1. まとめトップ

水戸市の公務員の難易度や倍率と志望動機の考え方は?筆記のボーダーラインは何割くらいか?

水戸市の公務員試験の難易度や倍率はどれくらいか?面接対策での志望動機の考え方は?筆記試験のボーダーラインは何割くらいか?について書いてみました。

更新日: 2018年04月08日

0 お気に入り 4036 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

水戸市の公務員試験の難易度は?

水戸市職員採用試験の難易度はどのくらいか?

水戸市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系3 技術系3、教育系3という程度でしょうか。

行政事務が倍率11倍程度、社会福祉士9倍程度、土木3倍程度、建築2倍程度、電気2倍程度、化学2倍程度、保育士12倍程度というところです。

行政事務が11倍程度なので、やはり倍率的厳しいといえます。

水戸市の採用試験は1次試験と2次試験があり、1次試験は筆記と適性検査があり、2次で面接と身体測定、論文試験などがあります。

2次試験合格イコール採用ではなく、総合成績の上位者から順に採用されていきます。

筆記試験でまず落ちないようにしましょう。

筆記試験は7割程度点数が行けば、だれでも合格できるので、ここで落ちるのは少しもったいないといえます。

行政事務の1次試験の倍率は7倍程度とかなり厳しくなっています。

2次試験は1.5倍強と割りに通りやすくなっているのが特徴です。水戸市の行政職は1次試験重視ということになっています。

技術職は受験者数も合格者数も少なく、1次試験は大半の人が通り、2次試験勝負の様相が強いです。これは水戸市に限らず全国共通で見られている現象です。

面接試験は上の人の好みとかも入るので、筆記試験に比べれば対策は難しいですが、それなりの対策もあります。どちらかといえば公務員試験も筆記より面接重視です。

水戸市の公務員試験の難易度はどうなっているのか?というのは知っておきましょう。水戸市の公務員試験の難易度に関しては高いとは思います。地方上級の日程になると思いますから、水戸市の公務員試験の筆記試験の問題は難しいと思いますし、それだけ水戸市の公務員試験のレベルは高いと思うのです。水戸市の公務員試験の筆記のレベルが高いので、一次試験を通過するだけでも大変かもしれません。水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインについては、後で詳しく言及していきますけど、水戸市の公務員試験の難易度は高いと思って筆記対策をしていきましょう。水戸市の公務員試験は人物重視の可能性があり、面接の配点が高いと言えるのではないか?と思うので、筆記試験を通過してもまだまだ難しいです。水戸市の公務員試験が人物重視ならば、やはり面接試験が苦手だと厳しいのです。水戸市の公務員試験の配点に関しては筆記と面接ごとに調べれば出てくるかもしれませんが、地方公務員は基本的に人物試験の配点が高いので、水戸市の公務員試験でも面接の配点が高いと思われます。水戸市の公務員試験の難易度は高そうですし、まずは筆記対策をしっかりとやって、水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインを超えられるように頑張ってほしいと思います。水戸市の公務員試験に受かるにはまずは筆記対策が大切だと言えると思います。

水戸市の公務員試験の倍率はどれくらい?

水戸市の公務員試験の倍率について言うと、全体的には7倍くらいなのかな?という気がします。水戸市の公務員試験の倍率はそこまで高いわけではないのですが、低いとは言えないので、やはり水戸市の公務員試験の難易度はそこそこ高いのです。しかも、筆記試験の倍率だけで言えば、4倍以上あるのかな?と思います。水戸市の公務員試験の筆記の倍率は4倍以上あるケースがあるので、やはり筆記対策が重要です。水戸市の公務員試験では筆記試験の倍率が高いようなので、筆記重視にも見えるかもしれませんけど、筆記試験の倍率の方が高いのはどこも同じです。問題は水戸市の公務員試験の配点なので、この時点では筆記重視とは言えないのでしょう。そして、水戸市の公務員試験の面接の倍率はどうか?というと、二次試験の倍率は1.5倍くらいかな?と思われます。したがって、そこまで高いわけではありません。水戸市の公務員試験の倍率は面接が低いので、意外と面接の難易度は低いかもしれません。しかし、水戸市の公務員試験の面接の配点が高い可能性があるので、面接が苦手な人にとっては水戸市の公務員試験の難易度はかなり高くなる可能性があるので、水戸市の公務員試験では面接対策も重要と言えるのです。水戸市の公務員試験の筆記対策も重要ですけど、面接対策もちゃんとやっていきましょう。水戸市の公務員試験の倍率を理解して、あとは水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインがどうなっているのか?を考えていきましょう。筆記試験に受からないと最終合格ができませんから。

水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインは?

