この侵入者であるネイサン・リー・パラダという男は、幸いにも
パリスと一緒にいた当時の恋人である実業家のサイ・ウェイツに
よって銃をつきつけられ、警察がかけつけるまで地面に押さえつけ
られていたのだという。

出典パリス・ヒルトン、恐怖のストーカー体験がセレブ生活を見直すきっかけに | Hollywood News - ハリウッドニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

セレブの怖すぎる『ストーカー事件簿』 教訓”芽は小さい内に摘め”

日本でもつい最近『ストーカー事件』が起き、想像も及ばなかった状況にざわついていますが、世界でも同じで、大きな犠牲の後で反省し、法を整備してきました。一見笑い話のような話もありますが、芽が小さい内に積むことが大事と思われます。

このまとめを見る