1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

家庭のルーターにサイバー攻撃相次ぐ‥150件以上の報告に不安広がる

家庭などでインターネットに接続する際に使う「ルーター」の設定を勝手に書き換えられるなどのサイバー攻撃が相次いでいることが4日までに分かったと報じられました。

更新日: 2018年04月05日

41 お気に入り 47689 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●家庭の「ルーター」にサーバー攻撃が相次いでいる問題

・パソコン周辺機器メーカーが被害を明らかにした

家庭などでインターネットに接続する際に使う「ルーター」の設定を勝手に書き換え、

不正サイトに誘導するサイバー攻撃が相次いでいることが4日までに分かった。

パソコン周辺機器メーカーのロジテック(東京)が被害を明らかにした。

バッファロー(名古屋市)も利用者から被害報告を受けている。セキュリティー専門家は個人情報を盗む目的があるとみている。

●主な対象とみられる「ルーター」とは?

NTT東日本によると、対象とみられるルーターは「Netcommunity OG810」と「同410」の2シリーズ。

2シリーズの出荷台数は計約26万5千台(NTT西日本の出荷分を含む)だという。

・承認すると、強制的に不正アプリがダウンロードされるという

ルーター経由でネット接続すると、画面に「Facebook拡張ツールバッグを取付て安全性及び使用流暢性を向上します」とのメッセージが表示され、ネットにつながらなくなる。

出典http://news.livedoor.com/article/detail/14498472/

承認すると、強制的に不正アプリがダウンロードされるという。詳しい原因は判明していない。

被害を受けたルーターを使って、アンドロイド端末のスマホでネット接続しようとすると、不正アプリのダウンロードを求める偽画面が表示される。

・新たなサイトでは「Chrome」のアップデートを偽装していた模様

従来は「Facebook拡張ツールバッグ」のダウンロードに見せかけていたが、あらたなサイトでは、「Chrome」のアップデートを偽装していた。

ダウンロードさせられるAPKファイル名も「facebook.apk」から「chrome.apk」に変更されており、正規アプリをリパックしたものだったという。

ツイッターでは15日ごろから同様の不具合を訴える書き込みがあり、NTTの法人向けルーター以外の名前も挙がっている。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

これは気をつけましょう!Σ( ̄□ ̄;) 家庭のルーターにサイバー攻撃 個人情報盗む目的か | 2018/4/4 - 共同通信 this.kiji.is/35419099069104…

とうとう個人にまでΣ(・ω・ノ)ノ‼ 家庭のルーターにサイバー攻撃 個人情報盗む目的か | 2018/4/4 - 共同通信 this.kiji.is/35419099069104…

・一方でこんな声も‥

1 2