1. まとめトップ

女性は「土俵から下りて」‥救命活動中のアナウンスに批判の声が相次ぐ

4日京都府舞鶴市で開かれていた春巡業「大相撲舞鶴場所」で挨拶をしていた多々見良三舞鶴市長が倒れた。観客の女医が土俵上で多々見市長に救護活動をしたところ、若手行司が女人禁制の指摘に「女性の方は土俵から降りて下さい」などと救命女性に場内アナウンス。Twitterでは相撲協会(八角理事長)に対し、批判の声

更新日: 2019年08月29日

0 お気に入り 3266 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

救命活動中の場内アナウンスに、批判の声が相次いでいます。

karumaru0505さん

●「大相撲舞鶴場所」で挨拶をしていた舞鶴市長が倒れ、市内の病院に搬送された

大相撲の春巡業は4日、京都・舞鶴市で行われ、興行中にハプニングがあった

舞鶴場所は、同市上安久の舞鶴文化公園体育館であり、多々見市長は幕内と横綱の土俵入り後、午後2時すぎに土俵上であいさつに立った。

●会場に居合わせた女性医師が救命措置を行った

その後会場にいた市消防隊員がAED(自動体外式除細動器)を持って駆け付け、女性2人は状況を見守る形になった。

●しかし、「女性は土俵から降りて」とアナウンス‥

ところがその際、女性は土俵から降りるようにとの場内アナウンスがあったという。

地元関係者は「会場は騒然としていた。みんなが大丈夫かなと思っている時に、場違いなアナウンスだなと思った」と話した。

舞鶴市の広報担当者は「そういうアナウンスが2、3回あったと伝え聞きました。もともと市長はタフなので、周りの者もびっくりしています」と話した。

●市長は意識があり、会話は可能で命に別条はないという。

多々見市長は病院に運ばれたが、意識はあり、会話は可能で命に別条はないという。

持病は把握しておらず、原因については、精密検査で詳しく調べている

舞鶴場所は春巡業の一環で日本相撲協会の力士ら252人が参加した。

●このニュースが話題になっている

多々見市長とりあえず会話はできる具合にはなった感じか 詳しく検査してもらって欲しいな 大事ないといいが

まずは舞鶴市長、無事でよかった。 しかし…ひどい世界だね、相撲界

●一方、相撲協会に対し批判の声が相次いでいる

っていうか俺が倒れた人の親族とかならその場でアナウンスしたやつに頭突きでもしてしまいそうだが……

1 2