すぐ見直したい…実はNGだった“家電の使い方”

なにげなく家電を使っていると、ヤバい事故につながることも…

更新日: 2018年04月05日

153 お気に入り 289978 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

①知らずにドライヤーを痛めているかも…

ヘアドライヤーのコードを本体に巻き付けたり、ねじれたまま使用することで断線し火花が出る

コンセントにつけっぱなしにしていても、電源コードへの負担に。

『電源コードに無理な負荷(力、高温など)がかからないよう注意する』という点に気を配り、丸く円を描くようにゆるめに巻いて束ねるというイメージで収納していただきたいです

(日本電機工業会)

ヘアドライヤー内部のヒーターは高温となっているため、その状態から突然電源を切るのではなく、冷風に切替えクールダウンしてから電源を切るとヒーターへ負担をかけません

髪の毛を乾かすときは、温風で80%ほど乾かし、最後20%は冷風で仕上げるのがおすすめ

②洗濯機の利用は、余裕をもって。。

衣類を詰め込みすぎるとモーターへの負荷がかかりすぎ故障の原因にもなるので、目安として6~7割に抑えるのがおすすめ

また、洗濯物の汚れ落ちが最もいいのは、入れすぎず、7割程度の量で洗うこと

油分がついた布を乾燥機で乾かして放置すると、熱で自然発火する

洗濯機の乾燥機能も同じ。油分の酸化熱により温度が上昇し、熱がこもる状態に。

洗濯機は油分が付着した洗濯物は乾燥機能を使用しない。また、譲り受けるなどしたいわゆる中古品や、賃貸に据付けられているものは長期間使用されていて劣化している場合もあり、点検が必要

③電子レンジ、テキトーに使ってない?

中心から少々ずらして置くことによって、食品の中心が加熱されなかったり、一部に加熱が集中してしまうムラを防げます

複数の食品を並べて加熱する際はターンテーブルの中心におかず、中心から少しずらして置きましょう

電子レンジは庫内の汚れが発火の原因になるのでこまめに掃除するよう推奨

庫内が汚れたまま使っていると、汚れた部分に電波が集中しあたたまり方にムラができたり、発火や発煙の原因になります

④炊飯器って、いつもどうしてる!?

炊飯メニューや炊飯時間などを表示している画面は、コンセントからの電源ではなく炊飯器の内部にセットされているリチウム電池で動いています

使用後にコードを抜くと、リチウム電池を消耗させることに。

リチウム電池は自宅で簡単に交換ができないもの。電池の消耗を抑えるためにも、電源コードは挿したままにしておくのがおすすめ

延長コードの使用を禁止してる製品もあるため、取扱説明書の指示に従って配線することが重要

消費電力が大きいとされる炊飯器、アイロン、ホットプレートなどで使用禁止。

お風呂上がって部屋入ったらなんか臭くて原因探したら延長コード溶けてた 危険すぎる⚠⚠

1