1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

波照間島のおすすめ観光ポイント

波照間島は「果てのウルマ(珊瑚礁)の島」を語源とする、日本最南端の有人島だそうです。

日本の最南端の島としては、【沖ノ鳥島】という島ですが、太平洋上にあるサンゴ礁の島で人は住んでいません。
学校などで沖ノ鳥島は聞いたことがあるかもしれませんが、波照間島を知らない方も多いのではないでしょうか?実はこの島が一般人が観光で行ける最南端の島になります。

そんな波照間島は沖縄県にある離島ですが、那覇のある本島からは460kmも離れている島です。
460kmというと、東京から、兵庫の姫路や岩手の盛岡と同じ程の距離です。
東京からは2000km離れてる島になります。

波照間島へのアクセス方法

上の写真は「波照間空港」で日本最南端の空港です。
しかし、2008年11月に運休し、それ以降は就航路線はなく緊急輸送等のみとなっています。
なので、波照間島へは石垣島からの出ている船のみのアクセスとなります。

石垣島から波照間島へは安栄観光と会社が定期船を就航してます。

外海になるため波が高いうえ、風雨の影響を受けやすいと言われています。実際に過去にはシートベルトをしっかり着用していなかったことと強い船揺れが重なって、乗客が骨折するなどの船内事故もあり、現在はどの船会社も、他の航路と比べて運航基準が一層厳しくなっているのです。

と、書かれていることもあり、中々ハードルが高いように感じますが、時期などによっても異なるので、プランを計画的に立てることをお勧めします。

波照間島の滞在時間はどのくらいが理想か

正直、日帰りでも主要の観光はできますが、波照間は星空も有名なので、1泊以上することをお勧めします。

波照間島の主要観光スポット

波照間島には、信号もコンビニもありません。
街灯も少なく、夜道を歩くにはライトがあった方が良いかと思うほどです。
また、八重山諸島で大きな街のある石垣島からも50kmほど離れているため、街の明かりで空が明るいこともありません。
なので、星空がとてもきれいに見えるんです。

星空観測タワー

集落から離れれば、明かりもなく簡単にきれいな星空が見れますが、こちらの「星空観測タワー」では星空観測の説明などもしてくれます。
波照間島からは数多くの星座や、12月~6月あたりには南十字星も観測できるためガイドさんに説明していただくととても楽しいと思います。
(有料)

日本最南端の碑

人が住む島で観光に来れる最南端の島。
その波照間島の南に「最南端の碑」があります。
間違いなくSNS映えに必要な観光スポットです。

最南端の碑に行ったのなら、横にあるこちらも是非。
各都道府県のプレートがあるので、出身地探しに少し歩いてみてください。

コート盛

コート盛は少し集落から外れた、港との間辺りにあります。
詳しい説明は行ってみてください。
上に立てば集落とサトウキビ畑が見えます。
天気が良い日は「あ~南の島来たな~」って思えるかも。
時間の無い方はパスしても良いかも。

日本最南端の郵便局

部落の売店でも絵葉書が売ってますが、こちらの郵便局にも手作りスタンプの押されたはがきが売っています。(印刷とかではないので安いです)
そして、郵便局の前には昔懐かしい郵便ポスト。
専用の袋に入れて投函すれば特別な消印が押されるので、ぜひ一通誰かに送ってみてください。

No1観光地は「ニシ浜」

1 2