1. まとめトップ

新社会人は必見!上司に気に入られる部下になる7つの特徴

上司に好かれる部下7つの特徴をまとめました。新入社員として新たに仕事を始める人も多いと思いますが、職場で気に入られる後輩になるための特徴を書いてあります。やはり職場での上司との人間関係はとても大切になりますので、ぜひチェックしてみてください。

更新日: 2018年04月05日

4 お気に入り 4315 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

上司に好かれる部下7つの特徴をまとめました。新入社員として新たに仕事を始める人も多いと思いますが、職場で気に入られる後輩になるための特徴を書いてあります。やはり職場での上司との人間関係はとても大切になりますので、ぜひチェックしてみてください。

(1)挨拶をしっかりできる

当たり前のことですが、挨拶をしっかりするだけでも印象はよくなります。

挨拶はコミュニケーションの基本で、上司や部下という関係だけでなく大切です。当たり前のことですが、最近は挨拶ができない人が多いと言われる中で、しっかりと挨拶をするだけでも見られ方はよくなるでしょう。

挨拶する時に、大事なことは「大きな声で」すること。


心理学などでも大きい声を出す人の元に人が集まるなどというデータもありますが、声が大きいだけでも印象は変わります。もちろん場面によっては、大きな声がマナー違反になることもあるので、空気を読んで行いましょう。

(2)身だしなみがしっかりしている

メラビアンの法則(以下参照)でもあるように、人は出会った時に「見た目」で印象が決まります。同じ人物でも、服装や頭髪を清潔感あるようにするだけで、大きくイメージが変わります。

上司もシワのついたスーツで髪がボサボサの部下よりは、ビシッとスーツを着て、髪を固めてある部下の方が気に入りやすいでしょう。

頭髪や靴などはツヤがある方が人の印象が良いと言われています。細かいですが、身だしなみはとても大切なので気をつけましょう。

アメリカUCLA大学の心理学者/アルバート・メラビアンが1971年に提唱した概念。人物の第一印象は初めて会った時の3〜5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると言う概念。メラビアンが提唱する概念において、初対面の人物を認識する割合は、「見た目/表情/しぐさ/視線等」の視覚情報が55% 、「声の質/話す速さ/声の大きさ/口調等」の聴覚情報が38%、「言葉そのものの意味/話の内容等。」の言語情報が7%と言われている。

(3)みんながやりたがらない仕事をできる

誰でもやりたいこと・やりたくないことはあります。職場の掃除や細かい作業などは、基本的にはみんなやりたがりません。しかし、必ず誰かがやらなければいけません。「誰かがやってくれるだろう」という考え方の人間には上司も仲間を力を貸してあげたいとは思わないでしょう。

逆に人がやりたがらない仕事を率先してできる人には手を差し伸べたくなる上司や同期が現れるでしょう。

「頼まれごとは、試されごと」という言葉もありますから、面倒だと思うことも気持ちよく実行する癖をつけると良いでしょう。

(4)気配りができる

暑い季節に外の営業から帰ってきたら、サッと冷えた飲み物を出す。雑務が溜まっていそうなら、自分にできることはないか確認する。など気配りをしてくれる後輩がいたら、上司は可愛いと思うものです。

コミュニケーションの基本で、自分が嫌いな相手は、相手も自分のことを嫌いになります。逆に、自分が好異を相手に持てば、相手も好意を持って接してくれます。

好きな上司ばかりではないでしょうが、相手の良いところを見つけて、好意を持って、相手に気を配って見ましょう。

そうしたら上司もあなたに好意を持ってくれるはずです。

(5)細かい報連相をできる

社会人として報連相は基本になります。いわゆる「報告」「連絡」「相談」です。

これがマメにできる部下は気に入られます。コミュニケーションを取るキッカケにもなります。

上司は、部下のやっていることが「見えない」のが一番気になります。
逆に行ってることが「見える化」できていれば、間違った方向で進めていた時にも早く訂正や教育・指導を行うことができます。


基本的に、入社から間もない場合は、自分の判断で進めない方が良いこともあるため、「報告」よりも事前に「相談」をしてから進めるのが良いでしょう。

(6)付き合いがいい

やはり付き合いが良い後輩は可愛がられます。

上司や後輩だけでなく、誘いに断られて気持ち良い人はいません。
呼ばれてすぐに駆けつけるような後輩は上司からすると可愛く思えるでしょう。

ただし、どうしても無駄にしか思えない飲み会などに毎回参加しなくても良いでしょう。
そういった場合は断り方を覚えましょう。

上司の誘いも無下に「予定あるのでいけません」というよりも、
『誘っていただき嬉しい』という気持ちを添えて、丁寧に断るようにしましょう。

(7)先回りして行動できる

これについては、リスクが伴います。
報連相でもありましたが、勝手に仕事をしてミスをすると、「なぜ事前に言わなかったのか」と怒られることもあります。

少し仕事に慣れてきたり、上司の仕事の進め方がわかってきたら、実行すると良いでしょう。

少し難易度は高いですが、「あれどうなってる?」「あれやっておいて」と言われた時に、

「もう準備できてます」などと言われると

上司は仕事ができて頼りになる後輩だと認識してくれます。

そういった後輩にはお願い事もしたくなりますし、上司は可愛がってくれるでしょう。

1