1. まとめトップ

京都市の公務員の難易度や倍率と志望動機の考え方は?筆記のボーダーラインは何割くらい?

京都市の公務員試験の難易度や倍率はどうなっている?面接対策での志望動機の考え方や筆記試験のボーダーラインは何割くらいか?について書いてみました。

更新日: 2018年04月03日

0 お気に入り 7562 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

京都市の公務員試験の難易度は?

京都市の採用試験の難易度

京都市の大卒程度採用試験の難易度は5段階評価のうちで、事務4、技術3という程度でしょうか。

事務系は1次試験と2次試験があります。

1次試験は筆記、適性検査、消防は体力検査などがあり、2次試験は論文、面接、身体測定などが実施されます。

最終試験合格=即採用ではなく、総合成績の上位者から順に採用されていきます。

公務員採用試験の一番の考えとしては、筆記試験である1次試験でまず落ちないようにしましょう。

筆記試験は7割前後の点数が行けば、だれでも合格できる試験ですので、ここで落ちるのはもったいないといえます。

面接試験はかなり上の人の好みとかも入るので、筆記試験に比べれば対策は難しいですが、それなりの対策もあります。

京都市の公務員試験の難易度はどうなっているのでしょうか?京都市の公務員試験の難易度に関しては日本を代表する大都市で、かつ政令指定都市なのでかなり難しいと思います。具体的には倍率などを見ないと分からない部分もありますけど、京都市の公務員試験の難易度に関しては普通に高いでしょう。京都市の公務員試験の大卒程度の行政職に関しては、筆記試験から難しいと思うので、そこは理解しておいてほしいです。地方上級のレベルで筆記試験の難易度が高いと思いますから、京都市の公務員試験に受かるには筆記対策が重要です。面接対策も重要ですけど、まずは筆記試験に受からないといけないので、京都市の公務員試験の難易度は相当高いと思って、筆記対策を時間をかけてやっていきましょう。京都市の公務員試験の筆記のボーダーラインを超えるだけでも結構大変なので、一次試験のボーダーラインを超えて二次試験に進み、最終合格するためには、まずは筆記対策をしっかりとやっていきましょう。京都市の公務員試験の難易度に関しては実際に過去問を解いてみると分かると思います。地方上級の過去問を解くと、京都市の公務員試験の難易度について分かりやすいと思うので、京都市の公務員試験に受かるには、まずは過去問をやってみて、その問題のレベルを確認してほしいと思います。

京都市の公務員試験の倍率はどれくらい?

京都市の公務員試験の倍率はどうなっているのでしょうか?京都市の公務員試験の倍率に関しては、6月実施の大卒程度の一般事務職に関してですが、募集人数は毎年100人くらいはあるので、結構多いです。そして、具体的には6倍前後となっているようです。これは全体の倍率になりますけど、京都市の公務員試験の倍率に関しては高くはないですけど、低いわけでもないと言えるでしょう。京都市の公務員試験では一次試験で面接も実施されるようで、それを含めた一次試験の合格者数を見ると、京都市の公務員試験の一次試験の倍率は2.5倍くらいでしょうか?筆記試験の倍率とも言えるかもしれませんが、一次試験の筆記と面接を合わせた倍率はそれくらいなのです。そして、二次試験、三次試験とありますが、二次試験以降は面接が中心だと思います。二次試験と三次試験を合わせた倍率に関しては、京都市の公務員試験の筆記の倍率と同じくらいの2.5倍となっており、面接試験の倍率に関してもそこそこ高いです。京都市の公務員試験では配点としては面接の方が高そうなイメージです。京都市の公務員試験の配点は筆記よりも面接の方が高そうですし、京都市の公務員試験では一次試験から面接があるので、それを含めると、京都市の公務員試験のは人物重視という評価もできるのではないでしょうか?京都市の公務員試験の筆記の倍率はそこそこありますが、面接の倍率もそこそこあるので、京都市の公務員試験の難易度はこういった倍率を見ると、そんなに高そうには見えないかもしれませんが、京都市の公務員試験が人物重視だとすると、それなりに難しい可能性があると言えます。

京都市の公務員試験の筆記のボーダーラインは何割?

京都市の場合は、倍率は低いですが、選考の回数が多いようで、よくある一次試験が筆記試験で、二次試験が面接や論文試験というパターンでは内容です。試験内容はまた変わるかもしれませんが、京都市のホームページに載っているのは、3次試験くらいまであるのかな?という感じです。どうやらまずは1次試験で筆記試験を行い、その後人物試験、口述試験といった形で試験を行い、それが3回ほどあるようです。だから、全部で4回ほど選考があるということになります。ちなみに筆記試験の倍率はどれくらいなのか?というと、かなり低いです。1.5倍くらいじゃないでしょうか?

