1. まとめトップ
  2. 雑学
73 お気に入り 101804 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ちょっと人に話したくなる雑学の話をまとめました。

stoneflowerさん

▼痛いのは嫌い、怖い…だからちょっと大袈裟になっちゃう。

女性が痛みに強いのは、「神は乗り越えられる試練しか与えない」的にロストバージンや出産の痛みが用意されているから。

▼人によってナゼ違う?実は、痛みは脳の皮質の厚さが関係してた!

脳の神経組織には、「白質」と呼ばれる成分と「灰白質」と呼ばれる成分があります。痛みに強い人の「全帯状皮質」など特定の場所には、他の人に比べて灰白質が集中している

遺伝子によって決められている痛覚感受性だが、本人の生活習慣や周りの環境によってスイッチがオンになったり、オフになったりする

▼そして、人って痛みをコントロール出来るみたい。

ただし、慢性的な痛みを我慢して放置するのは、家庭生活や仕事にも大きく影響するので我慢は禁止!

「痛みの信号」は本人の喜怒哀楽や運動など、様々な活動により信号自体が変化し、その結果、認識される痛みの強さに変化が生じる

身体の痛みを増減させる最大の要因は、精神状態です。ストレスを感じている時や悲しい時は、痛みをより強く感じます。そして、痛みが強くなると、ストレスと悲しみの両方をさらに強く感じます。

▼貰ったことある?男の心理はプレゼントされたもので分かる!

自分と会っていなくても、自分の分身であるアクセサリーを着けてもらっていることで安心する性格をしており、ある意味では、あなたがいつもそばにいないと落ち着かないタイプ

▼ちなみに…1番多いと言われているのが「花」のプレゼント。

喜ばせるのに、一番手っ取り早いという感覚で選んでます。年齢も関係性も考える必要がなく、どんな女性でも喜ぶ万能アイテム的扱い

私はプレゼント考えるのがめんどくさい時はとりあえず花を送ります

1 2