1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

今こそ観返したい!スタジオジブリ高畑勲監督が関わった主要アニメ映画5選

高畑勲監督作の中でも、特に主要なものを集めました。※火垂るの墓、おもひでぽろぽろ、平成狸合戦ぽんぽこ、ホーホケキョ となりの山田くん、かぐや姫の物語

更新日: 2018年05月18日

1 お気に入り 3096 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

choco-rollさん

火垂るの墓

太平洋戦争末期、日本。

日本は大空襲にさらされていた。清太と節子は両親をなくし、親戚の家に行くことになる。

二人だけで暮らせると思っていた。自分たちだけで生きていけると思っていた・・。


高畑勲監督作。スタジオジブリ。

1988年劇場公開。88分。DVD化されている。

地雷ではないが本当に何もできないほど泣きじゃくる作品は火垂るの墓です 節子が巻き込まれ&無力すぎぃ

火垂るの墓は、マジ泣ける映画だな。ああいう反戦教育はありだと個人的には思う。

おもひでぽろぽろ

27歳になったタエ子は、親類の家へとやってきた。

そこで蘇る当時の記憶、小学校5年生の頃の自分があらわれ・・??


高畑勲監督作、今井美樹、柳葉敏郎出演。

1991年劇場公開。118分。DVD化されている。

おもひでぽろぽろ 自分がこの時代に産まれてないのに、すごく懐かしいいい映画だった。

おもひでぽろぽろ 何であんなに日本人の心の弱い優しい柔らかい懐かしい感覚に寄り添い触れてくれるんだろうなあ分かる分かるがありすぎて 小学生

おもひでぽろぽろ見てからホント、分数の割り算はなんで分母と分子をひっくり返すのかって確かに意味わかんねぇな…ってしばらくモヤモヤしてたな…今もしてる

平成狸合戦ぽんぽこ

静かに暮す、丘陵のタヌキたち。

ニュータウン建設が始まり、住む地を追われ、これではいかんと化けタヌキとして人間に闘いを挑むが・・??


高畑勲監督作、野々村真、石田ゆり子出演。

1994年劇場公開。119分。DVD化されている。

「平成狸合戦ぽんぽこ」は裏テーマが分かると無茶苦茶面白い。

『平成狸合戦ぽんぽこ』、たいへん面白いので観てない人は観てね。総天然色漫画映画だ!

昨日もののけ姫見てさっき平成狸合戦ぽんぽこ見て今からナウシカ見るけどマジじぶり作品の素晴らしさに打ちひしがれてる

ホーホケキョ となりの山田くん

新聞に掲載されている4コマ漫画「となりの山田くん」を映画化した作品。

のんびりとした世界観で家族が描かれる。


高畑勲監督作、朝丘雪路、益岡徹出演。

1999年劇場公開。104分。DVD化されている。

高畑勲監督『ホーホケキョとなりの山田くん』を鑑賞し、いたく感動した。ああいうアニメを作ってみたいものだ。アニメ監督の中では高畑が一番好きだし、かれの作品では『となりの山田くん』が一番好きなのである。

ホーホケキョ、となりの山田くんを見た。映画館であのまったりさは辛いな。でも絵は綺麗だったし、1話1話は面白い。少しずつ観るのがお勧め。

『ホーホケキョとなりの山田くん』のテーマは確か「適当」だった。「適当」をテーマに映画を作ってしまう高畑勳監督の才能は凄い(実際の作品もかなり実験的な要素あり)。何より『となりの山田くん』は“生きろ!”と訴えた宮崎駿『もののけ姫』のアンサームービーとして観ると相当面白い。

かぐや姫の物語

語り継がれる、かぐや姫の物語ー

翁と媼が暮らす山奥。光り輝く竹から、姫を見つける。二人は大切に大切にその子を育てるが・・??


高畑勲監督作、朝倉あき、高良健吾出演作。

2013年劇場公開。137分。DVD化されている。

「かぐや姫の物語」は面白かったな。少女時代の姫にちょっとチエちゃんの面影があったように思えた。初めて連れてこられたお屋敷で走り回るシーンが良かった。

かぐや姫の物語を見てる。翁と嫗の心の声が切ないほど聞こえてくる。愛しいって心の声が。里山で育っていく姫が、ほんとうに美しい。夢みたいな表現力。こんな作品を作る方がもうこの世にいないなんて…。

1 2