筆記試験の倍率は普通なので、ここは難易度では言えば高くはない、気にする必要はないと言えるのではないか?と思います。水戸市の公務員試験の筆記の倍率を見る感じで、水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインはどうなっているのでしょうか?水戸市の公務員試験に受かるには一次試験に通過しないといけませんが、水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインがどうなっているのか?というと、そこまで高そうな感じではないです。筆記試験の倍率は3倍前後なので、恐らく水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインは6割なくても受かるでしょう。地方上級の筆記試験は6割が1つの目安となると思うのですが、6割を切っていても恐らく受かる可能性があると思います。したがって、5割台でも可能性は十分にあると言えると思うのです。

予想としては6割弱くらいじゃないですか?5割台後半でも十分に受かる可能性があると言えます。したがって、水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインについては、そういった感じではないでしょうか?水戸市の公務員試験の配点がどうなっているか?分からないので、筆記重視なのか?面接重視なのか?は分かりませんけど、恐らく水戸市の公務員試験では配点は面接の方が高いんじゃないですかね?だいたい地方公務員はそうです。二次試験の配点が高いので、水戸市の公務員試験でも二次試験の配点が高い気がします。

水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインはどうなっているのか?というと、水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインはそこまで高い感じはしないです。水戸市の公務員試験の筆記の倍率もそんなに高くはないので、恐らく一次試験のボーダーラインは標準的な数字になるのではないでしょうか?筆記試験に関しては問題が難しいので、水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインはそこまで上がらないとは思いますけど、受験者のレベルもそれなりに高いので、水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインは低くはならないと思います。水戸市の公務員試験の筆記試験は教養と専門があると思いますが、教養試験と専門試験の2つを合わせたボーダーラインに関しては6割を超えれば受かる見込みはかなり高いと思いますけど、ボーダーラインということで言えば、5割台ということになるでしょうか?55%くらいが水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインになる可能性はあります。地方上級は過去問を解いてもらうと分かりますが、問題が難しいので、高得点をとれる人は少ないです。したがって、水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインはそこまで高くはないと思います。でも、その年の問題のレベルにもよるので、一概には言えません。参考程度に考えておいてほしいと思います。

水戸市の公務員試験の志望動機の考え方は?

仕事をしていくにあたり、コミュニケーション能力が必要だと思います。私はまだ入庁して2か月ですが、市民の方だけでなく職場の方ともコミュニケーションをとり、よりよい市民対応ができるような環境づくりが大切だと感じています。私は学生時代に接客業のアルバイトをしており,その時の経験が今の窓口業務に活かされていると思うので、皆さんも日々の経験を大切にしていただきたいです。水戸市役所には自らの経験を活かしていける場所が必ずあると思います。

水戸市の職員として、あなたは何をしたいですか。これからの水戸の街をどのようにしていきたいですか。まずは自分なりのイメージを持つことが大切だと思います。しかし、市役所には様々な部署があり多様な業務があります。最初から希望する業務に就けるとは限りません。それでも、その時やるべきことに全力で取り組むことが重要です。いつかやりたいことを思い描きつつ、今やるべきことに一所懸命に取り組むことを心がけましょう。

職務を遂行するために必要な知識を習得するとともに、政策立案や組織運営に係る能力を向上させるため、自ら進んで取り組み、常に成長し進化し続ける職員

公益のために尽くすという高い志を持ち、全体の奉仕者として公平・公正に業務を執行するとともに、まちに人を呼び込み交流を創出するホスピタリティの精神を持った職員

“魁”となる先見性を持って時代の変化を捉え、国際的視野から政策を考えるなど前例に捉われない柔軟な発想と改革意識により、新たな課題に果敢に挑戦し続ける職員

市民に寄り添い信頼関係を築き、市民の立場に立って何が市民のためになるかを真摯に考え、市民との協働のもとで課題を解決する職員

最少のコストで最大の市民満足を達成するため、常に成果を意識しながら、スピード感を持って効率的に施策を展開し、その情報や魅力を広く発信できる職員

水戸市の公務員試験の志望動機の考え方はどうしたら良いのでしょうか?水戸市の公務員試験での面接対策をするときには志望動機は中心となるものですが、水戸市の公務員試験の志望動機としては実際に働いている職員の声を参考にするという手もあります。要するに、水戸市の公務員としてどういったスキルや能力が必要なのか?を感じ取り、それがある人間は水戸市で働くうてで適性を持っていると言えるので、自分のエピソードの中からそのスキルや能力を持っている証になるモノを選び、それを自己PRと組み合わせて志望動機にしていくのです。つまり、自分が水戸市で働くうえで必要なスキルや能力を持っているので、自分は水戸市の公務員に向いている。だから、水戸市で働きたいんだということになるわけです。あとは水戸市の公務員になるうえで求められている人物像について理解しておくという手もあります。そういった部分も水戸市の公務員試験の志望動機の考え方におけるヒントになると思うので、水戸市の公務員試験の面接対策では参考にすると良いと思います。水戸市の公務員試験の面接で聞かれることが多くありますけど、志望動機や自己PRは特に重要なので、時間をかけて考えていきましょう。ただ、水戸市の公務員試験の面接対策で聞かれることは多くありますから、その中で志望動機や自己PRにだけ時間を使うのではなく、公務員試験の面接で聞かれることに関しては全般的に幅広く対策をしていってほしいのです。水戸市の公務員試験の志望動機の考え方はこういったところを考えておくと良いかもしれません。

1