩けるだけ幸せだと思えるようになった。ちなみに手術前まではスゲェ痛みで悶える毎日だったよ。 #嘘か本当かわからないことを言う

「特発性大腿骨頭壊死症」とは?

大腿骨頭の一部が、血流の低下により壊死(骨が腐った状態ではなく、血が通わなくなって骨組織が死んだ状態)に陥った状態です。骨壊死が起こること(発生)と、痛みが出現すること(発症)、には時間的に差があることに注意が必要です。つまり、骨壊死があるだけでは痛みはありません。骨壊死に陥った部分が潰れることにより、痛みが出現します。したがって、骨壊死はあっても、壊死の範囲が小さい場合などでは生涯にわたり痛みをきたさないこともあります。

日本に患者はどのくらいいるのか?

日本全国における1年間の新規発生数は約2,000~3,000人で、これら新患における好発年齢は、全体では30~50歳代、ステロイド関連に限ると30歳代です。働き盛りの年代に好発するといえます。新患における男女比は、全体では1.8:1です。なおステロイド関連のものに限ってみると0.8:1といわれています。

現在は痛みは軽減。事務所のコメント

現在、痛みは軽減して日常生活に支障はない。だが、「いつまた悪くなるか分からない状態」「俳優として自分に求められている演技ができない」と判断。一度、表舞台から去る決断をしたという。「しっかり体調を戻してから、自分のできることをやっていきたい」と再起を期している。

 事務所では「坂口本人が望むなら、また契約をしたい」と復帰する日を待ちわびている。

1