「朝の5時に誰かがドアを叩いている音を聞いて起きたのよ。
窓から外を見てみたら、大きな2つのナイフを持った狂った男がいたの
。彼は私を殺そうとしているようだったわ。彼は家の中に侵入しよう
としていた。もし彼が中に入っていたら、私は殺されていたわね」

出典パリス・ヒルトン、恐怖のストーカー体験がセレブ生活を見直すきっかけに - Ameba News [アメーバニュース]

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

セレブの怖すぎる『ストーカー事件簿』 教訓”芽は小さい内に摘め”

日本でもつい最近『ストーカー事件』が起き、想像も及ばなかった状況にざわついていますが、世界でも同じで、大きな犠牲の後で反省し、法を整備してきました。一見笑い話のような話もありますが、芽が小さい内に積むことが大事と思われます。

このまとめを見る