1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【あなたは鉄道派?】成田空港までの行き方(2018年版)【それともバス派?】

成田空港まで行くのにどの手段を使ったらいいのかなと悩みませんか?鉄道にもバスにも、それぞれメリット、デメリットがあります。それぞれの特徴を知ることで、次回の旅行が少しでも快適になるようにしたいですね。

更新日: 2018年04月10日

5 お気に入り 6018 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

成田空港まで行くのにどの手段を使ったらいいのかなと悩みませんか?鉄道にもバスにも、それぞれメリット、デメリットがあります。それぞれの特徴を知ることで、次回の旅行が少しでも快適になるようにしたいですね。

東京都心〜成田空港の主な移動手段には、主に以下のようなものがあります。
それぞれご紹介します!

【鉄道】
JR総武快速線「快速・成田空港行き」(JR東日本)(旧「エアポート成田」)
特急「成田エクスプレス」(JR東日本)
スカイライナー(京成電鉄)
アクセス特急(京成電鉄)

【バス】
THEアクセス成田(平和交通)
東京シャトル(京成バス)
リムジンバス(東京空港交通)

JR総武快速線「快速・成田空港行き」(JR東日本)(旧「エアポート成田」)

約1時間30分(東京駅〜空港第2ビル駅)
片道費用1,320円(普通車)

JR東日本は2017年12月15日(金)、総武快速線から成田空港へ運転している快速の列車名「エアポート成田」を廃止すると発表しました。
2018年3月16日(金)をもって列車名を廃止し、翌17日(土)のダイヤ改正後は、通常の「快速・成田空港行き」として運転されます。

快速列車なので、成田エクスプレスとは違って特急料金が必要ありません。

エアポート成田に連結されているグリーン車を利用することも可能です。グリーン車に乗車するには、別にグリーン料金が必要です。

東京駅からぐっと海岸沿いに千葉駅をまわるので、京成の特急よりも料金も高く、時間もかかります。外国人やジャパンレールパスを使えるには魅力の電車です。

特急「成田エクスプレス」(JR東日本)

約1時間(東京駅〜空港第2ビル駅)
片道費用3,017(グリーン車4,560円)

成田エクスプレスは停車駅が多く、東京都の多摩地区や、埼玉県・神奈川県方面から成田空港へアクセスするのに便利です。
運賃は比較的高めですが、往復の場合はN’EX往復きっぷのような割引きっぷを利用することも可能です。

特急料金がいりますが、ゆったりしたシートで成田空港までいけるのはやはりよいとおもいます。京成よりも遠回りでいくので、若干時間がかかる感じもします

成田エクスプレスがスタイリッシュ になりすぎてて腰抜かしかけた pic.twitter.com/C493l9e0aK

東京駅などは乗車ホームが離れていますが大きく案内が掲示されていますので迷うことはないと思います。

スカイライナー(京成電鉄)

スカイライナーは、京成電鉄が上野・日暮里〜成田空港駅間で運転している特急列車(全車指定席)です。
スカイライナーが走る成田スカイアクセス線は、東京都心方面からほぼ直線のように路線が通っているので、今まで紹介した移動手段の中で最速です。スカイライナーは全車指定席で、予約が必要です。

成田空港へのアクセスはいろいろありますが、スカイライナーはとにかく速いです。最高速度160キロ、新幹線以外では最高速度で突っ走ります。日暮里から成田空港までは40分ほどですが、時間以上に速く感じます。

スカイライナーって日暮里から37分で成田空港に着いちゃうのか…

JRで行くよりも早くて安いです。全席指定で、特急料金が必要になるので少し時間に余裕を持って乗りたいです。

アクセス特急(京成電鉄)

約1時間(日本橋〜成田空港)
片道費用1,318円

上野・日暮里方面を発着する系統と、品川・新橋・浅草方面を発着する系統があり、成田スカイアクセス線を経由して成田空港へと向かいます。
アクセス特急は、スカイライナーと違い事前予約なしで乗車することができます。所要時間は約1時間と、スカイライナーより長いです。

成田空港から、京成線で都内へ出るときは、別料金がかかるが早いスカイライナー、時間がかかるが安い京成本線、その中間がアクセス特急です。こちらは北総線経由で羽田空港まで行きます

悪くないのですが40分おきの運転なのであまり便利には感じませんでした。
都営浅草線直通が多いことから浅草、銀座など直結しており他の路線との乗り換えもあることから改善されれば便利な事は確かでしょう。

THEアクセス成田(平和交通)

約1時間(東京駅〜成田空港第2ターミナル)
片道費用1,000円

事前に乗車券を買わなくても乗車時にドライバーに1000円払えば良い上にスーツケースもバスの荷物入れに積んでくれます。

帰りはJRバス関東のTHEアクセス成田で。 あれ安くてWi-Fiついてるから最高。

ネットで事前予約していましたのでもちろん乗ることが出来ましたが、予約なしの人の内ギリギリに乗り場に到着した人は、次の便になっていました。

東京シャトルと間違えやすいので最低限の認識を持っていれば非常に安価で軽やかにアクセス出来るバスです

1 2