一次面接から最終合格に至るまでの倍率は4~5倍くらいです。全体の倍率は6割程度であるものの、筆記試験ではほとんど絞らず、足きり程度にしかなっていない印象です。したがって、面接にまだまだ多くの受験生が残っている状態ですから、全く安心はできません。

普通に考えたら面接トータルでの倍率が4,5倍というのは、民間企業であれば高くありませんが、公務員試験の中ではまあまあ高い方になると思います。規模が小さい、採用人数がとても少ないところでは、確かに面接がかなり倍率が高くなりやすい傾向にはあると思います。ただ、地方上級は割と採用予定者数が多いので、そんなに膨れ上がることは少ないです。高くても2倍ちょっとというところが多いと思います。それは通常は筆記試験で、一次試験でかなり絞るからです。だから、一次試験が5倍で、二次試験が1.5倍とか、2倍とかのパターンが多いと思いますが、京都市の場合はまるで逆ですから、これは非常に難しい試験になるかもしれませんね。

京都市の公務員試験の筆記のボーダーラインの予想に関してですが、一次試験の倍率は2,5倍くらいということを言いましたが、これは面接試験を合わせた一次試験の倍率で、筆記試験それ自体の倍率は1.5倍くらいと言って良いと思います。京都市の公務員試験の筆記の倍率は事実上1.5倍くらいなので、かなり低いですけど、この低い倍率を考慮した場合、京都市の公務員試験の筆記のボーダーラインはどれくらいになるのでしょうか?京都市の公務員試験の筆記のボーダーラインに関しては問題のレベルは高いということ、しかし筆記試験の倍率はかなり低いということを踏まえると、6割もなくても受かる可能性は十分ありそうです。地方上級は通常は6割くらいが目標なのですが、京都市の公務員試験では筆記は5割台でも受かる可能性が考えられるのです。5割ちょっと通る可能性があると言えます。実際の京都市の公務員試験の筆記のボーダーラインは予測しかできませんが、55%程度あれば十分通過できる可能性があるので、そこは知っておいてほしいです。ただ、京都市の公務員試験の筆記のボーダーラインを超えても、二次試験、三次試験とまだありますし、京都市の公務員試験は人物重視の可能性があり、面接の配点も高いと思います。筆記試験の倍率がこれだけ低くて、一次試験から面接があるとなれば、京都市の公務員試験は配点は面接が高そうですし、人物重視と評価できると思うので、京都市の公務員試験の筆記対策も重要なのですが、京都市の公務員試験に受かるには面接対策も重要になります。京都市の公務員試験の面接で志望動機の考え方などは早めに取り組んでおいた方が良いと思います。

京都市の公務員試験の志望動機の考え方は?

公務員の面接対策では、志望動機を考えるのが難しい側面があります。京都市を目指すひとは「歴史を大切にするまちづくりをしたい」と言うだけでなく、「なぜ同様に歴史的建造物や文化遺産の多い奈良市でなく京都市なのか?」という差別化まで考えなければいけません。また、公務員は部署異動が多いうえに、異動のたびに転職したのと同じくらい職務内容が変わっていくので、なにかひとつの職務にこだわると採用されづらいという現実もあります。

つまり、公務員の志望動機については「目的と手段」をきちんと考えることが重要なポイント。「国や都道府県、市町村をどうしたいのか?」という“目的”を達成するために、「まちづくり」「福祉」「土木」などのどの“手段”で達成したいのかという順番で、志望動機を組み立てていくことが大切になります。

また、公務員試験の過程では「あなたのやりたいことは民間企業でもできるのでは?」と問われるケースもあります。社会における民間と行政それぞれの役割をきちんと理解するためにも、指導では併願を薦めています。併願するプロセスのなかで、自分のやりたいことを実現できるのはどちらの進路なのかを考えてもらいたいからです。

京都市の公務員試験の志望動機の考え方はどうしたら良いでしょうか?京都市の公務員試験の志望動機の考え方はいろいろあるのですが、京都という街に関して魅力を感じており、そこに焦点を当てて志望動機を考えるという人もいるのではないでしょうか?まちづくりで京都市の公務員試験の志望動機を考える人は、引用で書いたような注意点があるので、それを知っておいてほしいです。京都市の街は全国の中でも特徴的な部分があるので、その魅力を高めていきたいと思う人は多くいると思うのですが、京都市の公務員試験の志望動機を考えるときには京都市ならではの部分をどれだけ出せるか?が重要になります。また、民間企業でもできることを志望動機として話す人が毎年多くいますが、公務員だからこそできること、京都市でやるから意味があることというのを見出して、それを京都市の公務員試験の志望動機として話していくと良いのではないか?と思います。京都市の公務員試験の面接対策では聞かれることが多くあり、対策は大変かもしれませんが、京都市の公務員試験の面接で聞かれることの中でも志望動機は特に大切です。自己PRなどもそうですが、志望動機は京都市の公務員試験の面接対策でまず取り組まないといけないことなので、筆記対策をしているときから考えておくことをおすすめします。京都市の公務員試験の志望動機を考えるときには、筆記試験が終わってからではなく、京都市の公務員試験の筆記対策をしているときからやっていきましょう。京都市の公務員試験の面接対策は早めに取り組むようにしてほしいと思います。そして、京都市の公務員試験の面接で聞かれることに関しても、多く調べて1つ1つを対策して、より多くの質問に的確に答えられるようにしていくと良いと思います。

1